ds5NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜後8・00)の第6話が10日に放送され、平均視聴率が9・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが12日、分かった・・





大河ドラマの視聴率1桁は、昨年10月7日放送の「西郷どん」第37話の9・9%以来で、第6話での1桁陥落は“史上最速”となった。

これまで大河ドラマで1桁視聴率を記録していたのは、12年「平清盛」、15年「花燃ゆ」、18年「西郷どん」の3作品だった。「平清盛」は9回、記録したが、初めて1桁になったのは8月放送の第31話(7・8%)。また、15年「花燃ゆ」の初の1桁は第15話(9・8%)、「西郷どん」は第37話(9・9%)だった。


・いだてん



「いだてん」は初回15・5%で、0・1ポイントながら前作「西郷どん」の初回15・4%を上回ったが、第2話は12・0%と大幅3・5ポイント減。第3話は13・2%、第4話は11・6%、第5話は10・2%だった。NHKの上田良一会長(69)は7日の定例会見で「これからストックホルムオリンピックのシーンとなりますけど、放送した分しか見てないので、今後の展開に期待します」と前向きに話していた。

宮藤官九郎氏(48)の脚本は複雑ながらも緻密に張られた伏線がカタルシスを呼び、Yahoo!テレビの星取り(5段階)は平均3・52点、5点満点が50%(12日現在)と評価自体は低くはない。

裏番組は日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)=17・2%、テレビ朝日「ポツンと一軒家」(日曜後7・58)=15・2%に加え、この日はフジテレビ「四大陸フィギュアスケート選手権2019 男子フリー」(後7・00~9・00)も10・5%と普段より高かった・・

(source: スポニチアネックス - 「いだてん」第6話9・9%、大河史上“最速”で1桁に陥落



・大河の視聴層はたぶん民放なら「下町」や「仁」が好きだと思う。
題材よりは落語や志ん生パートに力入れるより、金栗と家族や仲間(足袋屋)とのやり取りや五輪参加までの嘉納やその周辺のやり取りをじっくり描いた方が
志ん生しかも明治と昭和の描写があるからその辺が散漫。
阿部サダヲからは五輪誘致が題材なんで大河層にはこっちの方が受けるかも。

・もっとわかりやすい話かと思っていました。戦前は貧しい中で欧米に負けないように努力して金メダルをつかむ。戦後も貧しい中で努力して東京オリンピックで金メダルをつかむというような古きよき日本の努力している姿をえがくかと思っていたら、なんか話をこねくりまわしすぎていてわかりづらい。そもそも、くどかんはそこまで視聴率がとれるほうではないもんなあ。

・よもや大河まで早々に一桁に転落というのは、今年に入り、視聴者の国産連続実写ドラマ離れが深刻になってきている証拠。スポーツ中継時を除いて、NHKを視ようという日本人地上波放送視聴者もだんだんいなくなってきており、先々週の北海道地区では、週間視聴率ベスト20にNHK番組が一本もなしという、前代未聞な事態まで起きている。国内で衛星契約が地上波契約を上回り、さらに海外の視聴可能世帯が国内受信契約件数を上回っている現実をもっと直視し、保有メディアの見直しに本気で着手すべき時が来ているのだ。

・大河は、内容にかかわらず見ている。
大河ファンにとっての期待の内容とちょっと違う気がする。「いだてん」の役者も達者揃いで豪華な顔ぶれ。だが、面白いかというと”大河”としては、???が付く。
これからも見続けるが、あまりワクワク感はしない。大河の歴史も古く取り上げる題材不足かもしれない。やりつくしたか。
眠っている逸材は無いものか。

・結局大河は戦国・幕末、それもメジャーな人を題材にしないとダメなのね。決して悪くない作品だとは思うが。
ただ多くの方が指摘してる様に、この作品はやっぱり大河より朝ドラ向けだ。

・他のNHK番組に「いだてん」の番宣を無理やりねじ込んでくるのが非常に不快だ!
国民の受信料を無駄にしないためにも、3月末をめどに打ち切りにするのが妥当だと思う。