dws眞子さまに対し、美智子さまは従来、“静かな環境で結婚について考えてほしい”と直接、結婚の話をされなかった。しかし、来春の天皇譲位にともない、秋篠宮家が皇太子家と同待遇の「皇嗣家」になり、眞子さまがその皇嗣家の長女となることを、重く受け止められておられるという・・




「皇嗣となる秋篠宮さまには、兄の新天皇をしっかり支えることを望まれ、皇嗣家にも、担い手の減る公務にこれまで以上に熱心に取り組むことを期待されています」(宮内庁関係者)

だからこそ、小室さんを正門から招き入れた“事件”についても直接、注意をされたようだ。この件は、今年8月、小室さんと眞子さまが最後にお会いするにあたり、マスコミを避けるためか、赤坂御用池で最も格式高い『東宮御所正門』を使用し小室さんを赤坂御用地に入れるよう眞子さまが警備担当に依頼したのだ。


・話題となっている 小室圭さんの報道


・眞子さま



この門は秋篠宮ご夫妻であっても、よほどの理由がない限り、この正門を使うことはないのだという。

「10月23日、眞子さまの誕生日に御所で昼食を共にされた際も、“物事には一つひとつ手続きがあって、その一つひとつを丁寧にこなしていくことが大事”といったお話をされたそうです。おそらく、眞子さまが人の話に耳を傾ける余裕を持ちはじめたという判断もされたのでしょう。眞子さまを諭すように優しくお話されたようですが、周囲からすれば、それは“厳重警告”に他なりません。眞子さまももう一度、皇嗣家の長女としてのご自身の立場を見つめ直してくださるとよいのですが…」・・

・詳細は(source: NEWS ポストセブン - 美智子さま 眞子さまに優しく諭すような言葉で「厳重警告」


・小室圭さん


・結局秋篠宮夫妻が緩いという事だと思う。美智子さまがおっしゃることを本来ならば紀子さまが言わなきゃいけないんじゃないの。
結婚当初からある「従来の皇室のやり方への反発心」みたいのがあるんだろうね、この夫婦には。
当事者となると窮屈で大変なのかもしれんが、国民の税金で生きてる人たちだからねえ。

・眞子さんはKKのためを思って行動したかもしれないが、周囲に及ぼす影響までは考えていなかったようだ。つか、秋篠宮もKK来るなら警備面どうなったとか確認するなり、警備側も何らかの形で皇室側の責任者に確認を取るべきだったのでは?
全てが後手

・皇后が厳重注意しようが、優しく諭そうがそれで済む問題ではない!宮内庁は公式に説明すべきです。
来年即位される新天皇ご一家が住まわれてるのですよ。それも留守されていたのも分かっている。警備態勢に関わる問題。
秋篠宮家が序列も弁えず勝手に東宮御所正門を使用できる実態があるということです。

あれだけ天皇皇后は秋篠宮家と一緒にいたのに、子供や孫に序列や手続きについて何一つ教えてこなかったわけですね。
門まで開かれる平成皇室にウンザリです。

・ここまで多くの人に迷惑をかけてるのに、優しく諭すとか本人の意思を尊重するとか、のん気なことを言ってる場合ではないでしょう。腫れ物に触るような扱いしてるけど、眞子さんは皇室の中でもかなり浮いた存在なのでは?代替わりの後、公務に励んだところで、秋篠宮一家の地に落ちたイメージは絶対に戻らないと思う。励めば励むほど小遣い稼ぎだと言われそう。もう国民の目に入るところに出てこないで欲しい。不快。

・とにかく早く目を覚ましてほしい。今ならまだ間に合う。若気の至りで恋に落ちてしまった、って何年かすれば落ち着いて思い返せるようになると思う。小さい頃から国民が見守ってきただけに、Kという不幸の泥船に乗り込むのを見てられないからこれだけみんなが騒いでいることをわかってほしい。


・皇后さま84歳の誕生日 皇居で最後の祝賀行事