sdf6豪ラグビー選手ブライス・カートライトさん(24歳)と妻シャネルさん(20歳)には、1歳1か月の息子コア君がいる。現在、第2子を妊娠しているシャネルさんは、39週目の時にソーシャルメディアで独特の子育て法を述べ、賛否両論を呼んでいる・・





シャネルさんとブライスさんは子供の頃に予防接種を経験しているが、我が子には予防接種を受けさせたくないと発言している。シャネルさんによると「いろいろリサーチした結果」とのことだ。

「私と夫が予防接種を受けたのはずいぶん昔のことですが、それが原因でアレルギーと自己免疫疾患に罹患したんです。今はゆっくりと治しているところですが、そういう理由もあって我が子には予防接種を受けさせたくないのです。夫にこのことを伝えた時、彼は当初『子供に予防接種を受けさせないなんて』と怒りました。でも、私が勧めたスザンヌ・ハンフリーズ医師の本を読んで、夫も考えが変わったようです。」



オーストラリアでは、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州が昨年1月から、西オーストラリア州では今年1月から、予防接種を受けていない子供たちを学校側は受け入れないという法律「no jab, no play」が実施されている。
これらの州ではプレスクール入学の段階で、予防接種を受けてない子供たちは入学を許可されないことになるが、「息子が学校に入学できないのであれば、ホームスクーリングをすればいいだけ」とシャネルさんは言う。

また、生まれてくる第2子には「オムツを使用せずに庭で用を足すように教える」とネット上で発言し、ユーザーらを驚かせた。

「生まれてきた子供が、特に女の子だったらオムツを使用せずに排泄を通じた親子間のコミュニケーションを試みたいと思っています。
全ての哺乳類は本能的に巣を汚さず、母親が教える場所で排泄するでしょう? 仔猫には猫用のトイレ、仔犬には外で排泄するよう教えることと同じで、人間の赤ちゃんも親がタイミングやシグナルを見て排泄させることに問題はないと思うのです。」・・

(source: Techinsight - 「子供には予防接種を受けさせない、オムツも使用しない」 母親の発言が物議醸す(豪)


・インフルエンザワクチン(予防接種)はやる意味ありますか?



・何も知らずに産まれてきた第一子、何も知らずに産まれようとしている第二子…可哀想でならない。

・庭が臭くなりそうだ。何で庭?トイレでええやん。

・オムツは、家庭の事情だからどうでも良いが、予防接種は別です。
他の人に迷惑をかける可能性が高くなります。

・是非とも集団生活には入らず無人島でも買い取って一家で移住していただきたい。庭で排泄?衛生の観点からみても近所に住んでたら即刻退去させたくなるわ。

・このお母さんは哺乳類の母親として、お手本に庭で排泄するのかな

・外ではオムツ着用させてね(笑)家ではやりたいように育てたらいいとおもうけど…
子は親を選べない

・新生児はオムツを10回以上替えます。うんちも1日に何度もします。この子が2人目なら、オムツを使用しないで庭でトイレをさせるのが不可能って分からないのかしら?
いつするか分からないおしっこ、うんちは絶対に庭に行くまでに間に合いません。

・それが原因でアレルギーと自己免疫疾患になった。
遺伝して子供が似た体質の可能性もあるから、どちらをとるかだね。
大昔は予防接種もなかったけどその代わり生きることへのリスクは大きかった。
予防接種はリスクは減らすが、体質は千差万別だし。
ただオムツは必要でしょ。オムツは。

・銃が身近にあるのが当たり前のテキサスなんかだと子どもの誕生日プレゼントが猟銃だったりする。
オーストラリアはいざと言うとき運転出来ないと命に関わるから小学生くらいから車の運転を教える。
国によって教育や環境って本当に違うし、まぁ予防接種については変わった人だなとは思うけど親の方針と受け取れなくもない。

でもオムツは??
それと特定の医師の著書を盲信するのは賛成出来ない。

・予防接種を受けずに病気にばかりかかり、最後は幼くして死んでいく…。なんて事のないように、無菌室で育てればいいよ。


・オムツは何回耐えられるのか検証