ガンダム映像特集その2
ガンダム映像特集その2
機動戦士ガンダムDVD-BOX 2

著者名:
新品価格:
中古価格: ¥ 23,000
Amazon.co.jp 売上ランキング: 438
出版社: バンダイビジュアル DVD
This item is currently not available.

おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

レビュー Amazon.co.jp

   ロボットアニメだけど、戦争アニメ。身長18メートルの有人機動ロボット・モビルスーツは兵器として、機械的に量産され、次々と戦場へとロールアウトされていく。ザク、グフ、ドム、ゲルググ。はい、これ基礎教養。だけど、兵器でありながらもモビルスーツは、あたかも人のようにくねり、ひねり、うねり、意思を持っているかのように動く。本来マシンである兵器に、人間のもがき、あがき、うめきが浮かび上がる。通じあった心をねじりつぶすように、兵器は無慈悲に殺戮を続ける。つまり、情念のフィルターこそがモビルスーツであり、兵器だったのだ。主人公の手を離れ、ガンダムがひとり歩き出す、最終回のラストシューティング。そこには人間が起こした戦争という情念がたどりついた、ありうべき結末だったんじゃないだろうか。というわけで、ぜひ必見の第25話から第43話。(志田英邦)


カスタマーレビュー
アニメとしては素晴らしい
この作品の登場によりアニメの歴史が変わり、ロボットも含めその後のアニメに大きな影響を与えたことは賞賛に値する。アニメでこういう人間関係を描こうとして、そして描いたことも素晴らしい。ただ、軍内部の描き方やニュータイプの描き方は現実とは違いアニメ的だとは思うけど。でもこの作品がなければ今のアニメはないわけですから、この作品の存在価値は大きい。個人的にはアニメだからと理想や夢ばかり描く作品が好きではなく、こういう現実的な人間関係が描かれている作品は情報が入れば積極的に見るようにしている。アニメに現実的な部分を求めて作品を見るのはおかしいのだろうか。
こんな完璧な作品他にはなかったよ、
ファーストガンダムは、初放送当時視聴率があまり芳しくなかった。
私は当時小学生で、友人は「あのマンガ、ロボットが同じようなものしか
出てこないから面白くねーー。」とか言っていた。
富野由悠季氏は実際の戦争に近いリアルな戦争を描こうとしていたのである。
この作品は徹底した反戦をテーマとしているから、この作品をけなす者は、
「戦争大好き、暴力万歳!」と言っているようなものである。
最初の方は観ていない人が多かったのであるが、
後半になると、クラスの男子がほぼ全員観ていた。
でもそれでも何故か視聴率は上がらなかったようだ。
後半になると、アムロの敵側に「シャリア・ブル」や「ララァ・スン」のような
今までのアニメ作品には出てこなかった善良で優しい人たちが出てきた。
アムロは結果的にはその人たちを打ち倒さねばならなかった。
これほどの悲惨なエピソードは世界文学の方でも滅多にない。
日本文学の方でも「ララァ・スン」のような神秘的で魅力のある人物は
他にいない。
私は今回ファーストガンダムのDVDを入手して2回全部観たけど、
ストーリーは完璧で、恐らく実際にも世界の歴史はこんな風に運ばれると思う。
ネタバレになるかもしれないけど、付録の本に富野由悠季氏が
「この作品でも最終回でレギュラーキャラクターが全員戦死する予定だった」
と言っていた。でも当時のファンの中学生や高校生の女の子達が
「絶対にそれはやめてほしい」と嘆願したので、富野監督はそれをやめたそうだ。
ゆえに、この作品の真の作者は「日本民族」である、と言っても過言ではない。
ガンダムの原点!!DVD−BOX第二弾!!
DVDーBOX第二弾になります!!
値段は相当な価格ですが、買って損は無かったですし、オールドファン&まだ初期シリーズ見てない人には是非これこそ勧めたいアニメです!!

正直言って、初期シリーズ見てたら如何にseedシリーズ(スターゲイザー除く)が駄作呼ばわりされてるか分かる気がします!!こっちは真の大人向けのアニメですね!!
それに比べてseed&seed destinyは子供向けと言っても良いでしょう。
正直言ってこれを見て目が覚めた感じです。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (Blu-ray)

著者名:
新品価格: ¥ 6,061
中古価格:
Amazon.co.jp 売上ランキング: 437
出版社: バンダイビジュアル Blu-ray
近日発売 予約可

おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

カスタマーレビュー
特報
とりあえず、購入予定。
シャープな線のアニメなので、デジタル化に合っているような気がします。

「特報1、特報2」とあるけど、DVDに収録されてない本編に使用されてない画像で、バルカン砲の薬莢が大量に排莢されるやつが入ってるのかな?


HDDVDとブルーレイ
まず、メディアは単に容量アップのために使われているだけだ。次に、オリジナルの素材のアナログまたはセル画で作られたクオリティーは現在のデジタル技術からすると低い。よってデジタル加工、修正することで、画質改善を図ることになる。しかし、たとえば20年前のオリジナルの写真のネガを最新のスキャナで取り込みPhotoshopで加工しても、最新のデジカメで撮影したものには到底及ばない。当然だが、同様に、映画でも加工に限界があるのだ。加えて、次世代プレイヤーの価格、普及台数状況と次世代メディアの制作費が、価格面に反映され、また発売当初には、固定ファン層に向けた販売・価格方針もある。理屈では、買うのかどうかは、各人が結局こういったことを理解したうえで、どれほど思い入れあるのか、ということになるだろう。
個人的には、コンテンツはコンテンツであり、画質にかかわらず、すごい作品はすごいし、人を感動させるものがあると思う。いまだに画質音声ともにひどい60年代の黒澤を見て、構図やシナリオに僕は感動するし、アナログのモノラル録音のクラシックにも酔いしれる。画質音質云々でなく、作品そのものがすばらしければ感動してしまうのだと思う。
しかしこういった理屈で説明できないのが、まさにコンテンツの世界。熱烈なファンならば、理由はともかく、好きならば新しいものを買ってしまう。自分でも痛いほどよくわかる。悲しい人間の性を垣間見る気がする。
作品は間違いなく傑作!
・・・・・普通に考えて高い、
・・・・・と思う。
DVDも高いけど、中古だったら半額くらいで買えるし、
Blu-rayってそんなに金掛かるのか?
確かに高画質・良質音で見たいが、こんなに金出してまで手元に置く物かな・・・
欲しいけど、微妙な商法に手玉に取られている感がして気持ち良く買えない・・・
とりあえず信者でもない限りDVDで十分だと考える。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

著者名:
新品価格: ¥ 4,661
中古価格: ¥ 3,588
Amazon.co.jp 売上ランキング: 836
出版社: バンダイビジュアル DVD
通常24時間以内に発送

おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

レビュー Amazon.co.jp

   『機動戦士ガンダム』から始まった主人公アムロとシャアの宿命の対決にピリオドを打つべく製作された劇場用映画。サーガの流れとしては“ファースト・ガンダム”『機動戦士Zガンダム』『機動戦士ガンダムZZ』に続くものだ。ジオン公国壊滅後、一時はアムロとともに戦ったこともあったシャアは、やがて地球連邦に絶望し、ネオジオン軍を興し、宇宙世紀0093年、地球に宣戦布告。小惑星アクシズを地球に落下させようと企てる。アムロはその野望を食い止めようと、シャアと最終決戦を挑む。
   『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督にも多大な影響を与えたと言われる本作、ドラマの焦点はニュータイプとして覚醒しシャアについた少女パラヤと、ブライトの息子との愛憎にも及び、若者たちの未熟さが招く惨劇をも直視していくことで、壮大な宇宙を舞台にした骨肉の人間ドラマとしても屹立させていく。(増當竜也)


カスタマーレビュー
せっかくいい話なのに絵のぼやけが・・・
なんだか凄いぼやけてます。ちょっと遠くのキャラクターの顔がつぶれてしまうシーンが続出。
20インチワイド程度のPCモニタでもガンガンぼやけるのですが、37インチのテレビで見てみるとぼやけすぎで集中できませんでした。
品質的にちょっとひどい。

なんだか、大人になってまだガンダムなんか見てるヤツにはこんなモンで十分だろ、どうせコレクションして見やしないだろう的な仕事ぶりにそれはどうかなと思いました。
これを作った人たちに聞いてみたい。

大人になってガンダムを見る行為よりも、仕事をちゃんとしない大人であることの方がよほど普通じゃないんですがその辺理解しているんでしょうか?
モビルスーツはかっこいいが・・・
 この作品をもし見るなら、やはりファーストとZを見てからのほうがいいでしょう。その方がアムロとシャアの因縁がよく分かります。この2人の決着を描いた作品ですからね。ガンダムの機体だけを見てもファーストと同じくらい私は好きですね。ZやZZも悪くないけどνガンダムはやはりかっこいい。感想の中にはファーストに似てるだけと言う人もいるようですが、それだけファーストが完成された機体であるということだし、何よりνガンダムはアムロが開発時に協力しているという設定もいいです。他のサザビーなどの機体もかっこいいですよね。内容は2人の対決については一見の価値があると思われますが、ハサウェイとクェスの登場にはがっかりしました。この2人が物語をつまらなくしていると思います。Zのカツと同じ。見ているだけでイライラしますよ。シャアの隕石おとしの動機も定かではないし、ストーリーの展開で星2つ減らしました。
純粋で残酷な子供と子供のまま成長した大人
GyaOで久し振りに見ました。初めて劇場で観た時はかなりの違和感・不快感を覚えましたが、やはり時を経た今でも同様の感覚があります。
この作品の存在意義は、ガンダムを知り尽くしたディープなファンへの最終回答であればいい、エンターティメント性は二の次でいいという意図は充分解ります。ただ、他に表現の仕方が無かったのかなあと思うのです。エキセントリックなサブキャラを狂言回しにして視聴者をイライラさせるのは富野監督の得意技ですが、それが少年少女であるということでやりきれない気持ち悪さを感じます。
子供の純粋さが残酷な結果になったり、それを見守るべき大人達自身が実はそれ以上の幼児性を抱えたまま成長していたり、それが監督の計算にはまっていることとわかりながらも、どうしても不快感を覚えてしまい、楽しむことができません。

機動戦士ガンダムF91 (Blu-ray)

著者名:
新品価格: ¥ 6,061
中古価格:
Amazon.co.jp 売上ランキング: 587
出版社: バンダイビジュアル Blu-ray
近日発売 予約可

おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

カスタマーレビュー
一般普及向けではない?…ガンダムファンの為のBIu-ray!
ガンダムがBIu-rayでリリースされることは
素直に喜ばしいことだと思います!
今回はDVDとセット販売ではなくBIu-ray単品でのリリースです
単品になってもこの価格?喜んでいいのか悪いのか?
…それにしても値段が高い!…高い事は重々承知ですが…

BIu-ray作品は当たり外れが多く発表されたスペックだけでは
視聴するまで解りません…ただ実写映画と違いガンダムはアニメなので
充分に手を加えて頂けると思います!
先行したパトレイバー等はBIu-rayで見事に生まれ変わりました…
まさか、ただアプコンして当時の映像のままリリースなんてことないですよね?
今回は何といってもガンダム、手抜きは有り得ないはずです!

F91は新世代ガンダムの走りです…
BIu-rayで見事に生まれ変わり、値段分の価値ある
リニューアルを期待します!
期待大!でも高すぎるよ。
本来はTVシリーズになるはずだったのが紆余曲折で劇場版のみになってしまったF91。
自分としては歴代シリーズでは一番好きな作品で、小型化されたMS、ジオン残党ではない
全く新しい軍隊組織クロスボーンバンガードと新世代のガンダムシリーズを感じさせる作品
でした。劇場でも4回は観た記憶があります。
ところで最近はDVDで発売されても、後日Blu-rayで発売されることが事前に告知されている
場合はDVDを買い控えてBlu-rayの発売を待つようにしています。一度でも同じ作品をDVDと
Blu-rayで見比べてしまうと、あまりの画質の差に愕然としてしまうからです。僕のように
パーソナルなAVシステム(PS3の20G版+ネット通販最安値で買ったTH-42PZ700)でさえ
これなのですから、リビングのリッチなAVシステムのテレビで見たらもっと差はハッキリ
とするはず。
それにしてもバンダイビジュアルのDVDもBlu-rayも高すぎですね。
洋画なんかだと、殆どが5000円以内で販売される量を考慮に入れても、この価格差には疑問
を感じます。もしかして高くてもオタクは買うだろうと思ってのこと?
ついに腹を決めたようですね
宇宙世紀0123
スペースコロニー「フロンティア-4」を舞台に
クロスボーンバンガードを名乗るMS部隊が
襲来することから始まります。

家族の愛憎と絆、人間関係の綾など
2時間という尺では収まりきれない内容です。
(もちろんMSの戦闘もあります)
いよいよ『ガンダム』系を『ブル−レイ』だけに
投入する模様のBV!HDリマスターしたものは
しばらく作らないで下さい(笑)
(フロンティア4の4は数字じゃありません固有名詞なので悪しからず)

機動戦士SDガンダム コレクションボックス(初回限定生産)

著者名:
新品価格: ¥ 18,656
中古価格: ¥ 18,200
Amazon.co.jp 売上ランキング: 2176
出版社: バンダイビジュアル DVD
通常24時間以内に発送

おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

カスタマーレビュー
SDガンダム万歳
やっと出た!待ちに待った!
こんなうれしいことはありません!!

見たことない映像もあったのでとてもうれしいです
今に劣らぬ、ギャグの世界・・・
ああなんであの時堪能しなかったんだ当時の私!!

