rrewe「もう戦う場が違う。なんの報告もございません」
9月の映画イベントで少し寂しそうな調子で言ったのは、お笑いコンビ「130R」のほんこん(55)。板尾創路(55)の相方だ・・





それほどに今、板尾は俳優や監督としてのイメージが強い存在になっている。

「急に映画監督やってくれというオファーがあって、経験ないですし、最初は断ったんですけど……」

という監督業も3作を数え、よしもとの後輩・又吉直樹が芥川賞を獲得した『火花』では脚本も手がけ話題を呼んだ。


・板尾創路さん



「最近は、スタッフや役者も僕より年下が多くなったので、自分がしたいことより、若い人の気持ちに寄り添うようにしているんです」 

静かにそう語る姿は、老境に差しかかったベテランの大俳優のようにも……。

芸人時代は伝説ともなっている“天然ボケ”が板尾の武器だったが、その世界に執着もないようだ。

「もう僕らの時代ではないですよ。お笑いで昔できたことが今はできなくなっているので、若手は大変だなとは思います。僕はもう未練はありませんけどね」・・

・詳細は(source: 週刊女性PRIME - 板尾創路、お笑いに執着はなし「僕はもう未練はありません」


・板尾創路のド天然エピソード



・確かに最近の若い子は130Rしらん人もおるかも。笑ってはいけないの旅館シリーズとか最高に面白かったのにもったいない。せめて笑ってはいけないだけでも出たら良いのにな。

・「未練がない」とまではっきりいえるのは良いことじゃないですかね。
こういっちゃなんですけど、本業はミュージシャンだったりお笑いだったりする方が片手間に俳優や声優をやってそっちがメインになるパターンはまあまあある気がする。で、そっちがダメになると本業だったほうを細々と再会するような人が多い。
生き方としては上手いと思うけど人としては板尾さんくらいのほうがすっきりしてて好きだな。

・ほんこんさんも最近はお笑い芸人というよりコメンテーターとしての顔の方が売れて来てますよね
視点が良いというかあくまで一般側の代弁をしてくれてるというスタンスというか 歯に衣着せぬ物言いが小気味良いですよね

・でも淫行した際に松っちゃんが救ってくれたことは忘れてはいけないよ。

・大阪人で昔から板尾を見ているからかもしれないけど、板尾がドラマ出てるの見ても「板尾やん」としか思えない
他の芸人が役者やってるのは、そんなことはないんだよね、普通に役として見るし、うまいなあとかいい味出してるなあとか、そんな感じ
なのに板尾だけは「板尾やん」てなる
コントやってるみたいというか、決して演技が下手でコントみたいに見えるとかそんな意味ではないんだけど
コントやってる時から、テンション低めの感じだったからかな?

・板尾の才能が発揮できるのはトーク番組でなくコントだからな。コントができる番組が減ったのが大きいと思う。


・130R(板尾・ほんこん)