3q546潜在視聴率とはそのタレントを見たがる視聴者数のバロメータ。だが、「持ってる」どころか、視聴者離れを起こす女性タレントは少なくないという。テレビマンの証言をもとに、顔を出せばチャンネルを替えられる「潜在マイナス視聴率」を探ってみた・・




テレビに蠢く「マイナス潜在視聴率の女」


今や業界内で「出してはいけない」と敬遠される女王格がベッキー(34)だ。

テレビ関係者が語る。「不貞そのもの以上に、報道後の『友達で押し通す予定!笑』という“居直りLINE”への反発はいまだすさまじく、ノーギャラでも出てほしくないタレントの筆頭かもしれません。

現在も“休養中扱い”の番組が6つもあることがすべてを物語っています」




テレビで見ることの多い鈴木奈々(30)にも、「マイナス要因」が囁かれている。

「鈴木は女芸人以上にはっちゃけてくれるので、バラエティ番組としては非常に重宝しているんです。しかし、痛々しくて見ていられずにチャンネルを替えてしまう視聴者が大量発生するため、視聴率を下げるタレントと見られています」




同類の有名女性は他にも。

「まったく同じ傾向なのが今年ブレイクした丸山桂里奈(35)です。今年の日本テレビ系『24時間テレビ』の企画で、ヒップで相撲を取る対決企画では引き締まったヒップを披露して番組に貢献しましたが、彼女を『下品で痛々しい』と毛嫌いする視聴者も少なからずいる。

少し毛色は違いますが、いきなり生放送で号泣するなど突発的な行動を繰り返す遠野なぎこ(38)も『見ていてヒヤヒヤする』との理由でマイナス要因です」