12問題となっているのは、明石駅の南にある明石駅前交差点の道路拡張工事です。4車線の道路が交差点を挟んで2車線と急激に幅が狭くなっています。明石市によりますと、このせいで渋滞が慢性化し、事故が多発したため、道路の拡張工事を計画。用地の買収を進めてきました・・




事業は2010年から始まっていましたが、ある建物の所有者が条件面で折り合わず、立ち退きに応じていませんでした。

現在は用地買収も済み、工事が進められています。泉市長は東京大学を卒業後、NHKに入局。その後、弁護士の資格を取得しました。2003年には衆議院議員となり、犯罪被害者や無年金障がい者の救済など、人権に関する法案の成立のため活動しました。


・話題となっている 明石市長の報道




そして、2011年に明石市長に当選。現在2期目で、子育て支援や犯罪被害者支援の条例などを成立させています。当日の暴言音声には公開されていない部分があります。泉市長の講演会が運営するツイッターは、その部分を伝えている神戸新聞を引用する形で紹介しています。

しかしなぜ、2年経った今、音声データが出てきたのでしょう。そして、進退は。

明石市・泉房穂市長:「辞職に関しては、2カ月後に統一地方選挙迫ってるこの状況ですので、今回のこの一連のことも含めて、明石市民の皆さんにご判断を仰ぎたいと思っています」・・

(source: テレビ朝日系(ANN) - 明石市長はなぜパワハラ発言をした?背景に死亡事故







・暴言は、かなり過激で良くない事だが、重大事故の多発道路を改善するための用地買収を放置していた市の職員も問題があるんじゃないの?

・この市長さん、言葉は過激で必要無かったかもしれませんが、私は完成予定をとっくに過ぎているにもかかわらず立退かない方への金額提示さえしていない職員の方が問題だと思います。
怠慢。
だから公務員は、、と言われる。
金額提示さえ出来ないなんらかの事情がもしあったとしても結果が全て。
市長さんには頑張ってほしいです。

・この問題の取り上げ方が、先日の教師の暴行に似ていて
気分が悪くなった。事の本質をよく見れば、長い期間
問題を放置していた職員に問題があり、それを咎められたから
マスコミにリーク。当然市長の言葉遣いや態度はいけない。
しかし、裏を返せば語気が強まる程、死亡事故が起こっている
道路の拡幅工事を何とかしなければと真剣に考えていたと
思う。市長を庇うと言うより、これをマスコミに流し
昨今のパワハラ問題に便乗した、体たらくな職員に怒りすら
覚える。

・神戸新聞の全文掲載を見て印象が変わった。
火をつけてこい云々はたしかに暴言だけど、長年やるべきことを放置してきた担当に「市民のために」と怒る市長を簡単に責められないのでは。

・背景を知ると市長を応援したくなる。市長の発言は過激であるが、一番問題なのは7年掛けても成果を出せない職員。終いには、録音してリークするという恥ずべき行為。リークしてお金なんて貰ってないですよね?
報道機関は背景もしっかりと伝えて欲しい。

・市長が4月に選挙を控えているこのタイミングで2017年録音の音声が問題になっている。
市長の責任追及もだが、音声の出所と市長を貶めるような録音を指示あるいは行った悪意のある人物がいることが問題。
この悪意を持った人物はもしかしたら次期明石市長かもね。

・言い方の問題であって趣旨は間違ってない。一般企業ならよくあることじゃないかな。これを録音していたことに悪意を感じる。


・明石市長はなぜパワハラ発言をした?背景に死亡事故