dsyyヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがスペインのラジオ局『オンダ・セロ』の番組エル・トランシストールのインタビューに応じた・・






「あそこ(スペイン)から去るとき、欧州のレベルではなくても、競争に臨み続けたいと思っていた。ここで、そうした競争を見つけることができている。僕が到着したのはシーズンの半ばで、この数カ月は適応のために費やした。とにかく、できる限り最高の形でシーズンを終えたいと思っているよ」

さらに、初めて戦う異国のリーグ、Jリーグについては「正直に言うけど、良い意味で驚いた」と率直な感想を漏らしている。

「技術的、フィジカル的な厳しさに驚いた。試合は攻守の切り替えが激しく、どちらかが支配するということがない。その点に関して言えば、ヴィッセルは今回のプロジェクトで試合を支配しようと試みているけれどね」


・イニエスタが日本で魅せた魔法の数々!超絶プレー集



さらに、シーズン途中に就任したフアン・マヌエル・リージョ監督についても言及。「素晴らしさは聞いていたし、とても価値のある監督。来季にはもっとうまくいけばいい」と話しつつ、練習についても語った。

「今はフアンマ(・リージョ)が指導しているから、欧州、スペインと同じレベルの練習をしているよ。ボールを使ったり、色々しながらね。今は彼が足りていないと考える様々なコンセプトの練習をしている。
惜しむらくは、シーズンの初めからであったら、もっと順応できたんだけど、今は結果が物を言う時期に入ってしまった」

最後に、日本での快適な生活についても明かす。多くの点で欧州とは異なる日々を送れていることを満足げに述べた。

「外に出ても、ここの人たちは少し遠慮がちというか、僕たちのことを尊重してくれる。それは欧州とは違うね。
あと、とても安全な国であることに衝撃を受けたよ。絶対に何も起こらないとさえ思えてしまう。とても閑静で、清潔で、外に出る度に感動を覚えるよ」・・

(source: GOAL - イニエスタが覚えたJリーグへの「良い意味の驚き」…日本での生活に「感動」とも


・イニエスタ、来日3ヶ月振り返りファンに感謝



・イニエスタには将来日本代表の監督をやってほしいね。まあその前にバルサの監督になるかもしれないけど。

・もしかしたらJリーグを過小評価しバカにしてるのは日本人だけなのかも。2年連続でJリーグクラブがACLファイナルに進出してるし、そんなJリーグは上位と下位との差はそこまで大きくない。ACLで川崎とセレッソが早期敗退したが、それはクラブとしてのヤル気の問題。柏は単に実力不足だったのかもしれないが。絶対に勝たなきゃいけないACLの試合にBチームで戦う姿勢では選手層くらいでしか強さを計れない。

・「技術的、フィジカル的な厳しさに驚いた。試合は攻守の切り替えが激しく、どちらかが支配するということがない

Jリーグは技術が高いことは有名だが、フィジカルも強かったのか。フィジカルは強いのにデュエルがポドルキーいわくないと言うのが少し分からないけど。

Jリーグを過小評価してるのは日本人だね。ただ毎年上位のクラブが翌年下位に沈むのは試合数が多くなり、体調が崩れやすい日程のせいなのか。それとも欲が出てくるせいなのか。

・神戸は山あり海あり街あり人並みも丁度良いのはたしか

・川崎と鹿島は上位と予想はしやすい!
ただ、去年はそこまで良くなかった広島と札幌の強さが今年は上位!
予想外をいい意味でやってくれるのは、個人的にはJリーグのみだと思ってる!

・この人は本当にいい人だから、褒めることをたくさん言ってくれる。
逆に、ここは改善した方がいい、という点を、イニエスタさんから聞いてみたい。

・イニエスタは日本ブランドの良い広告塔になっているね。
クールジャパン機構など、多額の税金を投入してブースを出すなどの効果不明なPRするより、世界的に有名で発信力ある人に来てもらった方が断然に効果がありそうだ。
SNS時代ですし、サッカーに限らず海外の有名選手が日本でプレーしてもらえる方に予算や制度を仕向けた方が良いと思う。


・イニエスタ選手