554道警と市消防局によると、雑居ビル「酒井ビル」は木造2階建てで、延べ床面積は約360平方メートル。出火から5時間以上たった17日午前2時10分に鎮火した・・





ビル1階は南側から不動産仲介業「アパマンショップ平岸駅前店」、飲食店「海さくら平岸店」、整骨院の3店が棟割りで入居していた。

不動産店と飲食店の2店部分が倒壊し、特に不動産店は跡形もないほど崩れて建物は全焼した。道警は不動産店で爆発が起き、飲食店が爆風と火災の被害を受けたとみている。このほか、周辺のマンションや店舗など19棟に、窓ガラスが割れるなどの被害が出た。


・話題となっている 札幌市爆発事故






道警の調べによると、不動産店内には当時従業員2人がおり、30代の男性従業員が顔にやけどを負い重傷。

両店の従業員、客を中心に1歳から60代までの計42人がけがをした。17日朝までの捜索活動や関係者への聞き取りなどでは、行方不明者は確認されていない。

当時飲食店にいた客らは、毎日新聞の取材に「爆発の後、ガスの臭いがした」と証言。ビルではプロパンガスを使っており、爆発後、建物裏側には各店舗用に50キロのボンベ5本と20キロのボンベ2本が並んでいたのを記者が確認したが、目立った損傷は見られなかった・・

(source: 毎日新聞 - 札幌の爆発、不動産店でガス充満か 現場検証始まる









・札幌の爆発炎上 不動産会社職員がガス抜き作業