一番好きなのは暴終空城と忍者合戦です
カッコよさとおとぼけが混ざり合った池田氏を見れるのはこの農丸だけ!
バーサル騎士ガンダムは・・・
予約して購入しました。第1部 激闘編だけ、見ました。懐かしさに思わず笑いました。(途中から記憶がない)が、第2部以降は全く覚えてませんし、騎士ガンダムなどの作品は知らなかった。年末年始の休みにかけて、ゆったりと鑑賞します。特典のバーサル騎士ガンダムは(製作したいけど)限定商品なので、造りたくても造れない気持ちに煽られる。けど全く観た事がない人!知らなかった人には、オススメのDVDです。
待ってましたが!
みんなが待ちに待ったDVD化!
しかし『SDガンダム猛レース』が収録されてないのは残念すぎる・・・一番お気に入りの話だったのに。後にデジタルリマスター完全版と言って出てくるのではないかと思うと購入に踏み切れない。特典も元祖からBB戦士になったのは残念だった(BB戦士は壊しやすいので)。
と、いろいろ不満もありましたがSDガンダム大好き(信者)なので予約してしまいました。

  
Posted by gundam_s at 21:15ガンダムDVD
ガンダムの映像特集です。
機動戦士ガンダム 劇場版メモリアルボックス

著者名:
新品価格: ¥ 13,985
中古価格: ¥ 17,000
Amazon.co.jp 売上ランキング: 11
出版社: バンダイビジュアル DVD
通常24時間以内に発送

おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

レビュー Amazon.co.jp

   1980年代初頭、日本中をガンダム・ブームで包み込んだ『機動戦士ガンダム』ファーストの劇場版3部作をDVD・BOX化。嬉しいのは、今回は音声がオリジナル版であること。既発売のものがオリジナルとは大いに異なるアレンジ演出のなされた音声リニューアル版だったために、多くのファンの間で物議を醸していただけに、今度こそDVDの決定版として歓迎したい。地球とジオン公国との1年戦争に否応なく巻き込まれる若者たち。その中でニュータイプとして覚醒していく主人公アムロ(古谷徹)の繊細な心理が過酷な戦闘と共に綴られ、観る者を熱く感情移入させてくれる。TVシリーズの総集編という枠を超えて、秀逸な再編集と新カットの挿入、第3作『めぐりあい宇宙(そら)』に至っては75パーセント作画を新たに描き起こしているだけあって、そのクオリティもさらに高まっている。今なお続くガンダム・シリーズの原点、未見の方はこの機会にぜひ!(増當竜也)


カスタマーレビュー
10代へ、今だからこそのガンダム
レビューを書く気はなかったのですが今の若者(ファーストを見たことの無い)がファーストガンダムは昔の作品だ、オタクの代表だとか言っていることを周りで良く聞き(その割りにSEEDとか見てたりする)確かにそうかもしれないがどんなに凄い作品なのかという事が理解されない。

当時もてるだけの宇宙理論、人間社会、ロボット工学、自然環境、人間の進化論、戦場の人間ドラマ、が詰め込まれた作品でした。
 人口が増加し地球が環境汚染で宇宙に移住するしかない状態となりコロニーに世界人口9/10が移住させられ、発言権は地球に住む裕福な者たちにより支配されそれに反抗した宇宙に住む人たちが権利を獲得する為に戦ったという作品。

現在の環境汚染-気温上昇により穀物が育たなくなり(オーストラリア・アメリカでかなり深刻)、北極の氷がなくなり始め(下手したら今年なくなります)、海面上昇、アジアの人口増加、一部の富裕層が世界を動かしているという事実は正にガンダム世界に近い状態である。
今このまま行けば、物価上昇し人間の精神が平和を唱える余裕などなくなり世界の物資を奪い合う(資本か戦争により)でしょう。
 裕福な人は好きな物食べ、好きな事が出来るが、お金の無い人たちは出来ない世界がすぐそこまで世界中に、そして日本に来ている。そうなれば治安悪化→内紛となって行くでしょう。そんな世界観は小学生の時ガンダムで学びました(中学校では点数の取れる授業・戦争は過去の行為、としか習わなかった為なぜ戦争が起こっているのかは教えてもらえない)

未来を予想して作られた宇宙戦争の中の人間ドラマそれがファーストガンダムであり、ガンダムの世界が今、形は違えど確実に迫っている。それを知る為に見て欲しい。少しでもニュータイプ、世界観、シャー、台詞、ガンダムという単語などに興味があるならこの作品を借りてでも見てください。
何処から入るかはその人次第です。これまで述べた事を感じなくてもいいのでファーストガンダムという深い世界観を味わって下さい。

出来ればこれからの世界どうしていけばいいのか?若い10代に感じて考えて欲しい。って重く書きましたが何も考えず見ているだけでも十分面白いので見てファンになってくれたらおじさんは嬉しいです。

謎なのは
なぜ

出演: 鈴置洋孝, 古川登志夫, 永井一郎, 古谷徹, 池田秀一

と言う順番なのかだ…。
画像の鮮明さは驚嘆に値する。
これまでの書き込みにある通り、まず画像が素晴らしく鮮明である。


再生環境によってはチラつきが出る、粒子が目立つなどの指摘もあるが、
我が家にあるAQUOSの37インチフルハイビジョン液晶モニターに
パイオニアの普及型DVDからHDMI出力で鑑賞したところでは、
特にそのようには感じられなかった(私が鈍感なだけ?)

むしろ30年前近く前のアニメーションがこれほど高画質で見られることに
驚きと感動を覚え、これならBlu-ray版やHD−DVD版は不要なのではと思えたほどだ。
DVDフォーマットでこれ以上の画質を要求するのはあまりにも酷であろう。

リマスターをするに当たって富野総監督が直々に指揮を取ったとのコメントがあるが、
確かに言うだけのことはあり、このDVDにかける製作者の熱意は十分に伝わってくる。
画質だけでなく、モノラル(オリジナル)ではあるが音声もかなりクリア。


今回のDVDでは画像や音声のノイズが極限まで排除されているが故に、
余計な雑念に惑わされることなく、この作品の本来の良さを存分に味わうことが出来る。
特別版の時はレンタルで視聴したもののあまりの違和感に第一部で挫折してしまったが、
今回は最後までストレスなく鑑賞できた。

一部に「この値段なら特別版の音声も収録するべきだった」などの意見もあるが、
それこそ特別版の購入者に対してあまりにも義理を書く行為であるし、
却って非難されることになったのではと思う。


高めの価格設定やもったいぶった販売方法など「バンダイ商法」と揶揄されて久しく、
「いくら儲けりゃ気が済むんだいバンダイさんよ」と嫌味の一つも出そうになるが、
1stに限らずガンダム作品に多少なりとも思い入れのある方なら、
世代を問わずにこのDVD−BOXは「買い」ではなかろうか。


少なくとも私は良い買い物をしたと思うし後悔は全くしていないが、
より手頃な価格設定の普及版が発売されていれば星5つだった。

機動戦士ガンダム00 (1)

