77ついにこの“偽善組織”が書類送検され、同時に愛護団体から告発された・・






 ピースワンコ問題の理解には、先月26日、広島県警福山北署に送られた告発状を読むのが早そうだ。動物愛護管理法に違反しているとして、ピースワンコ・ジャパンの事業を司るNPO法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)の大西健丞代表理事と、ピースワンコの責任者、大西純子氏を告発したものだ。以下、概要をザッと示そう。

 広島県神石高原町に本部を置くピースワンコが行うのは、行政が収容した犬を引き取って里親に渡す事業で、2016年からは広島県内で殺処分対象となった犬はすべて引き取り、その資金に、神石高原町のふるさと納税を使ってきた。


・ピースワンコ・ジャパン



 ところが、四つのシェルターのなかで最大で非公開のスコラ高原シェルターは、今年1月時点で1400頭収容の過密状態。ところがスタッフは数人だけで、餌も1日1回。劣悪な環境で極度のストレス状態にある犬たちは、弱い犬を集団で攻撃し、月に30頭が死亡していた。

また、ピースワンコは不妊・去勢手術を基本的に行わない方針なので、子犬もよく生まれるが、感染症などで死亡したり、夜中に生まれるとほかの犬に食べられたりしていた。なのに少なくとも今年1月まで、このシェルターには外科の器具すらなく、犬の数が多すぎるため、子犬を蹴りあげるなど、職員の乱暴な扱いが目立った――。


・ピースワンコ・ジャパン



「我々は状況証拠や内部告発者の証言を集め、ピースワンコが行っていることは動物愛護管理法違反だから捜査してほしい、という趣旨で告発しました。

〈愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者〉への罰則を定めた動物愛護管理法第44条1項への違反。加えて〈健康及び安全を保持することが困難な場所に拘束することにより衰弱させること〉〈疾病にかかり、又は負傷したものの適切な保護を行わないこと〉を禁じた、同じ条の2項への違反です」・・

・詳細は(source: デイリー新潮 - “殺処分ゼロ”を謳って虐待 偽善組織「ピースワンコ」が摘発された!




・この業者はもちろんダメだが、広島県の自分さえ良ければ良いという姿勢にも問題はあると思う。

・この団体は以前より問題視されてるはずなのに…。
動物への虐待行為をもっと厳罰化して欲しいです。

・金銭目的で立ちあげた組織ですね。
共食いまでしていかなければならない犬たちが不憫です。
ピースと名乗る割には全然そうではないですね。

・結局は、安易にペットを飼い飼えなくなったり、気分が変わったりしたらまた安易に捨てる方がいるから野良犬や野良猫が増え、県も手に負えなくなり、こんな悪徳NPO法人が跋扈するのでしょうね…

高齢者が寂しいから〜と身寄りがないのに飼い始め、亡くなったり、施設に入ったりで捨てられるケースもこれからは増えてくるでしょうし、対策は急務でしょうね…

・自分も毎月寄付してきましたが、報道で知り止めました。
殺処分が少なくなればとの思いからですが、同様の方も多かったと思います。しかし
またもや金の為の愛護団体ですか?
人の身勝手さの犠牲になるのは いつも可愛いはずの動物達ですね。
残念です。

・セラピードッグのNPO団体も胡散臭い。特に真夏の炎天下、複数の犬を置いて募金活動している姿は虐待です。警察にやめさせて欲しいと言っても国の許可が下りているからどうにもならないとのこと。NPO団体は金儲けの隠れ蓑になっている場合が多いと思う。厳しく調べてほしい。


・ピースわんこジャパン