889サンタクロースの位置情報を提供する北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)では毎年、サンタクロースを「追跡」して位置情報を提供し、クリスマスイブにはサンタの居場所を尋ねる子どもたちからの電話に応対している・・





トランプ氏はこの日、メラニア・トランプ夫人と共に応対係として参加。7歳の子どもからの電話に対し、最初は「やあ、コールマンかな?メリークリスマス。元気かい?君は何歳かな?」と当たり障りなく対応した。

しかしその後、決して言ってはならないことを口にしてしまった。





「まだサンタクロースを信じているのかい?7歳といったら大人と子どもの境界線だろう?」

ソーシャルメディア上では大統領のこの発言に非難が寄せられており、あるツイッターユーザーは「サンタを信じる気持ちはできるだけ失われないようにするべきだ。無邪気な年頃に終止符を打つような行為だ」と投稿。

また、「トランプ大統領がグリンチ(童話に登場する他人のクリスマスを台無しにする架空の生き物)だということが、これで一層証明された」との声も上がった・・

(source: AFPBB News - 「まだサンタを信じてるのか?」 トランプ氏、7歳の子どもに発言し炎上


・ニュース映像



・普段から「こう言えば相手がどう感じる」かを想像することができない人なんでしょうね。

・うちの子、7歳だけど、サンタさん信じてます…それはいつか気づくけど、わざわざ教える必要はないと思います…
親のありがたみとか、子供がいかにかわいいかがよく分かります!
子供の夢を壊す前に他にするべきこと、ありますよね?

・NORADは、子供の夢を壊さないように、夢を膨らませる対応をしたことに起源がある。なのに…これは肯定できないな

・トランプがそういう考えを持つのは自由だが、それならサンタの応対係とかするなよ┐(´д`)┌

・人として大事な何かが欠落した人ですね。

・うちの子は10歳だけどまだ信じています。
いつか自分で気がつくまで、このまま信じさせていようと思っています。
子供の心を大切に扱う親心を、他人が勝手に壊していい事では無いと思います。

・本当にこの人は悲しい人だと思う。トランプだって、キリスト教国に生まれてクリスマスを毎年経験してきたはずだ。どうして子供の夢を台無しにするようなことをするのか。この事はトランプの人間性や人格を表している。一国のリーダーとして、ささやかな子供の希望を育むのが人の道というものだ。彼は踏んではいけない轍を踏んでしまった!

・ミッ〇ーマウスの『中の人』は触れてはいけないのと同じこと。
大人のマナーと言ってもいい。


・Trump tells 7-year-old boy that believing in Santa at his age is ‘marginal’