errr月の表面にアルファベットの「LOVE」の4文字が映っているように見える地形を、愛媛県の天体愛好家、竹尾昌さんが確認し、撮影に成功した。写真は3日付の米航空宇宙局(NASA)の「今日の天文写真」に選ばれた・・





「LOVE」が確認されたのは、今年3月24日に撮影した上弦の月の写真。

NASAが公開した写真では、明暗の境界線付近のほぼ中央に「V」が、下部に「L」と裏返しの「E」があるのが見える。「O」は境界線付近のクレーターのうちの一つだ。光と影の条件がうまく合って、それぞれの地形で文字が浮かんで見える。




それを知った日本の国立天文台の研究者が、NASAに情報提供したところ、選ばれた。

竹尾さんは以前から天体観察イベントを主催するなどし、月表面のアルファベット探しを続けていた。NASAのサイトに写真が掲載されたことについて、「考えてもみなかったことで、非常に名誉です」と喜んでいる・・

(source: 朝日新聞デジタル - 月の「LOVE」見つけた NASAの今日の1枚に採用



rrerr

・すげー無理矢理。

・Eがよく見えない。
赤い線で輪郭を強調してくれればいいのに。

・E の文字を裏とするから、こじつけ感が出てしまう…。これは、反回転しているとすれば、違和感は無いと思う。

・LとVはいいけどOばかりであえて矢印のしてあるOを選んだ理由もわからないしEに関しては見えない。

・月とはキリストの復活の象徴とか、
東洋では、お釈迦様とか真理とかの象徴であるとか聞いた事あるけど、
キリストもお釈迦様も真理も愛だったのかと言われれば納得かも

・Oが多いのに1個だけ使うとか。

・裏返しのEがどうしても見えないんだが……。それより、実寸大だとどれくらい大きいのか気になる。

・Oなんかそれじゃなくても他にもいっぱいある


・月で発見された謎の建造物がヤバい