dftフォロワーから裏番組のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)で上原良太さん(38)、歩さん(38)夫妻の息子で「拡張型心筋症」を患い海外での臓器移植が必要な旺典くん(3)を特集したことを知らされ・・





「いま、サンデージャポンをみています。心臓移植が必要な子がいて、募金を募っていました。こういう子のためにお金使ってほしいです。この子が大人になって夢を叶えるために、大人になるために。。」などのコメントが寄せられた。

こうした声に前澤社長はツイッターを更新し「ワイドナショー見ててサンジャポ見れなかったんだけど、たくさんの人から「心臓病のおうちゃんを応援して!」とのコメントが。急いでいろいろ調べたら、これは大変じゃないですか!すぐに動きます!!」と支援に動く意向を明かした。

旺典くんは、2016年10月に「日本臓器ネットワーク」に登録したが、国内にドナーが見つかっておらず、海外で臓器移植を目指し公開募金を行っている。
目標金額は3億円でプロ野球の巨人、Jリーグの東京ヴェルディなども募金に協力している・・

(source: スポーツ報知 - ZOZO前澤社長、フォロワーからの声に反応し臓器移植の子どもを応援することを約束


・話題となっている 前澤社長の報道




・前澤社長 旺典くんへの寄付を発表


・1人の命が救えるなら素晴らしいこと。ただ、特定の個人にこういう事をしてしまうと、キリが無くなる。病に苦しんでる人はいくらでもいる。その人達がすべて前澤社長に頼ってきたら救えるのか?難しい問題だけど、影響力のある人物ならそこまで考えて行動しなければいけないと思う。

・基金を立ち上げれば良いと思うよ。
いち個人が金融機関へ行く事は中々出来ない、簡単に数千円単位でも寄付が出来れば良いなと何時も感じてたよ。
そう言う方もいるはず、試しに簡単に寄付出来るシステムの助言を前澤社長には検討をお願いするよ。
少しは個人でも、病で苦しむ子供達へ援助したいじゃないですか。

・日本で移植出来たら一番だけど、日本は臓器移植への理解が他の国と比べて全然ないし、一刻を争う病気では待ってられないよね。
頑張れ~。
海外臓器ニュースでいつも「海外の国の子供の助かる命をガーーー」とか、「金で命を買うのかガー」とか「明細だせガー」と募金をするわけでもないのに騒ぐだけ騒ぐ人がでてくるけど、まず、明細はHPに出てるし、規約に沿って精算もされてるし(昔はアメリカに振り込んだお金の清算金を持って帰れなかった事情があったが今はできる)、海外では病院は営利団体、海外でも子供が移植するとなったら募金は当たり前。
癌治療でも知人などから募金を集めるし。
高い医療費が当たり前の世界。金がなければ助からない世界。
移植はその国の子供の枠ではなく、外国人用に充てられた枠だからなんら問題ない。

・毎回 〇〇ちゃんを救う会が立ち上がると議論になる問題。本当に三億もかかるのか、親は家や車、自分たちの財産を全て売り払い親戚にも借金をし それでも なおかつ足り無いお金を募金で集めようといているのか。それをせず親の滞在費まで募金でまかない、収支報告もないままだから 批判される。
どうして心臓病の子供を持つ親だけが募金活動するのか?小児がんは?その他難病をかかえた子どもは?お金かかりますよね?
〇〇ちゃんを救う会ではなく
どの子どもにも平等に援助できる難病の子どもを救う〇〇基金みたいのがあればいいんじゃないかな。
NPO法人なのかどうなのかわからないけど
そういうの立ち上げてほしいな。

・世の中やメディアにアピールした人間だけが救済されるんじゃなく公共中立的な組織的に優先度と臓器適合性を考えたルールを国が考えてほしい。


・おうちゃんに「生きるチャンス」をください