112測量などで宗谷管内猿払村沖にあることが確認されていた「エサンベ鼻北小島(はなきたこじま)」が最近、確認できなくなっているという情報が、地元住民らから第1管区海上保安本部(小樽)に寄せられていたことが明らかになった・・




1管本部は「波や流氷による浸食で消失した可能性がある」とみて、調査を行う予定だ。国連海洋法条約では、島は高潮時にも水没しないと定義されており、島が消滅していた場合は、日本の領海が狭まることになる。

同島は、猿払村沖約500メートルに位置するとされていた。





領海の範囲を決める基点となる離島について、日本への帰属を明確にしようと、2014年に国が名前を付けた158の無人島の一つだ。

1管本部によると、同島は1987年に測量され、当時、高さは平均海面から1・4メートルあった。これを基に海図や国土地理院の地図にも記されているという・・

(source: 北海道新聞 - 道北の猿払沖、島が消えた? 日本の領海狭まる可能性も




・今回は場所的に実際には大きな問題は無い
ただ離れている離島は保護対策した方がいいかもね

・沖ノ鳥島のように護岸工事を行う必要があるということですね。ロシアが進出してくるかもしれないので、この島の保全は必須です。

・500m狭くなるの?
ある意味500mで済むんなら「今回は」良かった。
この教訓で離島、諸島保護を確立して、大きな被害が未然に防げれば、
十分に代価は回収できる。
ある日いきなりウン百万立方mとかが失われるよりは、
はるかに安い勉強代だ。
ただし、「これをしっかり教訓として生かせれば」の話。
ここは官僚や政治家の領域だが・・・なんか凄い不安しかない。

・こういう話は話題にして騒ぐのではなく、こそっと国が護岸工事をすれば良いだけの話。

・せっかく西之島で領土、領海が増えたのに、残念ですな。

記事化してることに批判的な向きもあるようですが、ただ、安倍政権は有人国境離島法の制定を始め、国境の島対策は過去の政権と比較しても格段に高い関心を持って取り組んでいるのも事実。

記事化することで国民の国境に対する意識を高めてもらうというのはいいのではないかな、と思います。
多分、日本と他国の国境線がどこにあるのか、正確に指摘できる日本人は1000人に1人もいないのだから。

・海没が懸念される地域は、事前に堤防を高くして、海水が入らない様にしておくのは、禁止とはされないんだよね。
その理屈からすれば、沖ノ鳥島も、周囲の堤防を高くすることは禁止ではないんだ。でも、それをすることで、堤防の重みで珊瑚礁が崩れて、堤防も、島自体も崩れてしまったら、元も子もない。

・島がポツンと消えることが有るのだろうか、あくまでも自然のいたずらなら仕方ないが、多少海域が狭くなりますってきちんと世間に説明するところは日本らしいと思う


・猿払村