dsrtf77オーストラリアのシドニーで、仲間たちと飲んでいる最中にふざけてナメクジを食べた男性が、寄生虫に感染して1年以上も昏睡(こんすい)状態に陥り、全身がまひして死亡した・・





友人や家族が同国の放送局ネットワーク10のトーク番組に出演して語ったところによると、当時19歳だったサム・バラードさんは2010年、友人の自宅の中庭で、仲間たちとワインなどを飲みながら談笑していた。

そこへ現れた1匹のナメクジを見て「食べるか」という話になり、バラードさんがのみ込んでしまったという。

その後、バラードさんは身体に力が入らなくなって両足の激しい痛みを訴えるようになった。医師はこの症状について、ナメクジに寄生していた広東住血線虫が原因だと診断した。


445


広東住血線虫はネズミの肺に寄生し、糞(ふん)などを通じてナメクジやカタツムリ、カニ、エビ、カエルに感染する。

人がこうした生き物を調理せずに食べたり、野菜にナメクジやカタツムリが付いていることに気付かないままよく洗わずに食べたりすると、寄生虫に感染。幼虫が脳に入り込めば髄膜炎を引き起こす。

大抵の場合は軽度な症状で済むが、バラードさんのように重症化することもある。

バラードさんは間もなく昏睡状態に陥って、420日間、意識が戻らなかった。ようやく意識を回復しても、体がまひして自力で食べることも、ほとんど動くこともできず、24時間介護が必要になった。それでも精神状態はしっかりしていたという・・

(source: CNN.co.jp - ふざけてなめくじ食べた男性死亡、寄生虫で昏睡とまひ 豪


f644


・意識があるなら食べた事をとても後悔したでしょうね

・普通は食べないけどね(^_^;)

自然に囲まれたところで育つと何が危険なのか教わる事が多いからまずしない。一方、街中で何代も過ごすと自然より人間の危険性の知識のほうが豊富になる。2つを足して2で割ったような躾って、、、難しいね、、

・実の所これだけで死ぬケースは稀だと思うんですけど、
相当に当たり所が悪かったんだなと。

昆虫食の話とかが最近挙がりますけれど、
未知の何かにぶち当たる人は出て来ちゃうんだろうな、とは思います。

・昔、とある番組でアフリカ産であったか南米産であったか忘れたのだが芸人が蝸牛缶詰を食べて戻していたことがあった。怖い話だね。

・カタツムリは触ったら絶対石けんで手を洗うようにと、良く聞きます。ナメクジはあえて注意しなくても、カタツムリと比べて気持ち悪いから触らないと思ってるかも。絵に書いたらかわいいんだけど。生野菜も注意なんですね。

・惜しい人をなくした…、昆虫食を広められる人だったかもしれないのに。
私は虫嫌いだから食べないけど。

・わざわざ食うことは無いが、野菜ジュースの中に入ってたら…と思うと、野菜ジュースが飲めなくなるじゃないか。


・ニュース映像