著者名:
新品価格: ¥ 2,953
中古価格:
Amazon.co.jp 売上ランキング: 39
出版社: バンダイビジュアル DVD
近日発売 予約可

おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

カスタマーレビュー
初期からのガンダムファンは…
そんなに面白くないんですか?自分は00からですが、かなりハマッてます。他のレビューみてると「昔のガンダムの方がよかった」とか「ガンダムらしくない」とか意味がわかりません。なんか「オレは昔からのガンダムファンだ!!オレの方が詳しいぞ!!」みたいに威張ってるようにも見えてなんか面白いです。
新しい物が受け入れられない…頭が固いということですね
アンチもまあ悪い部分ばかり見ないで・・・
とりあえず新しいガンダム・・・という事で第一話から期待と不安な気持ちで見始めましたが面白いんじゃないでしょうか。よく言われてる美形キャラの乱発は今の時代ではまあ仕方ないですし逆にヒゲ面のおっさんがガンダムエクシアに乗ってたり細木○子みたいなヒロインだったら嫌でしょ?
前のSEED-DESTINYはもう何を言われても仕方ないような作品でしたが今回はストーリーはきちんと進んでいるし毎回同じ昼ドラもなければ壊れたレコードのように同じ回想シーンを繰り返すわけでもない。
まともな作品として成り立っているわけですからあとは個々人の受け止め方次第なんですが他の感想を読んでもかなり厳しい意見・・・と言うかもう作品が憎くてたまらないような書き込みも多く見られます。毎回そんなに不快なら見るのを止めた方が精神衛生上いいのでは?とも思いますが「ガンダム」だからつまらなくても見るというのもよくわかりますし、ここはせっかく毎週30分の貴重な時間をアンチな視点で悪い所ばかり探さないで楽しめる部分も探してみてはどうでしょうか。考えさせられる部分、面白い部分、MS戦闘でも敵も味方もガンダム・・・ではなく量産機でも使い様ではガンダムを追いつめられるシーンとかもありますし面白いですよ。
これがガンダム?
このガンダムOOは、ネットカフェで友人から紹介され知りましたが、…正直「面白くなかったです。」 宇宙から1機だけ降りてきて、ロボットを簡単に倒す→バイバイ縲・って、自分には?でした。この機動戦士ガンダムというアニメシリーズは、自分が生まれた年に第一作目がスタートし、現在も人気を持っている長寿シリーズ。ですから、人気ある時代の裏物語(‘08小隊’の様な物語)とか、本来は「アニメにする予定だった」とよく聞く‘F91’などを放送すれば、と思います。Gガンダム、SEED、OOは既にガンダムではなく、他のシリーズでしょう。ただ、スタッフ・監督達が、「それ、ガンダムにしよう!」って決めたらそれはもうガンダムになっちゃいますけどね(脚本やモビルスーツ、キャラクターetc…。)

機動戦士ガンダム00 3

著者名:
新品価格: ¥ 4,662
中古価格:
Amazon.co.jp 売上ランキング: 178
出版社: バンダイビジュアル DVD
近日発売 予約可

おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

カスタマーレビュー
面白いだけでなく戦争を考えさせられる作品
作品自体はかなりよく出来ていてアニメとして見ても楽しめます。過去のガンダム作品と比べてもかなり面白い部類に入るのではないでしょうか。先のSEED-DESTINYがテーマはともかく肝心の内容が・・・な出来だったのに比べるとこちらはテーマも作品内容もしっかりしている点でかなり好感が持てます。
ガンダムも30年近く続いていれば様々な作品が生まれていますがやはり根本のテーマは「戦争」について考える作品だと思います。悪の宇宙人が一方的な理由で侵略してくるわけでなく人間同士がそれぞれ自分は正義だと主張して殺し合いをする裏には実は政治や財界など私腹を肥やすために扇動し戦争を経済活動とする者達が居る・・・という現実をこうしたロボットSFに取り入れている作品というのは貴重ではないでしょうか。
今回のOOはその辺りを特に顕著に取り込んでいるように思えます。残酷に見えるような描写もあれば非常に暗澹とした雰囲気もありますしストーリー展開にしても現実の世界情勢をモデルに取り込んでいて正直、子供にはかなり難しい内容かもしれません。
ですが実際には戦争というのはそういうモノであって決してかっこいいものでないという事を伝えるという意味ではこれでいいのではないでしょうか。
昨今ではお隣のバカな拉致国家がむかつくからと簡単に軍備増強とか戦争しようと言う人が若い世代に増えてきて(ゆとり教育の成果でしょうか?)いますし核を持つべきとか言ってる馬鹿な弁護士が政治家になろうとするような右傾化が怖い時代に戦争が決してかっこいい物でなく怖く、一部の権力者に利用されるだけのであると伝えるような作品は歓迎するべきではないでしょうか。
とりあえず応援しときます
最後まで見ないと最終的な評価はできませんが、今の所は良い感じではないでしょうか。
確かに不満点はあります。主人公に共感しづらい、サジがウザい…とか。
ですが、見方を変えるとそういった点こそ深く考えるポイントになっているみたいです。
世界には私達(日本人)と違う考えの人々が五万といます(ちゅーか何十億人ね)。果たして、平和ボケした私達が「戦う動機ある人」をそんな簡単に理解・共感できるのか?理解する努力を怠っていないか?
「世界のどこかで誰かが真剣に命のやり取りをしているのに、気にもしないで遊び呆けるサジ」の姿こそ私達の姿ではないか?彼に感じるウザったさを、他国の人も私達に抱いているのではないか?
…と問いかけられているようで、反省させられます。
最後に…正しい批判ならともかく、「作品をけなす快感」に酔いしれている人のレビューは聞くに耐えません。もう少し冷静に批評してください。
政治とは難しいのだよ…
昔々、傲慢になったヒトの言葉を神が分けたとされる様にモノの見方は人それぞれ
戦争根絶を掲げる“新興”武力組織に対して脅威と思った“老舗”テロ組織が
本末転倒な事をやったのが第7話のラストから8話にかけてのお話で
きっちり、“新興”組織が“老舗”を文字通り「容赦しねぇ」かったのは
一昔前の任侠映画と同じです。(笑)
今作の「00」はCBが行った事による波及と余波を過剰にならず、
さりとて判別できないほどではなく描かれているので
「なんで、こうなるの?」といった展開が少ないのは、
続けられるだけ続けるというコンセプトだからでしょうか(笑)
この巻で、提示される新たな謎、スメラギさんの過去の事件と本名
ティエリアの人称変化の疑問、刹那とサーシェスの過去の因縁。
ロックオン家(偽名)の墓参りとフェルトの両親(個人的には何故偽名を使う○谷さん!)
「私は監視するだけ」とのたまうアレハンドロ氏もうずうずしているようだし
アレルヤとハレルヤと超兵(ストレートですね)の関係とプトレマイオス内の痴話喧嘩(?)
などなど1stシーズン全7巻の中間地点、後の4巻15話(第7巻は3話収録らしい)を
観て振り返ったとき、あぁ、これの伏線だったのねと「罠」をかけてほしいものだが…


機動戦士ガンダム00 2

著者名:
新品価格: ¥ 4,662
中古価格:
Amazon.co.jp 売上ランキング: 149
出版社: バンダイビジュアル DVD
近日発売 予約可

おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

カスタマーレビュー
わけわからん と思う人が、わけわからん

なぜワケが分からないのか…
なぜSEEDと同じ、と思うのか……

見れば分かるだろうに(・ω・;)


