1245米カリフォルニア州とネバダ州の州境のシエラネヴァダ山中にあるタホ湖(Lake Tahoe)に浮かぶ観光遊覧船の上から、美しいシルエットの“空飛ぶ円盤”が撮影された・・





湖上空でメタリックな空飛ぶ円盤が超スピード&ガチ鮮明に出現


遊覧船のデッキ上で湖の絶景を楽しそうに見物している観光客たちの頭上を一瞬、右から左へと横切る鈍い光沢を放つスリムでシャープな“空飛ぶ円盤”に気づいた者はほとんどいないようだ。

撮影者も現地では気づかずに、帰宅して映像を確認してからこのUFOが映り込んでいることに気づいたという。

オリジナルの映像は10分ほどの長さであったということで、撮影者が映像を詳しく確認してみると、観光客の1人がこのUFOに気づいたように見えるという。その人物は、このUFOに自分の目を疑い帽子を取る仕草を見せているということだ。


settt


asewtttt


台湾在住の著名なUFO研究家、スコット・ウェアリング氏もこのUFOに注目しているひとりだ。同氏が運営するUFOブログ「UFO Sightings Daily」に先日、このUFOを紹介する記事が投稿されている。

「この一週間で見た最も鮮明なUFOです。クラシックな“空飛ぶ円盤”で、上部がドーム状に盛り上がっていて美しいメタリックな質感を醸し出しています。これはエイリアンが我々人類をモニタリングしていることを示す100%の証拠です」

英紙「Express」によれば、ウェアリング氏をはじめとする一部のUFO研究家たちはこの映像は見紛うことなく本物であると確信しており、エイリアンたちが公に我々の前に姿を現すのは時間の問題であると主張しているという・・


・MUFON CASE : 95950 Lake Tahoe NV, US ( October 28, 2018 )