4433酒気帯び状態で車を運転し、ひき逃げをしたとして自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪に問われた元「モーニング娘。」の吉澤ひとみ被告(33)に東京地裁は30日、懲役2年、執行猶予5年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した・・




29日の初公判で、吉澤被告は起訴内容を認め、「社会人として甘さがあった」と終始涙を流し、被告人質問では「被害者の方に本当に申し訳ないことをした」と反省の思いを繰り返していた。


・話題となっている 吉澤ひとみ被告の報道




検察側は、事故直後に目撃者が吉澤被告に停車を促したのに現場を立ち去ったことや、現場での事情聴取で前夜の飲酒量を聞かれた際、少なく答えたことを追及したが、それぞれ「パニック状態になっていた」「聞かれた瞬間ふと頭に浮かんだ量を答えた」と回答。隠ぺいや保身の意図はなかったとしていた。

判決で裁判長は「吉澤被告の呼気からは他の事案と比べても高濃度の値が検出されていて、結果は被害者の顔面に傷跡が残るなどで軽いものではなく、被告の責任は相当に重い」と指摘。

その上で「被告は被害者に謝罪し示談を成立しており、被害者は寛大な処分を求めているが、反省を深める必要があり、通常より長い執行猶予期間とした」とした。神妙な表情で聞いていた吉澤被告は、判決を聞くと一礼した・・

(source: スポニチアネックス - 吉澤ひとみ被告に有罪判決 懲役2年、執行猶予5年




・これは吉澤がどうのこうのではなく、ひき逃げの罪って軽すぎると思う。
本件に関しては飲酒ひき逃げなので厳罰の判例にしてほしかったね。今後のために。

・昨日の初公判では、今年3月にも人身事故を起こしていたことが発覚したことからや、あの事故自体が悪質性が高かったから、示談が成立していなかったら1年未満の実刑だっただろう(示談が成立して被害者感情が緩やかになったことを受けてギリギリ執行猶予5年を付けた感じ)。
未だに酒断ちできていない本人のためには一度刑務所なりで強制的に酒断ちすることこそが、本人のためだと思うが。

・実刑が良いと思っても予想していた通りでしたね。飲酒、ひき逃げ、信号無視のような悪質な行為に対しての厳しい処罰を求めてもいいはずなのにこれだけの事をしても相手の怪我が軽かった事や示談が成立しているとかだけで執行猶予付くんですね。悪い見本になってしまったな。こんな事じゃいつまで経っても飲酒運転は減らない。相変わらず加害者に甘い司法やな。酒もやめていないというのなら心から反省しているようには見えない。

・初犯だろうから執行猶予付くと思っていた。
でも旦那さんの証言でお酒は止めている訳ではなく「控えている」とのことなので本当の意味で反省しているとは思えない。

・分こうなるだろうとは思っていたけれど日本の司法は死亡者が出ないと実刑にならないのか?
これだけの事をして、しかも酒も絶っていない。
怪我の重さや示談成立で量刑が決まるって理に敵っていない。
結局加害者側のやったもん勝ちか。


・吉澤ひとみ被告に懲役2年・執行猶予5年 東京地裁(18/11/30)