32555逮捕された男が、県警の調べに「酒を飲んで車を運転した」と供述していることが分かった。一方で男は「正常に運転できた」とも述べ、逮捕容疑については否認しているという・・





逮捕されたのはつがる市の団体職員、高杉祐弥容疑者(32)。

発表によると、9月22日午前1時10分ごろ、つがる市森田町下相野の国道101号で、酒に酔って正常な運転ができない状態で友人2人を乗せて乗用車を運転。


・青森国道4人死亡事故




前方の軽乗用車に追突し、乗っていた広船淳(じゅん)さん(43)と愛莉さん(30)夫婦を死亡させたほか、対向車線にはみ出して軽乗用車と正面衝突し、代行運転手の山田春治(はるじ)さん(63)と客の山田久美子さん(46)を死亡させたなどの疑いが持たれている。
捜査関係者によると、高杉容疑者の乗用車は、制限速度50キロの国道を時速約130キロで走行していたという。

また県警は、高杉容疑者の車に乗っていた友人2人のうち野呂祐太朗容疑者(33)=つがる市=についても、高杉容疑者が酒を飲んでいるのを知りながら同乗したとして、道路交通法違反(酒酔い運転同乗)容疑で逮捕した。

野呂容疑者は逮捕後の調べに、「高杉容疑者らと事故前に酒を飲んでいた」と述べ、自身の逮捕容疑を認めているという・・

(source: 朝日新聞デジタル - 「飲酒したが正常に運転」容疑の男供述 青森の死亡事故


・飲酒しスピード超過で運転か 青森・4人死亡事故(18/10/22)





・50キロ制限の道路を130キロで走って4人を死亡させる事故を起こしておいて「正常な運転」と?
それ、しっかり根拠も示して、絶対に裁判でも主張し続けろ。
裁判員や裁判官、裁判長がどういう判断するか興味がある。

高杉祐弥には反省が全く感じられないし、インタビューを受けた親も口先だけの他人事なコメント。子も子なら親も親だ。

飲酒運転は危険で、事故を起こし、他者を死に至らしめる恐れの高い危険行為であることは一般人なら理解している。
高杉祐弥も当然、免許を取る段階で理解しているはずである。
にもかかわらず、飲酒運転をし、大きな事故を起こし、罪のない4人の尊い命を奪っている。
高杉祐弥は、飲酒しハンドルを握った段階で、他人が死んでも構わないと思って運転していると推定してもいいように思う。
よって、明確な殺意がなくとも未必の故意を認め、殺人罪を適用し、死刑を求刑・その通りの判決をしてほしい。

・高杉祐弥容疑者は本当に反省の色が見えない。
遺族にしてみれば、極刑でも足りないと思う。
飲酒死亡事故は殺人罪で裁かれるべきだと思う。

・飲酒運転摘発、即人生終了位まで厳罰化しないと根絶は難しいでしょう。

・飲酒運転の時点で正常じゃないんだよ。
制限速度から80キロオーバーで正常とか、反省の色はゼロだね。
殺人罪でいいんじゃないかな、初犯でも4人殺せば死刑にできるんじゃない?

・4人の命を奪っておいてよく言えたものだ。
最終的にびっくりするくらい軽い刑になるんだろうが
だから飲酒運転はなくならない。
きちんと歩いたり運転出来たりしたとしても
少しでもアルコールが入っていた時点で
人生が止まるくらいの厳罰を与えるべき。

ルールを守った人が痛い目に遭うのか…。
もし自分が遺族になったら
加害者をやってしまいそうだ。


・飲んだが正常に運転と主張 4人死亡事故で逮捕の男(18/10/23)