3334DHで22本塁打、投手で4勝を挙げ、一大旋風を巻き起こした大谷が新人王に輝くかが注目されているが、もう一つ、来季年俸がどうなるかも話題になっている・・





GM会議に出席しているエプラー氏は「今は新しい戦力を整える時期で、(年俸交渉は)まだまだ先の話。慣例通り1月か、それ以降になると思う」と語った。

通常メジャーでは年俸調停の資格を得る3年目のオフまで、大幅な年俸増はない。今やスーパースターとなったチームメートのM・トラウトも新人王になった2012年は49万2500ドルでプレーしたものの翌年は微増の51万ドル。大谷も今季がメジャー最低年俸の54万5000ドル(約6200万円)から微増となる可能性が高いとみられている。


・大谷翔平20号 イチローも絶賛



過去には、15年に新人王、翌年にMVPとなったK・ブライアント内野手(カブス)が、17年に年俸調停資格を得ていない選手としては史上最高額を5万ドル上回る105万ドル(約1億2000万円)を手にし、今年1月には、初めて年俸調停資格を得た選手としては史上最高額となる年俸1085万ドル(約12億円)の単年契約を結んだ。

また、E・ロンゴリア内野手(現ジャイアンツ)はレイズで08年にデビューし6日後に13年まで6年総額1750万ドル(約18億円)を結んだ例もある・・

(source: スポーツ報知 - エンゼルス・大谷、年俸6200万円から微増…4勝22発二刀流!新人王候補なのに


・大谷翔平選手



・年俸は沢山上がる方が良いと思うが、一ファンとしては、来シーズンも活躍する場面を是非見たい。

・ルール上は最低額しか決まってないから、もちろんもっと年俸は出せる。けど、2年目だと年俸調停権もないので基本的には言い値を受け入れるしかない。球団もいくらでも契約できるなら安く抑えるというだけの話。
その代わり(順調に活躍すれば)年俸調停権取ると一気に上がりはじめて、FAになるとさらに大きく上がると。
(一部、1年目からFAになれる条項を契約に入れるパターンもあるけど、大谷は最初一応マイナー契約だったし、恐らくそんな条項入ってないでしょうね。)

・大谷君はお金でなく、メジャーに行きたくて行ったわけだから。
こんな報道はナンセンスです。

来年以降の大谷君が楽しみですね。
野球や練習に対する姿勢が素晴らしいので、怪我だけには気をつけてアメリカ中を驚かせてほしいですね!

・数年ハイレベルで活躍を続ければ、それに見合う年棒にあっという間に跳ね上がるから、今あれこれ言ってもしょうがない、、自他ともに認めるナンバーワンでオンリーワンの選手に成った時には、歴代の年棒を塗り替える可能性は高いですからね。

・来期は一年間通して先発で活躍できると決まっている訳ではないから、今は余り欲張らない方が良いだろうね。
年棒を上げて貰って、やっぱり投げられませんでしただと批判が大きくなる。
一年押して先発で活躍してから貰えば良い。
怪我さえ治れば余裕で稼げるのだから。

・MLB選手はFAになるまでは買いたたかれます。
FAになったときに高年俸を得られるように頑張ればいい。

日本じゃFA権を行使して高年俸を取ろうとすると、一部のファンが叩きますが。


・ダルビッシュ有が語る大谷翔平、イチロー