ed55オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーに所属するMF本田圭佑がオーストラリア『シドニー・モーニング・ヘラルド』のインタビューで、日本での生活について言及した・・





元日本代表レフティーは、「僕は日本という国やその文化が好きです」と前置きし、母国での生活に関して次のように話した。

「僕は日本で暮らすのがあまり快適ではありません。規則がたくさんありますからね。子供の頃、学校で失望しました。先生や他の多くの人から『あれもダメ、これもダメ』と言われたんです。」


・本田圭佑選手





「僕はいつも『なぜ?』と考えていました。そこは自由ではなかった。僕は自由が好きです。他人を気にしないアメリカが好きです。
賛否両論があるかもしれないですが」

日本での少年時代の葛藤を明かした本田だが、海外でプレーする現在も可能な限り年末に帰国し、疲れを癒やしているようだ・・

(source: ゲキサカ - 「賛否両論あるかもしれない」本田が日本での葛藤を告白


・デル・ピエロが本田圭佑について語る



・まあわかるし同意やわ。けどだからこそ日本には秩序があるのではないかとも思う。災害があっても略奪が無いとか電車のホームでは自ずと並ぶとかね。世界を見渡せば日本は異質なのかもしれないが逆に言えばそんな秩序を持った国なんて他にないとも言える。アメリカは好きだがそういうことを踏まえると日本もすてたもんじゃないのかなと思うわ。

・まぁ、言いたいことは分からなくもない。海外のオープンな雰囲気って、日本→海外だと伸び伸びと羽を伸ばせる素晴らしさがあるよね。日本は清潔さとか気配りとかご飯とかは本当に素晴らしいけど、毎日の生活や仕事だと、ウザいなぁ〜とか、色々面倒くさいことがいっぱいあることだってあるよね。そりゃ、理想は日本と海外の行ったり来たりの生活がベストだけど、それを達成するまでには相当な労力がある。

・学校には制服や細かな規則があって息がつまりそうだったし、それでいて教員も勉強以外の教育まで強いられて疲弊する。たしかにそういう意味ではアメリカがいいかもしれないが、だからこそ守られている部分もある。アメリカが都会的で日本は田舎的な良さがある感じかな。どちらにも長短がある

・サッカーとかのプレーに関しては同意できる部分もある。
今はそうでもないけど自分達の時代に先日の中島のようなドリブルでつっかけていくのをファーストチョイスにしてたら球回せ的な空気になってよく注意された。
でも生活に関してはどれだけの制限、何に関しての制限か詳細わからないと何とも言えない部分はあるが社会で生きる規則を学んでいく場でもあるし何でも自由ではね。
そうでないと路上で泥酔女子大生引っ張ってレ・・したK大生みたいな人間が増える。

・海外に住んでるけど、合う合わないは相当あるだろうなぁーと思う。
言いたいこと言って、ぶつかって、したいことして迷惑かけあって。
実際ストレス溜まる時もあるけど、ストレスの質がなんか耐えられるストレスなんだよなぁ海外のは。
人間の本質をだしてるだけだから?欲を抑えてないから?笑
日本のは迷惑はかからないけど、そうするためのルールがあまりにも多く、やはり欲を抑える、罰する、ってストレスは中々きついものがある。

どっちにいてもほぼ反対の文化だからストレスは感じるなぁ。。。

ただ、日本で精神病んでる人とかが海外いくとすぐ治るってよく聞く笑


・本田圭佑選手