33ハロウィン直前の週末となった10月27と28日、そしてイベント当日の31日、若者の街・渋谷にハロウィン目的の人が大集結。一部参加者による暴徒化や痴漢行為により「史上最悪のハロウィン」「変態仮装行列」などと揶揄されるほどの大混乱となった・・




一方、同じく27日と28日に川崎市で実施された『カワサキ ハロウィン(カワハロ)』は、パレード参加者数2,200人以上、沿道の観客は約12万人を集めるビッグイベントながら、整然かつ、和気あいあいと実施され、SNSでは「平和すぎる」と注目を浴びた。

そこで、同イベントの総合プロデュースを行う(株) チッタ エンタテインメント・プロモーション本部長・土岐一利氏に、「渋谷ハロウィン」と『カワハロ』の違いについて聞いた。


・ハロウィーンで2200人が行進 川崎駅周辺でイベント



――『カワハロ』のきっかけは、チネチッタの10周年記念で、「何かイベントを」ということだったとお聞きしました。

【土岐一利】そうですね、22年前になりますが、チッタが単独でイベントをはじめました。当初は参加者の数が少なかったのですが、開始4、5年は倍々で増えていきました。ただ、すぐにキャパシティの問題が発生しました。正直、イベントはキャパとの戦いといっても過言ではないです。

――だからこそ、運営は市政や警察との連携が必要なわけですね。

【土岐一利】市役所を含め、パレードのコースに関わる店舗や企業にどう協力してもらうのか。イベント運営の苦労の大半はここです。


・話題となった 渋谷ハロウィンの報道





――すべての店や企業が協力的なわけではないですものね。

【土岐一利】その通りです。22年前は協力なんてしてもらえず、露骨に「関わりたくない」「やってほしくない」という声もありました。だから、我々は結果を出すしかなかったんです。

――“結果”とは、人を集めるということでしょうか。

【土岐一利】人を集めるのは大前提です。なので、「事故をおこさない」「問題を起こさない」こと…つまり失敗なんてできないんですね。なにか問題があれば、一発で終わっちゃうんですから。だから危機感も相当です・・

・詳細は(source: オリコン - 22年目“川崎ハロウィン”が、「不良のたまり場」イメージから脱却できたワケ


・「平成回顧」ハロウィーンは・・・あの人の衣装が人気



・地元だったが、ここまでちゃんと出来ている所だってあるんだよ、と言いたい。あの川崎で、だぜ。やはりルール作りが大事なんだと思う。

・土岐氏がおっしゃるように、渋谷と川崎では土俵がまるで違う。比べる意味がまったくない。
渋谷に主催者がいないことや、比べる意味が無いという結論を載せたという点では、この記事は意味がある。

・自分たちのイベントを

お行儀の良いものではない
まだ問題はある

ということに好感を持った。
そういう意識が大事ですよね。
参加者がそういう意識をもってより良いイベントになれば良いと思う。

・以前「激レアさんがやってきた」っていうテレビ番組で主催者の方が出演していましたが、真面目で優しそうな方でした。
いわゆるイベンターでないところが、逆に良かったのかもしれないですね。

・渋谷と川崎では、目的、運営関係も全然違うし、同じようにするには、難しいと思う。
でも、少しずつでも 渋谷のハロウィンが良くなって行く事を願います。
今のままでは、収拾がつかないし、日本人として恥ずかしい。

・私も川崎生まれ川崎育ち。私の若い頃は「川崎」のイメージが悪く、海やスキーに行っても「何処から来たの?」と聞かれ、「川崎」とは言い辛い時代でした。映画やドラマでも工業地帯の舞台にもなりました。今の川崎駅周辺の開発で環境が大分変わりました。その陰には、いろいろな方達が動かれていたのですね。カワハロが有名なのは知っていました。「頑張りましょう川崎」


・渋谷ハロウィンでナンパしてたら外国人と喧嘩に…