esr5日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」の「祭り企画」デッチ上げ問題。昨年2月12日の2時間スペシャルで放映された「カリフラワー祭りinタイ」でも同様の疑惑が浮上した・・





「カリフラワー祭り」は、昨年1月14日、タイの中部・ペッチャブーン県の外れにあるサイヨン村で行なわれた。
二人三脚で泥沼を駆け抜け、カリフラワー20キロを収穫するスピードを争うレースで、2月の放送では「カリフラワーの名産地で年に1度、その収穫を祝う祭りが開かれる」などと紹介された。

「お祭り男」の宮川大輔(46)に加え、「NEWS」の手越祐也(31)も参戦。番組は22.2%の高視聴率を記録していた。だが、サイヨン村の村長は疑問を呈する。


・話題となっている 「イッテQ」やらせ疑惑報道




「テレビ番組のコーディネーターを夫に持つ地元住民から『日本のテレビが来るのでラコーン・サン(短いドラマや芝居)を作りたい』と言われ、開催した。
話し合いの中で去年は野菜の値段がとても安かったこともあり、カリフラワーを使ったゲームをすることになったのです。当日は年に1度の子供の日で、あのゲームは収穫を祝うものではありません」

さらに「週刊文春」が現地で取材したところ、祭りの出場者には賞金や参加費などが渡され、「イッテQ!」の海外コーディネーションを担当するM社が「祭り」の運営費を負担していることなどが分かった。


・宮川&手越 カリフラワー祭りin タイ



日本テレビに「カリフラワー祭り」の開催経緯などについて尋ねたところ、次のように答えた。

「『カリフラワー祭り』や先にご指摘をいただいた『橋祭り』を含め、『祭り』企画において、番組の意向でコーディネート会社が主催者に提案したり、実質的な主催者となってイベントとして開催したケースがありました。
また番組がコーディネート会社に支払っている撮影経費の中から、開催費用や賞金、参加費、協力費などが支払われていることもありました。

コーディネート会社との長年にわたる協力関係に甘え、企画についての確認が不十分なまま放送に至ったことについて、当社に責任があると考えております。
『祭り』企画に関しましては、現在、詳細を確認中です。今回のような事態を招きましたことを、お詫び申し上げます」・・

(source: 文春オンライン - 「イッテQ!」タイ・カリフラワー祭りにもデッチ上げ証言 日テレが謝罪


・宮川&手越 カリフラワー祭りin タイ



・演出とヤラセの違いは判断が難しく、全てをNGにしてしまうとつまらない番組になってしまう可能性もある。ですが、超えてはいけない一線というものもあるはず。捏造の記事、番組が真実なら今回の最大の罪はラオスという他国の方の文化を捏造した事。
あの番組を見てラオスに興味を持ち行かれる方や全くやった事も無いお祭りで馬鹿騒ぎしてると思われてると感じてるラオスの方もいるのでは。国内ならまだしも海外まで行ってこういう事はやめませんか。国際問題になりかねない。
しかし今回でもう常習犯だったとわかったと思う。

・県民ショーも大概だけど国内だからバラエティーだからしょうがないね~と思えるけど、海外の文化捏造は国際問題になりテレビ局だけの責任でなんとかなる話ではなくなるからアウト。コーディネーターのせいも本当にあると思うけど、ちゃんと調査しなかったテレビ局の責任は大きいと思うし、海外からもそう思われる案件。言った言わないの世界になると負ける。

・要するにネタ切れなんでしょうね。
無理して同じ企画を続けようとするからヤラセになる。
そろそろ違う企画を立ち上げるべきでは?

・これは普通にアカンやつや思う。
今に始まった事ではないと思う。
氷山の一角。普通に番組終了が妥当と思う。

・逆に、実在する祭がどれだけあったのか知りたいです。

・今回の件も現地の人が日本のテレビ局の提案と言っていてはもう逃げられないよね。
これはもう番組続投が危機だと思う。
紅白の内村ほんとうに大丈夫かと思う。

・えっ?あの祭りも??
タイの自転車祭りと違って全然違和感なかったけどなぁ。
アイデアも面白いし、そのまま祭として定着しても楽しそう。
少しでも楽しい内容にしようと、スタッフが頑張ってるのに、今回の文春砲はえげつない。
これからの捏造お祭り企画には、「アイデア出しました祭り」とテロップを入れちゃえば、お茶の間の皆も納得した上で楽しめると思う。


・出川 哲郎 「イッテQ」騒動に初言及