cdstt今年、とある事務所から一人の女性芸人を見てほしいと依頼された。彼女はとても才能があり、劇場でもしっかり笑いをとっている。しかし、コンテストでの結果は芳しくなく、廃業も考えていた。「自分を殺してでも売れたいです」。彼女は、俺にそう言った・・




毎週、ネタを見た。彼女も毎週、さまざまなパターンの新ネタを持ってきた。絶対、本人はやりたくない「リズムネタ」も持ってきて、披露した。彼女のキャラクターにあっておらず、見ているこっちが恥ずかしくなる出来だった。そこから2人でさらに何十時間も話し合った。導き出したキャラクターをひとつのパッケージに特化させたネタを作り、「女芸人No.1決定戦 THE W」に挑んだものの、準決勝で敗退した。

俺は自分の力のなさを彼女に詫びた。そして、「審査員に知識がなかったから、わからなかったんかな」と審査員を批判した。もちろんわざとである。

自分自身も経験がある。この結果を誰かになすりつけたい。誰かのせいにしたい。結果の直後は冷静さを欠き、突き落とされた自分を守るために自分の実力のなさを隠して、他者に責任をなすりつけたいのだ。それを俺は彼女にさせたくはなかった。だから、俺自身がその行為をすることによって、冷静さを取り戻して、また明日から前を向いて歩いてほしかった。彼女は「自分の実力不足です」と泣いた。


・話題となっている とろサーモン久保田さんとスーマラ武智さんの騒動



 今回、「とろサーモン」久保田君と「スーパーマラドーナ」武智君が審査員である上沼さんを批判した動画を公開して、問題になっている。こういった動画を公開したこと、そして、「病気」に例えて批判したことは言語道断である。馬鹿野郎と言いたい。しかし、それ以外の部分について、俺は彼らを批判することはできない。

 久保田君は、2017年の「M-1チャンピオン」なのだ。頂点を獲った芸人である。だから、今回、破れた芸人に対して、高みの見物を決め込んでいればよかったはず。しかし、彼はそれができなかった。彼もまた何度もがき苦しんでも、決勝の切符が手に入れられず、泥水をすするような芸人人生を歩んできたのだ。

 だから、今、目の前で一敗地に塗れた芸人をほっておくわけにはいかなかったのだろう。誰よりも毒づき、彼らの溜飲を下げてあげて、立ち上がらせたいがための行為だったと思う。武智君も同期の激しい励ましに、嬉しさもあり、ほっておけず、間違った言葉を選んでしまった。その部分は猛省してもらいたい・・

・詳細は(source: 週刊SPA! - 上沼恵美子に噛みついた久保田らを「俺は批判できない…」と元M-1ファイナリスト


・この記事を執筆した 元ハリガネロックのユウキロックさん



・ここで自分が許そうが許さまいが今後の2人に何の影響も及ぼさないでしょう。でも、いやーな物は残りましたね。
武智さん、過去に色々な批判があっても応援してましたよ、この件があるまでは。
番組で世話になっている大先輩に対してあのような腹黒い気持ちを隠し持つだけでは満足せず、言うに事欠いて公表するとは。暴言の内容より裏切られた感のほうが傷つくことが想像できませんかね。

・言いたいことはわかるし、仲間内で慰めあいから愚痴に発展するのも分かる。
誰かのせいにしないとやってられなくて言いやすいのが上沼さんだったんでしょう
ただ、何故それを公開してしまったのかがそもそもの問題。
人の批判ならまだしも病気をネタにして笑ってるところを公開して、更にその動画に来年も出るであろう後輩をも映すその配慮のなさ。
許すとか関係なく今後売れないと思う

・「もう一度だけ、彼らにチャンスをあげてください」
こういう擁護は彼らにはなんのプラスにもならないと思う
それに、問題起こそうが、芸能界の大御所や事務所や場合によっては局自体に嫌われようが、面白い芸人はいくらでものし上がってきた
今回の騒動の彼らがどうなるかは、彼らの実力次第だと思う

・読んでなるほどと思っだけど、どうも最後の部分だけは、納得できない。
見てる側の目線、ようは業界や演芸の世界を楽しんでみて、感心してきた評価する側である、笑いを享受する一般人の演芸界に対する思いはまた違う。
努力してるんだから、こうなんだから、なんていわれても、ね。上沼さんだって、同じ立場を勝ち抜いて、あの座をえているのを視聴者知ってるから。彼らの努力や悔しさは経験しているよ。

・ユウキロック懐かしいなぁ
養成所の講師してたんだな。
言いたい事は十分分かるし、伝わってくるものもあって
最後までいい記事だと思って読めた。
ただ、
>しかし、それ以外の部分について、俺は彼らを批判することはできない。
これは、おかしいんじゃないかな。
世の中、やってはいけない事、言ってはいけない事って言うのがある。
武智と久保田は、その禁忌に踏み込んでしまった。
ここで誰かが庇う事は決して彼らの将来にプラスにならないと思う。
メタメタギタギタに世間と言うお客様に叩き潰されて、
泥水啜るところからやり直さないと、遅かれ早かれまた同じような事を
起こすのではないのかな。


・ハリガネロック