内容が一話一話とても濃く、そして話が重い…


面白いですよ。
テーマはやはり反戦ではないかと
これまでのガンダム作品に比較しても現実の世界情勢をモデルにした設定も多く、あえて年代をガンダムサーガの始まりであるはずの宇宙世紀より以前にした事も未だ人類が地球連邦のような一枚岩(形だけでも)になれず互いに自己の利権を求めて争い続けている・・・という設定にしたかったからではないでしょうか。そうした意味ではこの時代に既にザクを超えるような超高性能MSが跋扈している本作は完全に既存のガンダムワールドからはかけ離れたパラレル・ガンダムと言えるかもしれません。ただ、共通して言えるガンダムのテーマは「戦争の現実」から来る「反戦」だと自分は思うのでやはりこの作品もガンダムなんだなぁと言えるんじゃないでしょうか。
作品内容はまあDVDを買おうという人ならまずアニメをチェックしているだろうからあえて詳しく解説しませんし見た人それぞれに感想もあると思うので簡単に言ってしまえばリアルな戦争を描きつつエンターティメントとしてのロボットアニメという側面もしっかり持っています。
テーマは先のSEED、SEED-DESTINYが言いたかった事と同じように戦争の本質=権力者、財界などが経済活動を目的に戦争を起こし、扇動していくという事実を伝えたいのだと思います。SEED系では結局萌えキャラ達によるつまらない恋愛昼ドラ展開や劣悪な回想シーンの使いまわしでテーマを伝える所ではありませんでしたが今回のOOではSEEDシリーズを反面教師としているのかSEEDで言われていた苦情部分を特に考慮して作られているように思えます。萌えシーンなどは恐らくスポンサーに要求されて仕方なく入れる部分以外は極力減らして戦闘シーンはアニメらしくかっこよく、ドラマシーンも難しい部分もありますができるだけアニメ的にわかりやすく噛み砕いて進めようとする努力も見られるので評価できるかと思います。
単に美男子や美少女がかっこいいロボットに乗ってかっこよく敵を粉砕するのが見たいだけの人には向いてないかもしれませんがこれから大人になる子供たちにはぜひ見て「戦争」とは何かを考えて欲しい作品ではないでしょうか。
全く揃いもそろって。・・・
何?ここのレビューは。・・・・
作品に不満を咬ます輩は・・嫌なら見なければ良いだけの事。
それに製作サイドの一員でも無い者が
あーだの・こーだの、と罵声を叩くなら
自分で納得のするガンダムを作ってごらんなさいよっ!
自分の考える「ガンダム」を発表しなさいよ。・・
何がお望みの「ガンダム」なんでしょうか?。・・・

機動戦士ガンダムDVD-BOX 1 特典フィギュア付(完全初回限定生産)

著者名:
新品価格: ¥ 27,971
中古価格: ¥ 18,799
Amazon.co.jp 売上ランキング: 409
出版社: バンダイビジュアル DVD
通常24時間以内に発送

おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

レビュー Amazon.co.jp

   「殴ったね…2度もぶった…親父にもぶたれたことないのにっ!」。25年以上前に生まれた頂点。もはや日本中の誰もがこの作品の偉大さについては納得せずにはいられないんじゃないだろうか。大量殺戮のあとの疲弊した戦場で少年少女たちが、現実の圧力に。その圧力の前にねじれ、ゆがみ、ときに正されていく。「カイさん大人なんですね。だったら人を不愉快にさせないでください!」「悔しいけど、僕は男なんだな」「私の弟、諸君らの愛してくれたガルマは死んだ!……なぜだ!?」「坊やだからさ」。皮肉、達観、覚悟。ああ、名言100連発。声に出して読みたい日本語。あらゆるシーンが胸にしみこんでくる。これはもはや基礎教養、常識、ルールのひとつ。誰もが学び、活用し、乗り越えなければいけない歴史の通過点なのだ。(志田英邦)


カスタマーレビュー
歴史を変えた作品
この作品が後のアニメ界に大きな影響を与えた事は賞賛に値する。それまでのアニメが描かなかった現実的な人間関係を描いた事が最も大きな功績と言えるだろう。ただ、軍内部の人間関係やニュータイプの描き方はアニメ的な描かれ方だと思うけど。でもこの作品がなければ、他のガンダム作品も製作されず、この作品がファーストと呼ばれる事もなかった訳だから作品の存在意義は大きく他と比べられない。
この作品に対する扱いで個人的に疑問に思うのが、関係者が話数短縮ではなく公式に打ち切りと認めた事。色々事情はあっても物語は一応完結しているのだから、打ち切りの意味を考えたらその判断はおかしいと思うのですけど。それともまだ続きがあるのでしょうか。
弱者に厳しい世の中
ガンダムに限らず、 総じて一般的に、 DVD-BOXなどと銘打たれるアイテムは、 何故か高額な価格設定がなされる。


わたしのような、 おバカなカモ……もとい、 一般庶民な消費者などには、 その“内情”など、 知るすべもない。


ただ、 一言言わせてください。


「……高くて手が出せません!!」



むろん、 買えなくはないですよ、 買おうと思えば…。 ただ、お金一万円稼ぐことは、 大変なことです。 血と汗と、 涙の結晶です。 なめちゃいけません。


全く正当な価格設定ならば、 文句は言わずに買いますが、 素人目に大分暴利が過ぎるんじゃないかと……。


某社のボーナスに還元されていたらと考えると、腹立ちますね。


人の「想い」を食い物にしちゃあいけません。
値段が高い
話は、未来の戦争を真面目に書いたという感じ。ドラマ性は薄く。兵器やらメカなんかがリアルに描かれている。私個人としては、単なるロボットもので、絵も荒れてるザンボットのほうがドラマ性があり、好き。ガンダムは絵柄は好きなんだけど、キャラクターの性格があんまり好きではない。子供の頃は好きだったんだけど、再放送のビデオ見て、それほどでもないなぁって感じでした。それでも、値段が安かったら、買うつもりだったんだけど、あまりの高さにやめました。全43話で、7万円位でしたか?これなら、エヴァン、もう1セット買ったほうがましって気がする…

  
Posted by gundam_s at 21:14ガンダムDVD
eBOOKOFFでガンダム特集を開催中
eBOOKOFFでガンダム特集を開催中



今、eBOOKOFFでガンダム特集を開催中!!
お手ごろ価格で購入可能です。  
Posted by gundam_s at 14:45ガンダムDVD
ガンダムプラモ
ガンダムプラモ
これが、ガンダムプラモだ。!!
ガンダムプラモとは、勿論、ガンダムのプラモデルのことです。
背景なども一緒に作って、ジオラマにすると更にイイですよ。
ガンダムプラモ最高!!。

1/100 ガンダムデュナメス ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~

著者名:
新品価格: ¥ 1,811
中古価格:
Amazon.co.jp 売上ランキング: 2516
出版社: バンダイ おもちゃ&ホビー


おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

カスタマーレビュー
可動範囲がとにかく凄い!!
最近個人的にダブルオーがかなり熱いので、たまらず1/100でエクシアとデュナメスを購入。二体とも素組みしました。
その二体と過去のガンプラからの比較ですが、このデュナメス…

