11211月30日、ファンクラブ会員向けサイト「ジャニーズジュニア情報局」で、ジャニーズJr.内の人気ユニット「Love-tune」のメンバー7人が事務所を退所することが発表されたが、その退所に関連して、メンバーと事務所が取り交わす契約書をめぐる齟齬があったことがわかった・・




Love-tuneは2016年5月に結成され、安井謙太郎(27)、真田佑馬(26)、諸星翔希(24)、森田美勇人(23)、萩谷慧悟(22)、阿部顕嵐(21)、長妻怜央(20)ら7名で構成されるジャニーズJr.内の人気ユニット。

2017年10月にはZeppDivercityで初の単独公演を、2018年3月には単独で横浜アリーナを満席にし、大成功を収めた。

 しかし、順調に見えたLove-tuneだったが、最近では露出がほとんどなく、ジャニーズJr.が活躍するテレビ番組「ザ少年倶楽部」(NHK)でも2018年5月11日以降、出演が途絶えていた。


・Love-tune




 きっかけはSMAP騒動も一段落した、2018年1月10日。
Jr.内ユニットSnow Man、Travis Japan、SixTONES、Love-tune、4グループのメンバーが招集されて行われた、事務所とジャニーズJr.が初めて契約書を取り交わすという説明会だった。

 説明会では「契約をしても、契約をしなくても、給料や今ある仕事に関しては何も変わらない」という説明がなされたという。それを受けLove-tuneメンバーだけが契約書のサインを保留し、持ち帰ったという。

 しかしその後、Love-tuneに対する待遇は一変。仕事が激減し、テレビや舞台への出演もほとんどなくなった・・

(source: 文春オンライン - 退所発表のジャニーズJr.「Love-tune」メンバーを悩ませた“契約書問題”




・もはやジャニーズの闇が深いのは公然の事実だからな。
もっとみんな離脱して反旗を翻して欲しいわ。

・SMAPもタキツバももっと事務所がちゃんとしてればあんな結末にはならなかったと思う。ファンを蔑ろにする事務所は最悪。親族経営だから何も見えない。そこを変えようとした飯島氏も消された。少なくともSMAPのファンだった人達はもうジャニーズ事務所に不信感しかない。オリンピックだなんだ言う前にやることがいっぱいあると思う。でもタレントには何の責任にもない。(一部を除いて)

・賢い子は必要ないって事だ

・年齢的に限界と言う考えも有ったかも。
しかし、全員って。
解るように説明したら良かったのに。
何も干さなくても。
人の人生なんだと思って居るのやら。

・賢いグループだと思います。
最初はみんな早く有名になりたいだけで、どんなブラックな契約書にでもサインしがちだけど、このグループは冷静に判断出来たって事だもんね。

・20代半ばになっても
デビューできなければ
将来のこと考えて
もう諦めたほうがいいかもしれないね。

・タッキーがこのような深刻な問題にどうやってメスをいれていけるのか、力量が問われる

・当たり前の様に二つ返事で契約するものだと事務所側は思っていたんじゃないですかね?持ち帰った後がどうだったのかもありますし、契約書を持って来るのを待っていた事務所と契約書をいつまでに出せば良いのか待っていたメンバーの方々とかの話じゃなければ良いけど、どちらにしてもファンが可哀想だね