gdfy2018年大晦日のNHK「紅白歌合戦」に初出場したムード歌謡グループ「純烈」。そのメンバーの1人、友井雄亮(38)が同棲していた女性に対し、凄惨なDVに及んでいたことがわかった。友井がDVの顛末と謝罪の意を記した「誓約書」を、週刊文春が入手した・・




友井が14年頃から同棲を始めたのが、芸能界関係者のA子さん(30代)だ。一見仲睦まじいカップルだったが、ある時期から警察沙汰に発展するほどのDVがたびたびあったという。

「誓約書」で友井はA子さん側に宛てて、こう書いている。


・「紅白歌合戦」に初出場したムード歌謡グループ「純烈」


〈私、牧山雄亮(※友井の本名)はA子さんと結婚を前提に同棲生活をしている間に過激な暴力を振るい、頭、手首、太ももに大怪我を負わせてしまいました。

(中略)度重なる浮気をし、あげく暴言を吐き(中略)ご両親と結婚するまでは子供を作らないと約束もしたのに、A子さんを妊娠させ、流産させてしまい、その傷ついた体と心に輪をかけるように「逆によかったやん」といたわる事もせず、ひどい言葉で深く傷つけてしまいました〉


fyy


2016年5月に作成された「誓約書」には、友井の署名と指印が押されている。

大阪で暮らす友井の母親は「(A子さんに)怪我をさせたことは申し訳ない。平謝りせなあかんと思う。契約書の存在は聞いている」と話した。

1月10日(木)発売の「週刊文春」では、A子さんへのDVの実態や、友井が事実婚状態にあった別の女性の貯金3000万円超の使い込み、さらに別の女性との浮気などのトラブルについて詳報・・

(source: 文春オンライン - 紅白初出場の「純烈」メンバーが起こした凄惨DVの「誓約書」


uj88


・芸能人で裏表無い人なんていないと改めて思いました。これが事実なら脱退してもらいたいし、足繁く通っているファンには包み隠さずに真実を話すべき。

・タイミングよく狙われたと思う。
でもひどいことをしたことに昔も今も変わりないと思う。
しかも5年前ってそう昔でもないと思う。
もうこれで全国デビューの幕は降りたでしょうと思う。
さようなら。
>大切なファンとの“距離感”はそのままで…純烈「2019年も僕らについてきて!」
絶対無理と思う。

・DVする人は治らないよ。カッとなって手が出るし蹴りも出る。外面がいい人も多い。せっかく紅白にも出れたのに残念でした。終了。

・友井さんのお母様まで誓約書の存在を認めているなら、ご本人が昔のことと流せる話でもなさそうですね。

・事実ならマズイよね…。
有名になると色々粗探しされるねー

・事実なら最低ですね。それに平謝りでは済まされないと思いますよ。

・昔してしまったことは消せないけど、今現在態度を改めその時のことは反省していることを直撃されても口にしていればまた、少しは世論は変わっていたでしょう。
誓約書にサインしたことはないって答えた時点で反省してないよね。この人、またDVやるね。


・《予告編》紅白出場「純烈」メンバー「凄惨DV」と「3000万」使い込み