『ハンパなく動く!!』

です。デザイン的にもイメージ的にもエクシアのほうが動きそうですが、そこは改良が加えられたのでしょうか?ポーズの自由度がスゴイです。
エクシアより優れた点を具体的に箇条書にすると、

・足の接地性が高い。
・フトモモをほぼ水平にまで上げられる。左右にも必要十分に広がる。
・首周辺にスペースがあるので、表情が豊か。よりうつむける。
・なので、片膝をついた狙撃ポーズが難無く取れる!!(←高ポイント)
・中の人が三木さんだ(笑)


まさかデュナメスがここまでアクションできるとは思ってもいませんでした。MGシリーズに勝るとも劣らない可動範囲ですo(^-^)o

残念な事と言えば、肩アーマーが挟み込み式な点くらいかな?間違いなく値段以上の価値があると思います!
最新のガンプラなので塗装もしやすい構成ですし、手を加えれば更に動きそう。
改造してオリジナルの武器なんかも似合いそうなデザインですし、稀にみる逸品ですよ♪
作った感想
動きはエクシアほどではないけど1/100としてはよく動き、色分けはシール使うけどほぼ再現されてると思います。
満足!
久しぶりに買ったプラモですがこれが非常に良作でした。
塗装しない自分としては色分けが劇中と大差ないのは嬉しいの一言。
GNビームピストル、GNスナイパーライフル、GNビームサーベルと武器も豊富で、
間接稼動域も広く膝立ちや色々なポージングがとれます。
良作と思える出来に満足です。
見た目に何ら問題はありません。可動も腰回転するし、GNフルシールドも劇中のようによく可動します。頭部の差し換えなしで遠距離射撃体制にできる点も素晴らしいものです。しかし肩の関節がヘタレやすくちょっとしたフルシールドがなんだか情けない感じになってしまうので対ヘタレ対策をするべきです。また頭部の黄色いV字は動かしすぎるとヘタレて下がってしまうのでよう要注意
期待していたのに
1/100のエクシアの出来が良かっただけに期待して買ったのに出来はあまりいいとは思いませんでした。
たしかにプロポーションはいいのかもしれないけど、各面のダルさ、特にC面は全然シャープでないです。全ての面において一皮向く気で削り直さないとダメだなと思ってます。
また各所の関節は1/144とあまり変わらないどころかHG以下のように感じます。
これじゃ同時期に買ったHGヴァーチャの方がかなり良く見えます。(シャープだし)
MGまでとはいかないまでもせめて先に出たエクシア並みのクオリティを持って出してほしかったです(残念です)
今後のバンダイに期待するからこそ辛口で書いてます。
この後出るであろう1/100ヴァーチャに期待してます!!

HCM-Pro45 ガンダムデュナメス ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~

著者名:
新品価格: ¥ 1,205
中古価格: ¥ 3,500
Amazon.co.jp 売上ランキング: 2209
出版社: バンダイ おもちゃ&ホビー
通常24時間以内に発送

おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

カスタマーレビュー
あー!おしい!!
ハイコンとしては最高水準のデキだと思います。文句なしに星5つ!!

ただ、残念なコトに設定にありOP映像でも使用してる両手装備のビームピストルが付属してません。
一応ビームサーベルとビームダガーはありますが、近接戦闘用武装も欲しかったです。

自分はいろいろ考えた挙句、『EMIAストライクノワール』のビームピストルを装備しました。
ちょっとオーバースケールではありますが、とりあえず満足です。
これはカッコいい
エクシアと一緒に買いましたが、
シールドとライフル付けてただ立たせるだけで、十分カッコいいと思いました。エクシアよりほんの少し大きく、塗装のはみ出し等もほとんどありませんでした。自立もちゃんとしてくれます。
『デュナメス、目標を狙い撃つ!!』
見た目は商品画像のようなひょろ長いイメージはありません。
足は長めですがそれなりに肩幅もあり、均整は取れています。

可動に関してはHCM-Proの最新作としては申し分なく、
特にGNスナイパーライフルを無理なく構えるために
上腕部の先/手首のボールジョイント/手首の付け根と
手首の部分だけで3箇所の可動部があり、
90度近くまで曲げることが出来ます。

それとマスターガンダムやガンダムデスサイズヘルのアクティブクロークや
西部劇のガンマンたちのマントを髣髴させる
GNフルシールドも印象的です。

劇中と同じようにGNフルシールドを前面に展開しながら
正面の敵にライフルを向けられるように
シールドの一部に可動部が設けられています。

それだけ劇中の装備を再現しているのに
他の方も書かれているGNビームピストルが付属してないのは
非常に残念でなりません。

あとは顔の塗装のはみ出し具合ですね。

自分が店頭で見た限りで塗装のはみ出しがないものは皆無でしたので
諦めてガンダムマーカー等で修正するのがお勧めです。

製品の出来としては非常に高いレベルながら
ちょっとしたマイナス点が多いということで
評価は星4つとさせていただきます。
今後もかなり期待
デュナメスを購入しましたが、これを見て今後のダブルオーのシリーズにかなり期待できます。まず、GMシールドがあるか無いかでだいぶ変わると思います。かなり気に入ってます。次に可動です。かなり工夫されていて銃も難無くかまえることができます。このような利点から次のキュリオスとヴァーチに期待をよせられます。
意外や意外
エクシアと一緒にお店で選別して買ってきました。
デュナメスの可動箇所ですが、GNスナイパーライフルを自由に持たせることを前提にかなり考えられてます。可動箇所探しが楽しいです。
ちゃんと仰向けになって上空を狙撃するポーズも再現できます。かっこいいです。
エクシアのように腰をひねることができないということもありません。個人的には格闘戦用のエクシアこそ腰のひねりが重要だと思うんですが……。
【エクシアにも腰の水平の回転軸と、腹の部分で微かに前後に傾ける関節があるとご指摘を受けました】
肩の後ろ側につけるシールド(GNシールドB)は説明書の書き方が判りにくく、私はパーツを眺めて推理するはめになりました。
武器はGNスナイパーライフルとGNビームサーベルのみですが、アニメのストーリーが進むにつれて武装が追加されそうで不安です。
塗装は手首以外はそこそこ大丈夫でした。選別したので当たりを引いたかもしれませんが。

で、気になったところです
腰の後ろに装着するブースターはゲート跡がしっかりと残ってました。
ちゃんと削り取ってちょこちょこ塗装してやりましょう。
実際に遊ぶときにはあまり目立たない場所なので、気にならない方はスルーでいいかもしれません。
メカ設定が原因かもしれませんが足首の部分が細くてルパン三世を思い出します。もうちょっと装甲で隠せれば嬉しかったです。もっとも可動範囲の確保という意味ではこれが正解なのかもしれません。
あと、手首が華奢で手首を取り替えようとしたときにいきなりボールジョイントが千切れました。幸い、千切れた部分をボールジョイントの凹みから取り出すことができたので瞬間接着剤で事なきを得ましたが、埋まったままになるといきなり遊べなくなるので取り扱いには注意しましょう。エクシアのほうも気をつけた方が良いかも。
デュナメスは色々とパーツをつけたり外したりできるので、装備を色々変えて遊ぶ派の方は、取り付け部分のへたりにも注意です。

