srrアイルランドの南西沖で9日、強い光とUFOらしき物体が報告された。アイルランドの航空当局が調べている。現地時間11月9日午前6時47分ごろ、英ブリティッシュ・エアウェイズの操縦士が、シャノン空港の航空管制室に連絡をとった・・





操縦士は、同地域で軍事訓練があったかを確認した。「非常に速く動く」何かがあったためだという。

航空管制官は、そのような訓練は実施されていないと答えた。

カナダのモントリオールから英ロンドンのヒースロー空港に向かう航空便に乗っていたこの操縦士は、「とても明るい光」が見え、そして飛行機の左側に物体が現れたと話した。物体はその後、「高速で北に進路を変えた」という。

操縦士は物体はいったい何なのか不思議に思ったものの、衝突してくるようには見えなかったと述べた。ヴァージン航空の別の操縦士も同様の内容を報告し、隕石か地球大気圏に再突入した物体ではないかと話した。


・操縦士の音声



ヴァージン航空の操縦士は、「同じ軌道をとる複数の物体」があったと話した。物体は非常に明るい光を放っていたという。操縦士は、「2つの明るい光」が右側に見えたと述べた。光は高速で離れていったという。

この操縦士は、物体のスピードが「隕石のようで、マッハ2ぐらいだった」と話した。マッハ2は音速の2倍。

アイルランド航空局(IAA)は、「11月9日金曜日に少数の航空機からあった、上空での異常な活動に関する報告を受け、IAAは調査を進めている」と発表した。

「この報告は、発生事案における通常の機密プロセスの下、調査される」・・

・詳細は(source: BBC News - アイルランド沖にUFO出現か 航空当局が調査


datt


・記録映像は残ってないのかなぁ。残っていたとしても当局の調査とか様々な事情で簡単には公開できないのかな。

・パイロットはUFO見たと発言すると、精神障害を疑わられるらしいですが、米軍機による映像の公式発表以来、そういう話が出やすくなってるのでしょうか。楽しみですね。

・もう火星や月の裏側に古代遺跡がありました、すでに宇宙人とロシア、アメリカは極秘会談をしていました、と発表されても驚かない免疫が出来つつある。

逆に、宇宙人、異星文明などあるわけないだろう!と否定する方が難しい話に思える。

・30年以上昔、妹と幼馴染とで、マンションの敷地内で大人の手のひら大の銀色の、本当に銀の灰皿2つを貼り合わせたイメージの形の物が浮かんでて、皆んなでUFOだ!と最初はわけもわからず
追いかけて遊んでましたが、非常に高速で動き、しかも円ではなく、直角に、カクカクとうまくマンションの形に合わせて回り込んで逃げ、見失ってしまいました…

未だに姉妹では、語り草になってます。ドローンでも、あんな鈍い動きなのに比べ物にならない素早さと動き。

かなり広い範囲を追いかけ回し、私達子供以外誰もいなかったので、人が操縦してるとは考えられないし、後にUFOの大きさは、大小様々あると聞き、納得…いつか何かの形で解明されるでしょうね。火の玉の正体みたいに

・パソコンもないような昔なら、そんなものあるはずがないと科学者が否定してただろうけど今の科学者は安易に否定しないものね。
地球と同じようなハビタブルゾーンにある惑星の数が何万と発見されているからだろうね。
知的生命体発見プロジェクトもできてることだし発見まで時間の問題だろうね。

・車にドラレコが普及してきているのに航空機に付いてないのか?
映像見れば火球か隕石くらいはすぐに解りそうなんだけどなー
宇宙船じゃないとは思うけど、ひょっとしたらいるかもしれない可能性があるだけで夢があって良い。

・早く宇宙人と遭遇してほしい

・私は2回見た事があります。
一度は夜1人で居た時で、もう一度は昼間に10人くらいの人が同時に目撃しました。昼間に見た時は低いところまで降りてきて私達に気づき一瞬で消えてしまいました。
日本では、北海道や九州の山奥など定期的に見られる情報が寄せられています。

ここ最近増えているので来年辺り侵略してくる可能性があります。


・ニュース映像