134飲食店の勤務中に遭遇した出来事を描いた漫画「たいやき屋さんにて」がSNS上で話題となっています・・





たい焼き屋に来店した親子連れ。母親は両手いっぱいに荷物を抱えて、子どもの相手をする一方、傍らの父親は…という内容で、「旦那を思い出した」「荷物か子どもを抱えろ」「ドロップキックかましたくなる」「スマホをたたき割ってやりたい」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

 この漫画を描いたのは、ドングリ(ペンネーム)さんです。漫画家として活動しながら、たい焼き店で働いています。




Q.スマホに夢中になっている男性の印象は。

ドングリさん「『ありえない』と思いました。実家にめいがいるので、買い物の大変さや育児の大変さについては多少ですが分かります。店頭でああいう人を見るたびにモヤモヤします」

Q.男性はどんな人でしたか。

ドングリさん「年齢は30代前半くらいでした。ずっとうつろな目で、奥さんや子どもを見ずにスマホを見ていました。漫画には描きませんでしたが、男性はたい焼きを食べながらスマホをいじり、荷物も子どもも奥さんに任せて歩いていきました」

Q.その時の女性の様子は。

ドングリさん「子どもがぐずり出していたので、男性に構う暇もなく荷物を小脇に抱えて子どもの手を引っ張り、後を追っていました」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

ドングリさん「『ありえない』『こんな旦那さんいっぱいいる』『こんな家族見たことある』など、たくさんのご意見を頂きました」・・

(source: オトナンサー - 荷物を抱えたママが買い物し、父親はスマホを見ている漫画に怒り「キックかましたい」



・この旦那は要するに周りの見えない、考えられない「気の利かない人」なのでしょう。
おそらく仕事も大してできないタイプです。奥さんが大変。次の子どもを作ろうと思わないかも。使えない男は気が利かず稼ぎも悪く、少子化の原因になるのです。

・qdc***** | 23時間前
まさにこういう育児家事妻サポゼロ旦那と離婚しましたが、どれだけ多くの人に、でも毎月きちんとお給料持って帰ってくるんだからいいじゃない、と愚痴すらおかしいと言われたことか。。
離婚して育児家事して働いて暮らしていますが、貧しくはなったものの「どうして助けてくれないの?」というストレスなく幸せに暮らしています。

・少子化の一番の原因、男が使えない奴。
二人目なんて絶対無理。

・元夫は家の中ではもちろん、子供とお出かけする時でも常にスマホゲームをしていました。子供を乗せて運転するでさえスマホゲームをしていました。
ちょっと私はトイレに行ってくるからその間子供を見ていてと頼んで戻ってきたら子供の姿は無くスマホゲームに集中している夫の姿がなんてこともありました。
スマホゲームに関することで何回も何回も喧嘩して、3年我慢してやっと離婚しましたが今思い返すともっと早く離婚すれば良かったと思ってます。

・我が家は旦那は家で留守番。
一緒にいても役に立たなくてイラつくので

・以前ファミレスで、お母さんは幼い子供がドリンクバーからテーブルに戻る途中でこぼしたジュースの片付け、お父さんはテーブルでスマホをいじり知らぬ存ぜぬという光景をみたことがあります。
床はびちゃびちゃで子供もベタベタになっていたのに…。


・優しくて謙虚だった夫がモラハラ夫に豹変→原因を知り速攻で離婚決意