dsat私立高川学園高(山口県防府市)は19日、県立西京高に0-1で敗れた全国高校サッカー選手権大会県大会決勝(18日)で不公正な判定や重大な誤審があったとして、再試合と審判団の資格停止などを求める申し入れ書を県サッカー協会に提出した・・





学園側は1週間以内に誠意ある回答が得られなかった場合、日本スポーツ仲裁機構(JSAA)などに調停を申し立てるとした。

申し入れでは、主審ら審判団が相手側の「妨害的なプレー」に対して反則を取らず、「公正・公平とは言い難い判定を繰り返した」と主張。




さらに1点を追う後半アディショナルタイム(追加時間)に、西京ペナルティーエリア内でボールが西京選手の腕に触れたとされるプレーが、ハンドの反則とならなかった判定について「試合の行方を不当にゆがめた」と訴えている。

記者会見した江本孝監督兼教頭は「試合時間がたつにつれ『審判と戦っている』と考えた」と話した・・

(source: 毎日新聞 - <高校サッカー>山口・高川学園が決勝戦再試合を申し入れ




・私は会場で観ていましたが、確かに西京は強かった。高川は押し気味だったものの、なかなかボールを中に入れさせてもらえず、決定的なチャンスを作れなかったので、負けたこと自体は仕方ないと思います。
ただ、主審は終始西京贔屓。最後のは確実にハンドでした。ペナルティエリア内だったので、ハンドを取っていればPKです。高川の選手もそれに気付き、主審にアピールしたのに流しました。
監督だって本当に再試合になると思って言ってるわけじゃないと思いますよ。ただ、このまま黙っているのは一生懸命やっている選手があまりにもかわいそう。

・今の気持ちだけで言うなら、再試合を検討してもいいんじゃないかとすら思う。本当に誤審がいくつもあったのなら。
しかし、自分は岡山県民だけど、今広島に所属している青山がいた時の作陽が受けた誤審はかなりひどかったけど、再試合とかにはならなかった。
あの時は勝ったチームのエースが全国大会出場辞退とかたしかあって、双方に辛い事になったけど。

・昨日の試合を観戦させてもらいました。

審判は本当にひどかったです。西京びいきと言われてもおかしくないでしょう。

3年間、一生懸命この日のためにやってきた選手が本当にかわいそうでした。

判定は覆されなくても審判団は誤審を認め、謝罪してもらいたいものです。


・高川学園 対 西京高のロスタイム!再試合を申し入れた疑惑のハンド?も