gj「カメラを止めるな!」は、スターウォーズやら何やらとは全く異なる手法で製作費を調達した。製作は「ENBUゼミナール」。俳優や監督など映画・演劇人を養成する専門学校だ。その代表を務める市橋浩治氏(54)が語る・・





「本校では、若手監督と世に出たい俳優による有料演技レッスンのワークショップを開催し、その成果が映画になります。『カメ止め』もそうやって作った作品の一つ。俳優12人から1人約14万円の受講料を頂いています」

つまり、俳優はギャラをもらうのではなく、逆にお金を払って映画に出させてもらうのだ。もっとも、それで賄えない分はクラウドファンディングで募り、それでも足りない分は学校が拠出するという。

低予算ゆえ、撮影場所は、「本校の教室、監督の自宅、監督が使っているレンタルオフィスなど。主な舞台となった廃墟も無料で借りました。機材は、学校からも貸し出しますが、基本的には製作予算内で工面しなければなりません」


・「ENBUゼミナール」代表の市橋浩治氏



 そうやって完成した作品は例年、新宿のミニシアターで1週間ほどイベント上映される。2017年製作の「カメ止め」も最初はここで上映され、好評を博したため、翌18年6月に都内2館で公開された。

「それを、大手配給会社であるアスミックさんの幹部の方が見てくれたらしく、電話が掛かってきました」

 それからは、あれよあれよという間に全国に火がついた次第。上映館はのべ350館を超えた。

「興行収入は現在31億円。製作側に入るのはそのうちの約4割ですね」

 つまり約12億円が製作側の儲けだ。残りは、さる映画記者によると、5割が劇場に、1割が配給元アスミック・エースに入っているという・・

・詳細は(source: デイリー新潮 - 「カメラを止めるな!」興収30億円分捕り合戦 製作ゼミ代表が明かす“内訳”


・カメラを止めるな! 公式インタビュー



・出演者やスタッフが世に出れたのが何よりの成果ですよね。
追加報酬は急に多忙になって仕事が出来なくなった補填くらいの額になればいいのでは。

・原案の人にも納得してもらえる額を払って禍根を残さないようした方が良いのでは?
ただ、映画にしなければ世の中に知られなかったのだから、制作側が思う金額はそう多くはないだろう!

・権利関係をちゃんとしていれば問題にならなかったのに、処理できる能力が無かった。大手が関わってるからゴリ押しできたけど、何回も通用しないよ。

・〔スターウォーズやら何やらとは全く異なる手法で製作費を調達した。〕とあるが、SWは1作目以降はルーカス自身による資金調達であり、「やら何やら」と資金調達について他のハリウッド映画と並列には扱うのは妥当ではないだろう。

通常、興収30億は邦画実写作品では大ヒットだが、記事中にあるように売上の半分は劇場分であり、配給会社の取り分、宣伝広告費を考えると通常は制作費の3倍の興収が損益分岐点となる。つまり大ヒットが30億であれば、「必ず大ヒットする映画でも」製作費の上限は10億となる。

日本の場合はコナンやドラえもん等のアニメ作品の興収の方が良く、制作費も安いのでそちらで利益は出ているのだろうが、実写邦画の製作費不足=クオリティの低下、現場の地盤沈下も深刻な問題となっている。
是枝監督を始め優れた人材はいるので、「カメ止め」のヒットにより少しでも実写邦画の風向きが変わることを期待したい。

・アイデア勝負の作品で原案者への対応が不十分だったのは本当に残念だと思う。
ヒットしたよ!本当にありがとう。お互い良かったねって、もうけがたくさん出た時点でさわやかにそれ相応の大金あげてればよかったのに。

・率直に言って観て損した映画ナンバーワンだった。
もっと言えば他の映画と同じ代金を払ってまで観る価値のない映画。
制作費が少ない映画だからクオリティもそれなりで許されるわけではないと思う。
百歩ゆずって映画代やDVD代が10分の1だったら納得の行く内容。

これから制作費が少ないという理由だけで、この程度の作品をさもすごい映画であるかのようにあおってだますのはやめてほしい。


・女優オファー殺到! 「カメラを止めるな!」に出演の女優 秋山ゆずき