ディスプレイ台への取り付け方はエクシアと違いますので注意が必要です。もちろん、ディスプレイ台への取り付け方はバランスを考えましょう。台ごと倒れては元も子もありません。

そういうわけで、文句は多いですが、総合的には良くできてると思います。
ツッコミどころが多すぎてレビューする気にもならないよりはよほど良いです。

機動戦士ガンダム00 マスコットロボ ハロ

著者名:
新品価格: ¥ 3,355
中古価格:
Amazon.co.jp 売上ランキング: 74
出版社: バンダイ おもちゃ&ホビー
通常24時間以内に発送

おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

カスタマーレビュー
これはいい!!!
このハロを初めて買いましたが、なかなかおもしろいです。間がうまく(たまたまかもしれませんが)家族全員がハロに夢中です。
実際手に取ってみて
サイズが掌サイズで、本編よりも小さくそれがちょっと残念なのですが、基本的にはいい出来ではないかと思います。
音に反応してお喋りしてくれるので、ついつい話し掛けてしまいます。
我が家のハロはガンダムモードに成長して、日々マイスターの名前を呼んだり、ガンダム発進!とお喋りしています。
ただ、残念なのが充電式ではないことです。
電池の種類・使用時間などもあるのかも知れませんが、アルカリ電池使用で一日遊び倒して2日も持たなかったので、これは電池代が高くつくかなと。
充電池使用出来ればよかったんですけど。
あと、個人的に00ハロ好きとしてはマイスター以外にも仲の良かったフェルトや兄さん!なども呼んで欲しかったなと…。
モードがいくつかあるのは楽しい機能なのですが、00ハロの性格が好きな人にとってはどうなのかなぁと。
個人的には、00ハロで性格固定でもう少し台詞の種類が多ければよかったのになぁ…と思ってしまいます。
でもまぁ、出来は凄くいいので★4つで。

満足出来る可愛さです!
先代までのハロは知らないのですが、とにかく可愛いです!
小さいのが残念だなと思っていましたが、届いてみると満足出来る手のひらサイズと重量感でした。
お喋りは成長モードとランダムモードで選べます。お勧めは成長モードで、シークレットを入れてノーマル・ガンダム・大佐・ギャルのモードに遊び方で自動に変化。
我が家のハロは『ガンダムモード』に成長しているようで、マイスター4人の名前やOOでのハロのセリフを耳をバタバタさせながら喋ってます!


欲を言えば充電式なら良かったかな?と。
もしくは電池が充電式乾電池が使えると良かったかな?と思い、満点は避けました。

それ以外は申し分なく満点です!

ちなみに、このハロはアルカリ又はオキシライド乾電池専用で、電池交換に+(プラス)ドライバーが必要です。



まだ未知ですが参考までに…
 実際に手にとっていない商品についてレビューするのは本来なら避けたいところなのですが、この商品に関しては、予約の関係とかがあると思うので、私の知っている限りでもう少し詳しく商品情報について触れておきたいと思います。

 このハロはいちおう<ガンダム00>仕様ということで、つまりはロックオン・ストラトスとともにガンダム・デュナメスに乗り込んでいるやつですね。
 機能としては、SEED版ハロに新機能を搭載したものになるようです。
 
 その一覧がこちら。

 ・ 感情豊か、目の明るさが変化します。
 ・ 手動で耳が回転。
 ・ 前後左右に揺れます。揺れにあわせておしゃべり♪(付属の台座使用時)
 ・ 手で転がすと、転がりながらおしゃべり♪
 ・ ランダムモード:最初から色々しゃべります。
 ・ 遊び方でハロの性格が変化します。ガンダムモード、大佐モード、ギャルモード……さらに隠された性格が!?
 ・ 足は着脱式ポーズも決められます。

 
 気になるのは、なにを差し置いても六番目の機能です。ガンダムモード、大佐モード、ギャルモードへの性格変化って、いったいどんなものなのでしょう(苦笑)。2008年1月現在、<00>で大佐の階級を持つ人は、AEUのカティ・マネキン大佐くらいだったと思いますが。
 個人的には、<ガンダム00>に出てくる「あのハロ」の性格であったら欲しいと思うわけで……。
 このあたりの機能が購入の決め手になりそうなので、もう少し詳しい情報がほしいところだとは思います。


 # 2月9日追記 
 先日、<ガンダム00>の放送時間内に、CMを見ました。 
 気になる方は見てみることをオススメします。ちなみに手のひらサイズです。
         
ハロマニアなら。
「ハロ修正!ハロ修正!」と話すかどうかは分かりませんが。
ロックオンファンなら買いでしょう!!
そして今回のハロは最初からしゃべる!

私が今持っているのは最初に出たハロ(水色)です。
前回ハロ2はよしよしする機能がついていましたがイマイチだったので人手に。。

でも今回の子はますます動きがパワーアップ!めちゃめちゃ楽しみです。


1/144 HG ガンダムキュリオス ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~

著者名:
新品価格: ¥ 1,181
中古価格: ¥ 1,103
Amazon.co.jp 売上ランキング: 2398
出版社: バンダイ おもちゃ&ホビー


おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

カスタマーレビュー
ガンプラ(というかプラモデル全般)は『オモチャ』ではない
高機動力を活かした戦闘を得意とするキュリオス。
スマートかつシャープなイメージイラストそのままに立体化され、組み上げた後も飽きない魅力がある。
エクシア同様に可動範囲も広く取られており、大胆なポージングも無理なく付けられる。
ビームサブマシンガンのグリップ分離やシールドの伸縮及びクロー展開など、武装のギミックも余す所無く再現されているのが嬉しい。
ビームサーベルのブレードは付属していないが、キュリオスは飛び回りながらライフルをビスビス撃ちまくるというのが個人的イメージの為、
特に必要には感じなかった。というか、ガンプラで商売して飯を食っているバンダイに『商売っ気むんむん』ってツッコミもアホらしいかと。
最大の特徴である変形は、強度を考慮して股関節ブロックのみを差し替えて行う。
ここは、改造次第で差し替えを無くす事が可能。
1/100キュリオス、またはSEEDシリーズのイージスやバスターを参考にすれば、さほど難しい工作ではないが、
可動軸を増やす=耐久性が落ちる・というリスクがある(ましてや小スケールゆえの限界がある)ので、
無理をしてまで改造に踏み切らずとも良いだろう。

なお軟質素材製のケーブルは、本キットでは肘関節にのみ使用されている。
脇腹と太腿のケーブルは塗装するか、他のキットから加工して流用するかしよう(その際キュリオス側にも加工が必要)。

ちなみに、この程度で『色分けがキツイ』とか何とか愚痴をこぼすなら、プラモデルをやめたほうがいい。
プラモデルとオモチャを一緒くたに考えられては困る。
『組み立てる・作る』という作業を楽しむのがプラモデル本来の在り方。
それを拒むならハイコンプロでもMIAでも買っていれば良いだろう。
面倒な組み立ても塗装も要らないぞ?……ってな。
そんなに悪くない。
自分は予約して買って、
今更のレビューですが。

