fd5『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系)で1億円当選したシンガーソングライターの小林清美が出演。その後について語り、話題になっている・・






高校3年生のときに宝くじで1等、前後賞合わせて1億円も当選したという小林。幼少期の頃はシングルマザーで貧乏生活を送っていたようで、お年玉もすべて母親に奪われていたという。その様子をあわれんだ親戚からお金を恵んでもらっていたようだ。

そのお金を少しずつ貯め、小学生になってスクラッチくじに初めて挑むと数千円の大当たり。そこから宝くじを買うようになったという。

そして高校3年生のときに連番3枚で購入し、見事当選。未成年ということもあり、代わりに母親に換金してもらった。




その後、シンガーソングライターとしてデビューすることになった小林は、引越し費用を捻出するために母親から当選金をもらおうとした。

しかし、母親は「そんなお金なんかないよ! あてにされても困る」と激怒。思い返してみると、その当時母親が付き合っていた男性の料理が凄く豪華になっていたという。当選前は豆腐など質素だったが、当選後はカニが出るようになったよう。

結局、消えた1億円の真相はわからなかったが、小林は「当選金で親孝行できてよかった」と前向きに解釈しており、親子関係も良好だという・・

(source: しらべぇ - 宝くじで1億円を当てた女性 その後の「悲しすぎる結末」に言葉を失う


・小林清美さん



・バカな母親持って大変だろうけど、さらっと流せるぐらいだからまた当たるかもね。

・男に取られたな。

・ひどい馬鹿親。自分だったら縁を切る。

・その後も親子関係良好って…(唖然)。
ホントかよ?

・宝くじを三枚で当てるとか凄過ぎ、当たる人は当たるらしいから1億は忘れてまた買った方がいい、今度は当っても母親にはびた一文やってはダメだね、

・国税は、バカ母からきっちり贈与税徴収するように!

・典型的な搾取子ですね。愛されてないのに、それでも愛されたくて母親を許してしまうんだろうなあ。

・悲しすぎるってほどでも無い、むしろムカつきすぎる結末

・親は完全なバカ親だけど、それをサラッと流して関係良好な娘も大概おかしいと思う。100万とかなら分かるが1億やで?私なら絶対に許さんわ。

・うちの場合は社会人になってから仕送りしたお金が父親のギャンブルに消えていた。どちらが不幸なんだろう。


・バカすぎる宝くじ当選者5選