fd6女子プロレスラーのジャガー横田(57)と医師の木下博勝氏(51)の息子・大維志くん(12)が難関中学を受験した結果が11日放送の日本テレビ系「スッキリ」で発表され、2勝7敗だったが、医学部を持つ有名大学の付属中学に2校、合格した・・




大維志くんは父・木下氏と同じ、医師を志望している。

 1校目、医学部への進学者が多い埼玉の私立中学は300点満点で172点が合格ラインだったが、「どっちかといえば難易度は低め。受かってるでしょう」と自信満々だったものの不合格。得点は125点だった。大維志くんは「ウソでしょ?こんなに低いか?」と意外そうだった。

 2校目、医学部を持つ有名大学の付属中学校は「そうでもない。(自信が無い?)まあ…」と自信なさげだったが合格。「うれしくないですよ」と言いつつも笑顔を見せた。




 3校目、本命の広尾学園本科は、3回チャレンジができる。1回目の合格発表は、ジャガーと共に向かい、不合格。顔をしかめるジャガーの横で、大維志くんは無表情だ。ジャガーがインターネットで確認した2回目も不合格だった。

 4校目、私立の中高一貫校も3回チャレンジできるが、全滅した。

 最後の受験、広尾学園本科の3回目は定員20人に対し出願数465人、倍率23倍超という難関。受験番号がなかった大維志くんは、「悔しい。受かってる子たちは俺より頑張ってた。努力不足」と認めた。

 大維志くんは追加で急きょ、医学部がある有名大学付属中学の特進コースも受験し、合格。今回で一番の笑顔を見せて喜んだ・・

(source: デイリースポーツ - ジャガー横田の息子 中学受験は2勝7敗も…医学部持つ有名大学付属2校に合格




・2勝7敗という表現に少し違和感があるが、2校合格したのだからそれはそれで純粋に凄い事だと思う!

・いつも強気なたいし君が泣きながら父親に電話して来て、合格の喜びを知ってほしいと追加受験して合格して、子供の事を思っているいい父親だね
たいし君両親大事、家族が大事、いい息子だね。
合格おめでとうございます。

・密着取材についてどうこういう人もいるけど本人がオーケーしてるなら問題ないでしょ。
小6なら自分のことは自分で決める歳だよ。
フランスに子ども置いて日本で仕事してる雨宮塔子さんも叩かれてたようだけどあれも子どもの選択なんだよ。
取材させる親は最低だと言ってる人は子どもの意思があることがわかってない。
落ちたところ放送される覚悟だってあったんじゃないの。

・12歳で必死に頑張って得たものは大きいでしょう。我が子の中学受験を思い出し、思わず涙しました。
うちの子供達も、あの時一生懸命努力した事や、家族みんなに応援して貰った事を一生の宝物にしています。大学受験も、努力は報われるって中学受験で知ったからとコツコツ頑張ってます。
スポーツでも勉強でもなんでも良いから、必死に頑張る経験は素晴らしいと思います。そんな子を応援できて、親も幸せです。

・医者になるなら医学部のある附属で頑張ればいいんじゃない?
私立医学部まで一貫して進めばお金も物凄くかかるだろうけどね
裕福な有名人の息子に産まれてきたことに感謝するんだね