235車いす利用者であることを理由にワインの試飲をやめさせられたのは、障害者差別解消法が禁じる不当な差別にあたるなどとして、手動車いすを使う東京都内の50代男性が、百貨店とテナントに170万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した・・





百貨店側は男性側に、店内で過去に電動車いすの事故が起きたことを挙げて「客や従業員の安全確保のため」と説明し、不当な差別ではないと主張している。第1回口頭弁論は21日に開かれる。

訴状によると、男性は8月、手動車いすで西武池袋本店(東京都豊島区)地下1階の酒売り場を訪れた。ワインを1杯1000円程度で試飲できるコーナーで、計2000円を支払って2杯目を飲んでいると、店員の一人に「車イスおよび電動車イスでご来店のお客さまの試飲は、ご容赦ください」と書かれた紙を渡され、試飲をやめるよう求められた。

男性は深酔いしておらず、理不尽だと感じて抗議したが対応は変わらなかった・・

(source: 毎日新聞 - 車いすでワイン試飲「拒否不当」 都内の50代男性 百貨店「過去に事故、安全優先」


・試飲中に渡された紙のコピーを前に「悲しく怒りを覚えた」と振り返る男性









・車いす利用者が大激怒!車いすに優しくない日本、反対!