dsa2「文書が出た直後から、庁内では『この人(小室さん)はもうアウトだ』といった声が出ていました。」・・





「内容や、トラブル発覚から13カ月後の公表という時期のまずさもさることながら、秋篠宮殿下が会見で口にされた真意がまるで伝わっていない。殿下は、何かコメントをしなさいと仰ったわけではなく、あくまで『国民に祝福される状況』をご希望なのに、完全に逆効果です。庁内では、この文書は何ら意味をなさないものとして黙殺されています」

それはまた、秋篠宮ご夫妻も同じであるという。同家の事情に通じるさる関係者が明かすには、

「紀子妃殿下は、今回のコメントを目にされて『今さら何でしょうか。遅すぎます』『内容も、よく意味がわかりません』と憮然となさっていました。」


・話題となっている 小室圭さんの報道




「妃殿下はそもそも、一昨年12月に初めて金銭トラブルが報じられた際、いち早く佳代さんに電話をかけて急遽面談をされたほど、この件を問題視なさっていました。それから1年余り、ひたすら沈黙し、殿下の呼びかけにも“ゼロ回答”を貫いてきた小室さん母子に対し、積もるお気持ちをついに吐露なさったようでした」

紀子妃はまた、この文書の発表と前後して、

「佳代さんと元婚約者のトラブルについては『それを解決できたからと言って、私たちが結婚に向けて前向きになれるかといえば、そうではありません』と漏らされていました。

そうした厳しいお言葉からは、眼前の金銭問題のみならず、小室さん母子の見識こそがご一家として容認できないのだという強いお考えが、ひしひしと伝わってきました」・・

(source: デイリー新潮 - 今さら遅すぎます――「紀子さま」が「小室圭さん」釈明文書にきつすぎるお言葉


・小室圭さん なぜこのタイミングで沈黙を破ったのか



・「今さら遅すぎます」
まさに秋篠宮の対応ですよね。どれだけ皇族に対する信頼と品位を貶めたことか。
仮住まい費用と自宅改修費への批判も、小室の件を白紙撤回していればここまで強くなかった。
陛下か裁可を取り消さないから秋篠宮だけではなく今上夫妻も同類視されているし。

・皇籍離脱して結婚すればいいという意見には断固反対。
結婚=血婚。結婚して子供が出来たらその子供は皇室と血縁関係を持つことになる。その子供が結婚してまた子供が生まれたらと考えると小室の血が延々と系図に残ることになる。小室の血を系図に入れてはならない。
絶対に阻止しなければならない。破談にしなければならない。もし眞子さまが嫌だと言うなら秋篠宮が刺し違えても皇室を守ってほしい。それぐらいの責任が秋篠宮にはあると思う。

・秋篠宮夫妻もよく小室一人を悪者にできますね。

あなた方夫妻の口添えや手引きがなかったら娘と彼氏の関係がここまで続く事は無かったはず。
彼氏の警備費用、フォーダム大学留学、そして2013年6月の1ヶ月にも渡る娘とあの詐欺師男の二人で欧州豪遊させたのは間違いなくあなた方の口添えがないと出来ない摩訶不思議な事がありましたよね?
あの貧乏な小室がきっちりスーツを着て、6月下旬に成田の搭乗ゲートから降りてくる写真がネットに流出してますよ。しかも左胸には丸いバッジが付いており、首からは青い紐のIDタグがぶら下がっていました。それらは宮内庁関係者(職員)が皇族と行動を共にする時に身に付ける物と非常に酷似していました。小室の後ろには宮内庁警備職員と思われるSPの女性らしき方も写っていました。娘の欧州旅行帰国と同時期に、庶民である小室があの待遇を受けている事。国民をずっと騙していたんですね、あなた方夫妻は

・今からでも遅くはない、この話は無かったこととしますと断言された方が良いかと。
多くの国民も、それを望んでいると思いますが…。

・まだ眞子さまと小室さんの付き合いを続けさせていることに疑問を感じます。この借金の文書は、小室さんが自己弁護をしているだけ。どう見てもこの文書を見れば小室さん側がおかしいのに、眞子さまはおかしいと感じていません。眞子さまが小室さんに振り回され、国民をも敵に回している状況が続いています。これ以上、眞子さまや秋篠宮家や皇室が一般人の小室さんに振り回されるのは、見ていられません。宮内庁や秋篠宮家は一刻も早く、眞子さまをお守りするべく破談に向けて動いて下さい。


・小室さん母「行き違いあれば解消を」 元婚約者に