sdrr松山英樹(26)=LEXUS=が誤球を犯した・・







インスタートの14番パー4(436ヤード)で左ラフからの第2打。同組の星野陸也のボールを誤って打ち、星野も気がつかずに松山のボールを打ってしまった。

誤球をしたことにはグリーン上に行ってから気がついた様子で、競技委員を呼んで対応を確認。打った場所に戻って、打ち直しは星野が先に打ち、グリーン手前のエッジ。

松山はピン手前5メートルにオンしたが、スコアはともに規則通りに2罰打を加え、ダブルボギーとなった・・

(source: デイリースポーツ - 松山英樹が誤球で2罰打 2打目で同組の星野の球を打つ


・ダンロップフェニックス トーナメント


・これって同伴者の打球を見ていないからでしょ?
同じようなとこに飛んだの見てれば確認するよね・・・
ショットに限らずパターなんかほとんど見てないもんね

プロともなるとキャディの責任も大きいかも

・トーナメントを見に行くと深めのラフにボールが落ちたときには、親切に旗を立てて誰のボールがこちらと教えてくれることもあるけどね。
このホールはなかったのかな。

・深いラフ等にはいってボールの確認ができない場合はルールに従った手順を踏んでボールを拾い上げて容易に確認することができます。
そのくらいのルールはプロならみんな知ってるので、今回の誤球は明らかに松山の思い込み。

そして松山が「このボールが自分のだ」と言わんばかりにボールの横に立っているのだから、星野はその先にあるボールが自分のボールだと思い込んだのでしょうね。
ある意味星野は巻き込まれた事故です。

ボールのメーカーも同じ。
ラインも同じように引いていたとのことです。
もちろん違う番号のボールだったみたいだけどね。

・ティーオフ前に使用球の確認をプレイヤー同士が確認してスタートしているはず。メーカー、ラインや番号まで同じならどちらかが使用番号を変えたりマークを追加したりする。プレー中にその為のルール範囲内での目視確認を双方が怠った為、誤球が発生した。始まったばかりなので、まだ十分挽回可能。お二人には頑張って頂きたいと思います。

・なんか最近の松山君のラウンド中の態度をみてると

あまりさわやかさを感じないです。

特に進藤キャディへの接し方がぞんざい過ぎるというか・・・

まあ我々が知らない事情があるんでしょうが

昔のように謙虚な姿勢を見せて欲しいな。


・ダンロップPhoenix 尾崎将司プロ 松山英樹プロ 石川遼プロ 上井邦裕プロ練習風景