dsf1月6日、メキシコではスペイン同様キリストにちなんだ伝統的行事が行われる。日本語では「三賢者の日」と呼ばれ、クリスマスに生まれたキリストを祝うために東方から3人の賢者が祝いの品を持ってやってくるという説に倣い、メキシコでは人々がプレゼントを交換し合うという慣習だ・・




特に子供らにとっては、たくさんのプレゼントを貰うことができる特別な日になっているようだ。しかしこの祝いの日に、アグアスカリエンテスで悲劇が起こった。

午後10時18分頃、10歳の少女が自宅で首を吊っているという通報を受け、緊急サービスが駆けつけたところ、既に死亡していた少女のそばには遺書があった。その遺書は、あまりにも悲しい少女の思いが綴られていた。

「親愛なる三賢者さま。私があなたたちに唯一お願いしたいことは、私がいなくなった後、母を世界一幸せな女性にしてあげてほしいということです。私は生まれた時から母の人生に苦しみを与え、台無しにしてきました。父が家を出て行ったのは、私が原因。私が死んだあとは、母に穏やかになってもらって、あまり仕事も頑張り過ぎないようにしてほしい。」


fdse7


「私は母の幸せを何より望むから、自分の命を絶つことで母に素晴らしいプレゼントをあげようと思います。母はいつも私に『お前なんか生まれてこなければよかった』と言っていました。でも、私は母が大好きだった。ママ、大好きよ。
三賢者は本当は存在しないことを知っているけど、私はママに素敵なプレゼントをあげるね。いつか私のことを思い出して、空の上でハグしてほしい。」

地元メディアによると、警察は少女の直接の死因は首吊りによる溢死と断定しているが、死の真相については捜査が続けられており、現在行方がわからなくなっている母親を捜索中とのことだ・・

(source: Techinsight - 10歳少女「母に幸せになってほしい」と遺書を残し自ら命を絶つ(メキシコ)


dsd


・母親が最低だったんだな
生まれ変わる事があるとするなら、もっともっと優しい母親の元でたくさんの愛情とハグを貰えますように。。

・読んでいて涙があふれてきた。

・ただただ悲しい

・母親が行方不明っていうのが怪しい。
ただ、こんな遺書を残されて、その場に居られなくなって雲隠れしたのかもしれないが。

・本当だとしたら、
そんな親でも、無条件に人を愛することができるあなたは最高です。次に生まれてくるときはたくさん愛されますように。

・母親が娘を殺害後に手紙を書いて娘を自殺に見せかけるために
吊るしたんだろう。
そう、思わせて欲しい。
本当にこの手紙を残して自殺をたった10年しか生きていない子が自ら選んだと思いたくない。
どちらも悲劇だけど…

・自分も子供の頃、父親からは殴る蹴るの暴力を受け、母親からは「お前さえいなければ私は幸せになれた」とか「お前は父親にそっくりだ」「お前が出来なきゃあんな男と暮らしてない」とか言われまくった。9歳の時には遺書書いてたよ。10歳ならそのくらいの嫌味のこもった遺書書けるだろう。この母親はどっかで死に損なってるのかな?

・母親が犯人かというコメントがあるけど、違うと思うな
もしそうなら、自分が不利に思われるようなことを書き残すだろうか
家庭ではない、例えば学校で辛いことがあったなどと書きそうだ
母親ではない第三者が実は…というならまだわかるが