d44今回の騒動で一番の被害者は会場まで足を運んだファンである。そして、浮き彫りとなったのはジュリーの意外な不人気である・・





「ジュリーも古希を迎え、ファンも高齢化が進行。ドームやアリーナなど大箱でのコンサート動員は厳しいでしょう。
今回のツアーではチケットが売れず、関係者に無料券が大量に配られていました。それがヤフーオークション等に格安で出品されていた事実もあるようです。

実は14年前も茨城県水戸市の公演で主催が集客できなかったとして、それを契約違反だと事務所が主張して公演を中止にしてしまったこともあります」(音楽事務所幹部)


・話題となっている 沢田研二さんの騒動




ツアーは7月6日の日本武道館を皮切りに展開中で、来年1月21日の日本武道館公演まで全66公演。この状況で完走できるか心配だが、SNS上には「もともとジュリーはファンを大切にしていない」
「歌唱中に歌詞が飛んだりして、健忘症どころか認知症じゃないか」と批判の声まで飛び交い始めた。スポーツ紙芸能デスクはこう言う。

「反原発活動でスポンサーが離れた上、今春に発売したCDも売れず、ツアー展開するための資金繰りにすら困っていたようです。


・沢田研二氏 スピーチ(山本太郎候補を応援)



個人事務所は都内雑居ビルにあるし、ホームページも古い手づくり的なもので、インディーズレーベルでの活動は大変に見えます。今ツアーでは、予算削減のためかステージに上がるのは沢田さんとギタリストの2人だけ。大規模ホールは初めから無理があったのかもしれません」

いわずと知れた昭和のスーパースターだが、新規のファン獲得はままならず、「ほとんどのヒット曲の権利は独立前の大手芸能プロのもの」(前出の音楽事務所幹部)というからジリ貧状態・・

(source: 日刊ゲンダイDIGITAL - 沢田研二の不人気とジリ貧 公演ドタキャン騒動で浮彫りに



・記事では不人気、ジリ貧と貶していますが、しかし東京での公演も他にあった上で、さらに7千人も集客できるのは凄いことでは?
だからこそ、客が集まらなかったからという理由でドタキャンするのは贅沢すぎるし失礼極まりないと思います。
ご年齢的に、声量も衰えておられるでしょうし、ビジュアル的にも衰えられているのを考えると、3万人以上の会場など高望みせず、1万人ほどの会場で、満席に近い状態で沢田さんもファンも気持ち良くコンサートを楽しまれたら良いのでは?と思います。

・それでもファンを大切にしている人だったら一定数の人数は確保出来たと思う。
しかもSSAは規模が大きいからもう少し小さい所でも良かったのでは……?

・ファンも高齢化、体調がすぐれない中会場まで向かった方も少なくないのではないかと思う。この日を楽しみに闘病生活頑張ってきた方もいるかもしれない。10代20代ばかりが集まるライブとは重みが違う。
ファンを大切にしない人に新しいファンは付かないよ。

・仕事なら 受け止め 行うべきだったと思う。自分の意地で 当日そちらへ楽しみにし 向かわれた方々の気持ちを 踏みにじる行為。意地があるなら 尚更 行わなければならなかったんじゃないのかな?チケットを買った方々への感謝の気持ちが微塵も感じない。我儘お爺ちゃん。

・もう良いのではないでしょうか…
本人が言う様に実力です。
70歳の方に周りが忠告しても聞かないでしょう
だから本人の好きな様にすれば良いと思います…

・若い頃のヒット曲を飛ばしまくっていたイケイケ時代ならば、今回のインタビューで語った内容には多少なりとも共感出来たかも知れないが、人気も安定?した現在においては、今まで支えてくれたファンを大事にしていくことにプライドを持って欲しい。
ファンの方々もジュリーの曲にその時代の自分自身の想い出を重ねてしまう方も多いのでは?
厳しい言い方かも知れないが、最近、大したヒット曲も無いのに7000人も集まってくれたって事はすごい事だと思うし、そこに集まったのは、ジュリーを今まで支えてくれたファンであると思う。
動員数に高いプライドを持つのも結構だが、今でも自身を愛してくれるファンを大事にするプライドがあっても良いと思う。
これからは敢えて小規模でも良いので、生声が届くくらいの距離で、ファン一人一人の心に届くようなライブをして行って欲しいと思います。


・沢田研二ヒットメドレー