dst女子バレーボール部の部員に体罰を加えたとして、広島県尾道市の私立尾道高校は10日、監督だった男性教諭(53)(3日付で監督から解任)を同校の規定に基づき、減給10分の1(2か月)の懲戒処分とした・・・




同校によると、教諭は9月中旬、尾道市内にある女子バレー部の寮で、部員1人の髪を引っ張って倒したほか、学校での練習の際に、複数の部員にボールをぶつけたり、暴言を吐いたりしたという。教諭は10日、退職した。

11月、複数の部員が寮を抜け出し、保護者に訴えて発覚した。教諭は2010年、監督に就任。鹿児島県の私立高で女子バレー部の監督を務め、全国優勝を経験したが、07年に部員への体罰で退職していた・・

(source: 読売新聞 - 体罰で退職のバレー部監督、別の高校でまた体罰


・尾道中学校・高等学校 



・過去に体罰で退職したことを知っていて採用したのか、かくして採用されたのかを、学校側は公開すべきだ。
あおり運転して免許取り消しになったような奴に再度運転免許を発行するようなものだ。

・一回の退職の際も自分が悪いとは思ってなかったのだろうな
しかも男性教諭が女子生徒に手を上げてるとは以ての外

・体罰という表記がおかしい。
暴力を受ける方に何か問題があって、罰を与えることができる免罪符のようです。
必要な体罰であったと、言い訳もできる。
暴力でしょ。世の中では。

・実績のある監督が「体罰をしていたことで処分され、反省しているはず」と採用したものだろうが、実は体罰以外の引き出しを見出せなかったというひどい事案であった。

外から見れば「全国制覇した監督がフリーになった」のであるから、これから強くなりたい高校にとっては喉から手が出るほど欲しいのだろうが、強化手法の誤りで契約を切られたという事実を鑑みてちゃんと他社が監視しているべきだった。それを盲目的に信頼するということは強化のための体罰を容認したと学校・保護者の責任が問われても仕方ない。

就任から今年までの指導もしっかり検証すべきだ。

・過去の離職理由は、学校側も把握していたのでしょうから、
今回の件は、学校にも大きな責任があると思います。
勿論、「一度、体罰をおかした教師を雇用するな」とはいいませんが、
「もう体罰はしない」ことを誓約させた上で、それを守っているのかなど学校側は管理すべきです。
たぶん、「部活が強くなれば知名度があがる」ということで、
学校側も、暴力教師側も利害は一致しており、目をつぶってきたのでしょう。

・人はそう変わらない。っていうけど、本当にそう思う。選手サイドからすると、怒られるから、怖いから、ちゃんとプレーするってなる。でも、これはやらされてるだけ、選手自身が考えて行動できていない。指示待ちなだけになる。選手が考えてプレーできるように指導者は指導しなければいけない。そして、怒られることで頭が真っ白になり、本来のプレーができなくなる選手だっている。特に高校生は。
こんな指導者はいらない。指導者になってはいけない。

・これは氷山の一角で、まだまだ他校にもあります。隠れ蓑的な"飛ばす"体罰なんて今も多くの指導者は至る所でやってる。せっかく好きでバレーしている生徒が気の毒。指導もライセンス制にして体罰したら永久除名など最低限の制度を作って欲しい。


・高校女子バレー部員に教師が体罰 前任校でも退職