d5ハワイのオアフ島でレジ袋有料化が定められたのは2015年。マイバッグを持参しなかった客や、レジ袋購入を希望する客には、一律1枚10セントの料金が徴収されていました・・





そして、2018年7月からはその値段が15セントにアップ。スーパーマーケットやドラッグストアといった日用品店はもちろん、デパート、アパレルショップなどでもすべて、有料化の対象となっているんです。

ただ、マイバッグを忘れてしまったときや、少量の買い物をしたときなど、「レジ袋を購入するのはもったいないな」と思うもの。そんなとき、清算後は商品をむき出しのまま手に持って店を出る…というケースが多発しています。


・レジ袋有料化を義務付けへ 海洋汚染問題で環境省



そんな買い物客の実態を悪用した万引きがいま、増えています。現地メディアの情報によれば、レジ袋が1枚15セントになってから数ヶ月の間に件数が増加しているそう。

出口に店員や警備員が立ち、買い物を終えて店を出る客が購入した品物やそのレシートをチェックする店もあります。ただ、筆者の体験談として、店を出る客全員のレシートをチェックしている場合は少なく、かなりルーズな印象。

そんな中、商品をむき出しのまま外に持ち出す客にまぎれたり、別のレシートを予め用意しておき、出口のチェックをくぐり抜けたり、さらには盗んだ商品を返品して料金も盗ろうとする悪質なケースもあるようです・・

・詳細は(source: NEWSポストセブン - レジ袋有料化でまさかの事態に…ハワイでの買い物にご注意を


・海を殺すな プラスチック汚染、“使い捨て”禁止も 英の取り組み



・環境を守る事からレジ袋を有料化するメリットとデメリットのうち店舗サイドから見た場合、デメリットが多い気がします。万引きの心配もあるし客数が多ければレジで処理する時間は短縮したいはず。ドラッグストアやコンビニのようなエコバッグに買った物を袋に入れるスペースがないとないともたつきそうです。店舗の出入口に確認する人をわざわざ配置したらコスト負担に繋がる。ひどくビミョーな動き。レジ袋はゴミ袋としてリユースしているしわざわざ有料化するメリットが知りたい。

・それは日本でも感じる。
マイバッグはジッパー付きのを利用しているが、万引きではないかと、店員さんが目を光らせているのを自分にも向けてもらいたくないからだ。
バッグの口が開いていると、やはり買い物した後で、「あ。あれも買い足しておこう」と店に戻る時、そのまま商品をマイバッグの中に入れるのではないかと、店員さんがピリピリすることになるし。
面倒ごとを避ける為、絶対にレシートはもらうようにしているが、客を疑わなきゃいけない店員さんも大変だと同情する。

・それだけどこでも万引きが多くて、店も苦しんでいるということ。
万引き依存とかの同情論もあるけど、結局そのことによって店の経営自体が脅かされている事実に変わりはない。
厳罰化するべきだし、そのことにより刑罰なり治療なりに繋げて万引き自体を減らす努力をすらしか無いんじゃないかなぁ。
そうじゃないと、手短なところに自分の手に取って商品を選べる店はどんどん減りかねない。

・なるほどね。
なぜ万引きなのかと思ったけど、確かに、袋をもらわず買ったものを生で持ち歩く率が高くなれば、大型店舗とかだと、レジを通したかどうか見分けがつかないよね。

・レジ袋有料化より、マイバッグ提示者一割引の方がプラスチックゴミ低減につながると思う。
マイバッグをレジの方に見せ、レジの方は空っぽかどうか確認。空っぽなら、マイバッグありボタンを押してからレジスタート。すると最終的に一割引の値段が表示される仕組み。
1000円の買い物しても、マイバッグありなら900円。金欠者からしたら、そちらの方がありがたいでしょう。

・これは日本でも起きてるでしょ。
レジ袋有料化した後に、カゴを会計前用と会計後用で色分けしたスーパー2軒知ってるよ。

・レジを通らないと店を出れないって言う店あるよね。完全に万引きをなくさないけどそう言う感じの対策をしていくしかないよね。


・ニュース映像