fdtt高速道路で乗用車を時速169キロで運転したとして、鹿児島県志布志市の久井(ひさい)仁貴(まさたか)市議(28)が道交法違反で鹿児島地裁鹿屋支部に在宅起訴されていたことがわかった・・





起訴状によると、久井市議は今年4月9日、大分市の東九州自動車道で、制限速度(80キロ)を89キロ超過して走行したとされる。起訴は10月29日付。

久井市議は5日、読売新聞の取材に応じ、速度違反自動監視装置(オービス)で検知されたと明らかにし、「大分に向かう途中でおなかが痛くなり、トイレに行きたくて急いだ。今後は交通ルールを守りたい」と話した。

久井市議は今年1月の市議選に無所属で立候補し、初当選した・・

(source: スポーツ報知 - 市議が高速道で時速169キロ「おなか痛くて」


・久井市議(右)


・確かに、あそこはPAが無いんだよな。
気持ちは分かる…。
が、立場をわきまえないと。
お腹痛いのが本当ならの話だが。

・気持ちは分からんでもないけど、理由が本当かどうかも分からんしな。
普段からそこそこスピード出し慣れてないと、急いでても169キロは怖くて出せないと思う部分もある。

・自分はお腹が弱くて、この市議の状況はよく理解できます。でも、お腹がグルグルいって脂汗でて集中力も落ちてるであろう状況でスピード違反は危険だったと思います。
自分なら、路肩で野糞してたかもしれません。

・とりあえず撮られた場所の次のSAかPAでトイレに駆け込む姿が撮影されているかどうか調べてほしいな。判断はそれからで良いと思う。本当ならちょっと減刑してあげて。

・これはオービスでの摘発なのでしょうか? だとしたらその後、次のPAなどに立ち寄ったか確認もしているのでしょうか。腹痛で急ぐ気持ちがあっても、この速度は普通には出せないし、そんな状況で出せる速度ではない気がします。検察の調査を期待したい。


・東九州自動車道