fdf6当節、悪所通いを豪快に笑ってひけらかしたりすれば即アウト。が、そんな向きのほうがまだマシと感じるほど、俳優、松坂桃李(30)の手癖は悪かった。涼しい顔で禁じられたプレーに勤しんでいるのである・・




「もともとあの人には爽やかなイメージを持っていたのですが、本当に気持ち悪くて……。もう二度と接客したくないです」

いまや松坂といえば桃李。その男にこれだけ厳しい言葉を投げつけるのは、アロマを使ったマッサージやエステなどを施す女性セラピスト。勤め先は、芸能人も数多く通う高級エステ店だ。さて、いったいどんな事情があるのか。

「うちは当然、性的なサービスを提供する店ではありません。でも、松坂さんはオイルマッサージをしているあいだじゅう、“アン、アン”といって喘ぎ続けるんです。


・松坂桃李さん



施術中は紙ショーツを穿いてもらって下腹部にタオルをかけるのですが、そのタオル越しでもはっきりと分かります。勃・しっぱなしなんです。ほかにも、ストレッチはスポーツウエアで行うのに、“パレオを着てください”と無理な要求をしてきます」

「イエローは禁断行為のことで、たとえばセラピストの身体に触れたり、性器や性器に近い場所を触らせようとする行動です。お客さまがどんなことをしたかはすべて“カルテ”に記載され、イエロー登録の内容がスタッフで共有されます」

「もちろん松坂さんはイエロー登録。申し送りでは、複数名のセラピストが“被害”を訴えています。たとえば“手があまりに動く。対応がしんどい”“優しいけれどイエロー。室内のタオルなんかも畳んでくれるけどイエロー”“イエローが半端ない”と、嫌悪感を薄めて注意喚起する記述は多数あります」

「“股関節付近のきわどいところをオイルでやってほしいと言われたけど断った”“どんな穿き方をしているか分からないけど、紙ショーツからはみ出てました”といった記述も。はみ出たものをタオルでどう隠したかも記録されています」・・

(source: デイリー新潮 - 松坂桃李、高級エステで禁断プレー ブラックリスト入り


・[松坂桃李]食リポで天然を発揮しまくる。可愛いが過ぎる愛されキャラ



・客の情報を話してはいけない

・店から情報を流すのはどうかと思うが。

・上客だろうが、出禁にすればいいのに。
こんな所で、顧客情報垂れ流すくらいなら。
まぁ、おかげで二度とこのお店にはいかないだ郎から、お店としては良かったかもね。
他の芸能人も来なくなっちゃうかもしれないけど。

・本当かどうかわからないけど
こんなことを記事にしていいのか?

・気持ち悪いのはわかるけど、嫌ならこんな記事で相手を晒すのではなく、ブラックにして来店しないようにするのが普通では?
これだと、店側がおかしいようにしか感じない。

・こいつのやってることはもちろんアウトだけどさ、この店、高級店なのに客の情報をペラペラ喋っていいの?問題があるのなら情報誌に話すのではなく、会社として対応すればいいんじゃないの?どこの店だか当然本人はわかってるし、法的対応されても文句言えないよ、この店は。

・桃李の肩を持つわけじゃないが、この高級エステも店名出すべきじゃない?
フェアじゃない。
出禁にできないから情報出して本人から来るのを辞めてもらうつもりなら、それは結局出禁と同じで、今後お店にお金を落としてくれなくなるどころか、この高級エステ店は何があると情報漏らす店というレッテルが残りました。


・松坂桃李さん