vf7鹿児島県奄美市笠利町の中学生2人が8日午後、同町赤木名海岸に迷い込んだキハダマグロを素手で「確保」した。獲物は174センチ、97・6キロの大物。ご相伴に預かった住民は大喜び。2人は「あまりの大きさに、びっくりした」と笑顔で話した・・




 大物を確保したのは赤木名中学校3年の男子生徒。2人はこの日午後2時ごろ、赤木名海岸へ向かった。海岸で遊んでいた小学生が「サメがいる」と騒いでいたので見ると、サメではなく、マグロだった。

 浅瀬だったこともあり、2人は「確保」を決意。近くに道具が見当たらなかったため、パンチとキックでマグロに立ち向かった。マグロは当然、暴れたが、しばらくすると、弱ってきたため、海岸にあったロープをマグロの尻尾に巻きつけて陸揚げした。この間、約1時間。




 あまりの大きさに2人はマグロと背比べもした。その後、大人の協力を得て近くの奄美漁協本所に運んで計量。記念写真も撮影してもらった。駆け付けた住民からは「すごい」「こんな大きいキハダマグロは見たことがない」と歓声が上がった。

 マグロは居酒屋の主人がさばいてくれ、近所に配った。中学生2人もマグロステーキをいただいた。住民は元気な少年の活躍に感心し、感謝していた・・

(source: 南海日日新聞 - 中学生がマグロ「獲ったどー」 174センチ、97キロ、素手で格闘  奄美市笠利町




・ぅむ!元気でよろしい!子供はこのくらい活発なのがちょうど良い。

・うわ〜すごいね。でも弱ってたってことは、食べても大丈夫だったのかな。
何はともあれ凄いね。

・マグロも大きいけど子供達も大きいなー
虐待とかイジメのニュースばっかりだから、新年早々気持ちがいい!
怪我もなくて良かった。

・都会では考えられないお話ですね!今の時代にこんな話はほっこりしますね!

・ゲーム機で疑似的な狩ができる時代に、現実の狩りが体力をどれだけ使うか彼らは学んだことだろう
ヒトに産まれた以上獲物を獲得するという経験はなによりもの宝になるし祖先が歩んできた尊い道でもある

・キハダでこのサイズは大きい


・3億3360万円の大間の本マグロに大行列 お味は・・・