dsfrニューイヤー駅伝(全日本実業団駅伝)優勝2回などを誇る強豪の日清食品グループ(G)陸上部が活動を大幅に縮小することが10日、分かった・・






9月に行われる20年東京五輪マラソン代表選考会(MGC)の出場権を持つ佐藤悠基(32)と村沢明伸(27)を除く12選手に退部を勧告。今春入社予定だった大学4年の2選手に対しては内定取り消しの連絡を行った。

マラソン日本記録保持者の大迫傑(27)=現ナイキ=らトップクラスの選手が所属し、近年まで日本長距離界を先導していた日清食品Gが突如、強化方針を大きく変更した。関係者によると、所属14選手のうち佐藤、村沢以外の12選手に対して退部を勧告し、競技続行を希望する選手には他チームへの移籍を支援、これを機に引退する選手は社業に専念してもらう方針を伝えたという。

佐藤、村沢の残留は本人の意思次第とされている。今春入社予定だった選手と大学に対しては謝罪した上で他チームに所属できるよう尽力すると約束する連絡があった。現大学3年生の超有力選手が入社の意思を固めていたが、白紙に戻った。日清食品Gは今年のニューイヤー駅伝で16位に終わるなど、最近は著しく低迷していた・・

(source: スポーツ報知 - 日清食品陸上部が大幅縮小、佐藤悠基と村沢明伸以外12選手退部へ…2選手は内定取り消し




・内定取り消しは酷い
ただせめてもの救いは入社後に規模縮小→退部勧告じゃなかったくらいか?にしても年明けの今になってというのは遅すぎだと思う
現役部員と一緒に取り消しになった人のフォローもしっかりしてほしいね

・日清と言えば学生の選手を育成強化する事目的としている安藤財団もありますが、そちらはどうなるのだろう。
いずれにせよ内定が決まっていた選手まで切り捨てるとは急な展開だった様ですが、現役選手共にキチンとフォローしてあげて欲しいと思います。

・このニュース、日本独特の企業お抱えスポーツが持つ問題を改めて問うていると思います。
プロとして生活出来る選手なんてほとんどいません。では他に解決策があるのかと考えると、スポーツ強豪国を参考にする事になりますが、日本では学校教育の中で「スポーツするのはタダ」という考え方が蔓延しています。
部活動の良さももちろんありますが、実はここにも日本のスポーツ感をボランティアに依存させている事の弊害があるのだと思います。
スポーツにお金を掛けられるのか、もう一度みんなで考えていく必要があると思います。

・入社前で良かったと思うしかない。会社は内定取消者をちゃんとフォローしてください

・ニューイヤー駅伝を見て経営者が激怒して
「もう、陸上なんかやめやめ!」と怒鳴り散らした感情的な結果だったのか、
冷静に「選手たちの意欲が感じられない。このままダラダラやるならやらないほうがまし」と判断しての事かわからないが、
年が明けてから選手・内定者に通知したのだとしたら、ニューイヤーの結果が今回の判断に影響したのでしょうかね。

それとも、前々から通知されていて、士気が下がった結果の16位だったのかわかりませんが。

・朝ドラでも創業者がモデルになっているし会社の業績も悪くない。陸上部内の不祥事も明らかになっていない。ということは日清食品社内の内部抗争か?
過去に仕事で付合いがあったときは、風通しがよい活力を感じる企業だと感じていたが。
内部の人、真相教えて!


・ニューイヤー駅伝