42シリア取材中に拘束され昨年10月に解放されたフリージャーナリストの安田純平氏(44)が21日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)に出演。同局・玉川徹氏(56)と対談した・・





玉川徹氏は、今月15日に都内で行われたお笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔(38)と安田氏らのトークライブを取材。

玉川氏は、安田さんの解放後に自己責任論が出たことを本人に聞くと「シリアのことなんて、知りたくもないので、どうでもいいことを勝手にやった人だという扱いなんでしょうね」と指摘した。


・話題となった 安田純平氏の報道




さらに玉川氏は、フランスで同じようにシリアで拘束され解放されたフランス人は空港に大統領が出迎えに行ったことを例えに出し、日本だと自己責任と言われることは寂しくないですか?などと聞くと「別に安倍さんに迎えてもらいたいと思わないですけど。それは安倍さんに限らずですけど」と答えた。

さらに様々な批判について「日本の場合、ベースができていないので。報道でそれを流してもそれにのって救出しようという流れにならないから。そう思ってないから。助けるべきだと思ってないんじゃないでしょうか」とし「本人が好き勝手やった結果であって、それによって自分の税金が使われるのが嫌だって」と明かしていた・・

(source: スポーツ報知 - シリアで拘束され解放の安田純平氏、自己責任論について「どうでもいいことを勝手にやった人だという扱い」



・安田氏は帰国後の期待感が裏切られた気持ちになってるのが世間との摩擦を起こしている。あと思い込みが酷いのも原因。周りの意見はさまざまなんだから。
先ずは、ISに捕まって心配かけた事を詫びるべき。そこからがスタート。

反論するからまだまだ子供だと思うわれる。少なくとも私はそう思っている。
大人としてプロとして自覚して自分がどういう状況だったのか、それで周りにどういう影響を与えたのかを自覚するべき。フランスの大統領が、、とか全く関係ない。そのジャーナリストの方はミッションがあったかもしれないし安田氏と状況は全く一緒じゃないと思います。

自分が英雄になりたい気持ちがおありのようですが、周りの意見をしっかり聞いて対応すべきです。
貴方が思う程世間は冷たくないと思います。テレビやマスコミから注目される事に先ずは感謝すべきだと思います。

・「渡航を控えよ」と警告されている場所へ自ら出向いたのだから、そりゃ当然自己責任でしょうよ。
いくら紛争が絶えない地域であっても、危険を冒してまで報道して欲しいとは少なくとも日本人は思っていない。
それこそ安田氏は紛争に関わった国の人間であれば賞賛されたであろうが、ジャーナリズムを唱え義憤に駆られるのも結構だが、誰に何を伝えたいのかを明確にする必要があると思う。

・無謀なことをしているから自己責任論が出ているのでは?
自分に対する批判を、ジャーナリスト全体に対する批判に一般化するのはどうかと思うよ。
無謀と勇気の線引きは難しいけど、この人に関して言えば、国民の多くが前者だと感じるから、批判しているんじゃないかと思う。

・TV新聞は、野次馬でしかないような場面でも自分らのことを「報道陣が・・」などとリポートしている連中ですから、安田さん寄りの見解になる。
しかし、本人が言うように「どうでもいいことを勝手にやった人」であることは間違いない。冬山で遭難する人と同じ。

・日本の場合、距離が遠いから、どうしてもジャーナリストの必要性が薄く見えるのはあるでしょう。もしユーラシア大陸、つまり韓国や中国と陸続きで、その先に紛争国があったとしたら、もっと気になるのだろうし。
そんな国で紛争ジャーナリストやる安田さんは変わり者だし、成果がない割に堂々としすぎであるし、それは中々世間と折り合えないよね。

・テロ組織は慈善事業で人質を取るわけでは有りません、
交渉カードや身代金を目的としている事が判らないのでしょうか
どうでも良い事では有りません、 やるとテロ組織に利益が生まれるという事です、勘違いしてはいけません