7755笑顔が絶えなかった取材から数時間後、私と同学年だった取材相手の女性(41)が11月23日昼、大好きだった海で事故死した。高齢化率86%にのぼる三重県の漁村で一から定置網漁を立ち上げ、担い手不足に悩む漁業の未来を開こうと夢見ていた矢先だった・・




今年の年末、尾鷲市の魅力を伝えるシリーズ企画を担当することになった。漁業の最前線で奮闘する彼女を取り上げようと、インタビューを申し込み、快諾をもらった。11月22日夜、ゲイトが事務所にしている民家で、生い立ちから、漁業に行き着くまでを語った。

「漁業に興味は全くなかったんです」。熊本県出身で福岡県の大学卒業後、4年ほどITエンジニアとして金融系のシステム運用に関わった。豪州留学などを経て、インドネシアの首都ジャカルタに渡り、金融システムの営業の後、現地の建築設計事務所で働いた。ホテルや店舗を作ろうとする日本企業の要望を聞いて施工側に伝えるなど、橋渡し役を務めた。

11月23日は午前5時に起床。漁の姿を写真に収めるため、一緒にゲイトの漁船「八咫丸」に乗った。ピンクのつなぎを着た彼女は、8キロ沖にある定置網に着くと、男性漁師に交じって勢いよく網を引っ張り上げた。網からこぼれた魚は世古さんらに教わりながら、糸を懸命に引っ張った。

大きな獲物が釣れて、ポーズを求めると、とびきりの笑顔を見せた。結果的にこの時が、最後の漁師姿になってしまった……。


・田中優未さん


船で須賀利町の事務所に戻ると、一緒に朝食を取った。この日の漁で捕れた魚の刺し身や焼き魚、身がいっぱい詰まったみそ汁に舌鼓を打ち、彼女もモリモリと食べていた。

「この後、また船に乗って、海に潜って定置網の点検をするんです」と彼女は言った。私は「気をつけて下さいね」と声をかけた。別の取材の予定があったため、午前9時半過ぎ、須賀利を離れた私を、笑顔で見送ってくれた。

これが最後の別れになってしまうなんて、全く考えなかった。

翌朝、私は宿泊先だった尾鷲市のホテルのロビーにあった新聞を何げなく開いたとき、「女性ダイバー死亡」という短い記事を見つけた。目を通すと、「田中優未」という4文字が目に飛び込んだ。私は五月女社長の携帯を鳴らした。社長は「すぐに救助されたんだけど、心肺停止になって……」と涙声になっていた。

尾鷲海上保安部などへの取材によると、田中さんは23日の昼、定置網を点検するため、世古さんと海に潜ったが、船に上がってこなかった。世古さんが探したところ海底に倒れており、救助されたが、程なく息を引き取った。病気の発作に起因する溺死の可能性が高いという・・

・詳細は(source: withnews - 取材から数時間後の悲報…小さな漁村の「水産女子」が同い年の記者に語った夢 ITも使い描いた漁業の未来


・田中優未さんのお別れ会


・私も今、限界集落の農村維持活動に関わっています。
過疎集落の問題は山積みですが、厳しい日常を明るく暮らしている地元の方には勉強させられることばかりです。
彼女もきっとそんな気持ちだったと思います。
心よりご冥福をお祈りするとともに、彼女の思いを受け継いでくれる人が出てくることを願います。

・自分のやりたいことを明るく語った直後に病魔に襲われ命を落とすとは、本当に辛い話ですね。。
とはいえこの地域の漁業が少しずつ変わってきていたのも事実なようですし、社長さん達や同じようなプロジェクトをされている全国の水産関係の方々に意志を継いで頑張ってほしいと思います。

・私はただのリゾートダイバーの端くれだが、潜水にはかなりの危険が伴うことは肌で感じる。
それを女性で生業にしていたのには本当にすごいし、危険と隣り合わせの仕事をなさる漁師の皆さんには頭が下がる。
とても悲しい事故ではあるが、彼女の遺志を継いで、日本の水産業界の更なる発展を願います。

・潜水士でダイビングインストラクターです。亡くなった女性は定置網の仕事を ちゃんと潜水士の免許を持ってやっていたのでしょうか?「船に戻って来なかった」と普通みたいに書いているけどスキューバ潜水の場合は2人一組が基本だから目を離したもう一人の責任です。持病の発作は疑わしいし、そもそも発作を起こす持病があったら潜る事すら危険です。潜水士は毎年潜水士用の健康診断を受けます。一緒に潜った漁師さんも潜水士免許を持っているのか?潜水作業の届け出を保安庁に出していたのか?亡くなった女性の遺志を継ぐのも良いけどちゃんと原因究明と再発防止もして下さい。

・過疎集落で高齢者ばかりになり、そこから一歩進むと限界集落へと変わる。
でも、外から眺めたら村の景色とかに惹かれたんでしょうね、そしてその村を活性化させる為に働いていた方が亡くなるとは残念ですね。
政府は、都市部しか見ていないのかIT関係の仕事で有れば過疎地域の方が通信速度が速くなるので優位なのですがそんな話も出ないですしね。ITなら若めの人も集まると思うのですが。


・漁師の魅力伝えたい…埼玉の女性の思い