タイトル通り、悪く無いです。
確かに色分けに賛否両論ありますが、
この時点(発売当初)でGNシールドが武装に変化するのは斬新だし、
色分けで非をつけるなら、塗装派の人にはそれほど苦にはならないはず。
(多分…下半身のリアを除けば)

それを前提として評価するなら★5です。
まだ1クルー目で機体の乗り換えが無い所でGNシールドのギミックがある。
可変機構の機体でこれなら満足だと思います。
グレーは塗りましょう
他の方もおっしゃる通り、素組みだと真っ白で安っぽくみえてしまいます。
しかし逆に、グレーの部分を塗装すれば、格段に見栄えが上がります。
プロポーションは良好ですし、買って塗装を楽しむのはどうでしょうか?
塗装したりいじったキットには愛着が湧くものです。
自分も4機の中で1番のお気に入りです
キュリオス、介入行動に入る!
劇中序盤では刹那&エクシアに勝るとも劣らない主役っぷりを発揮していた(笑)キュリオス&アレハレ(最近の扱いは微妙ですが;)。金銭的な理由で中々買えませんでしたが、この度エクシア等と一緒にようやく買う事が出来ました。
[プロポーション]
比較的マッシブな印象だった同シリーズのエクシア、デュナメスと違い、キュリオスは非常にスタイリッシュで正に劇中そのまんま。顔もイケメンです。ただ他の方のレビューにもあるように色分けがかなり甘いです。ランナーの関係か(?)アゴと腰の赤が無いのは仕方ないとして、肩のグレーやリアアーマーのオレンジはどうにかしてほしかったです。
[可動範囲]
可動範囲に関してはかなり優秀かと。肩がボールジョイントになっていて非常によく動き、ライフルを構えたポーズがばんばん決まります。股関節はロールはしませんがそれなりに。腰もきちんと回ります。肘、膝も問題無し。唯一足首の可動範囲がデザイン上の関係もあってかイマイチ。スタンドで飾ればあまり問題はありませんけどね。
[武装]
ライフルとシールドは特に問題無いデキ。ギミックもきちんと再現されてます。肉抜き穴が少し気になる程度です。ビームサーベルはデュナメス同様柄の部分のみ付属。ウ゛ァーチェのを流用しましょう。その他表情のついた右平手が付属します。
[変形]
一部差し替えで変形ギミックが再現されてます。個人的にもう少し脚部がボディ側に近いと文句無しだったのですが。
[総評]
色分けは甘いものの、個人的に気になる点はそれくらい。カッコいいし作りやすくて良いキットだと思います。
変形機構優先
 いざ作ってみると1/144であるにも関わらず変形機構に無理もなく、強度的にも充分と思えますが・・・

 ただ足のつま先が変形機構寄りで肉厚がなくスカスカの為、本体の重量を支えきれない感があり足を曲げてつま先立ちなんてとても無理。
 おまけに背中のパーツが重くポージングもままなりません、変形を楽しむ分にはいいんだろうけど。
 
 後、他の方の記述にもありますが、パーツの塗り別けがあまりされてなく付属のシールだけではなんとも淡白な印象大です。総評 スタイル○ 変形○ ポージング×
 値段分の価値はあると思いますが。

HG 1/144 GNアームズ+ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~

著者名:
新品価格: ¥ 4,036
中古価格:
Amazon.co.jp 売上ランキング: 235
出版社: バンダイ おもちゃ&ホビー
通常24時間以内に発送

おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

カスタマーレビュー
予想外に当たりだった
最初、模型誌の写真で見た時はあれでしたが実物を見たら予想外に良く即購入しました。
ミィーティアやデンドロビウムの様に場所を取らないのも良いです。
価格的にも複数購入しても平気そうなので、TVでは破壊されてしまいましたが、 デュナメス仕様も改造して作ってみようかと
トランザムについて
GNアームズに関しては、ソード部の肉抜き穴が気になる程度で、
色分けやスタイルなど、完成度や満足度は高いです。

トランザムモード・エクシアに関しては、ホント、
シールとゴムが色違いなだけで、まんまノーマルと変わりません。
そのまま組んでも劇中の雰囲気には程遠いです。
こだわりのある方は塗装で表現しましょう。

私は、部分塗装をした後、リアルタッチマーカーのレッドで
墨入れ、および薄いグラデーションを乗せて、その後
メタルレッドをパーツの角の部分にドライブラシで乗せてみました。

簡単な処理だけで、結構トランザムの雰囲気を出せたのでお勧めです。
出た事に評価かな?
まず、こういう終盤に出てくる大型メカの場合、ほとんどキット化は絶望的なのに発売されたのはSEEDのミーティア以来の快挙と思い、本来は3つにしたい所を★ひとつプラスしました。
内容的にはラバーパーツとシールが赤いHGエクシアとGNアームズの組み合わせで値段はちょっと高めに感じます。エクシアに関してはHG版と同じものなのですが劇中のように全身がピンク色になっているわけでもなく、肩ベルトとシールのみなのでどうも印象が違います。せめて白い部分を淡いピンク成型にするとかして欲しかったです。
GNアームズについては形状及び可動、ギミックはしっかりと再現されているのでエクシアと組み合わせるだけでなかなか遊べる内容になっています。ただし、ほとんどのパーツが挟み込みになっているので合わせ目を消して塗装まで行おうとなると大きいだけに手間がものすごくかかってしまいます。せっかくの大型キットなのだからパーツ構成とかも練りこめた筈なのですが・・・同時期に出たHGUCのνガンダムなどを触った後でこれを作ろうとすると非常にストレスが溜まってしまいます。
真・21世紀のGアーマー
大型アイテムゆえに大型GNソードやクロー部などの肉抜き部分が気になりますが、
その他にはこれといって気になるところもなく、サイズゆえのインパクトもあってカッコいいです。

エクシア本体との接続も前作のミーティアのような「小さな板ではさむだけ」ではなく、
腰部下のベース接続用のジョイントを使用しているので安定しています。

付属のエクシアは本体成型色は通常版と比べても同じようにしか見えません。。
変更点はコード部の色変え(赤)と、ホイルシールの変更のみですが、
コード部は塗装が乗り辛く、動かすとはがれやすい軟質素材製、
クリアパーツ基底部のシールにはTRANS AMモード時の細かい文字入り、と
塗装で再現するには苦労する部分が対応されているので塗装派にも多少は恩恵があります。
(そのためだけに購入するには値段は高めですが。。)

本品の売れ行き次第でタイプD(デュナメス用)も発売されるのかも?

おい、
自分は劇中の再現にうるさいです。

まずこのキットに腹が立ったのは・・・発売早すぎ。

アニメでは最終話の2分くらいしかこのドッキングエクシアはでません。しかも劇中のドッキングエクシアはトランザムなってないし!!シールドもなかったし!

先にキットかってアニメでの活躍を期待し、さらにシーン再現とかしたかったのにショック。

GNアームズ単品でエクシアの代わりにデュナメスのGNアームズも再現可能なパーツ付属とかでいいじゃん!

エクシアいらねーよ



SEEDのミーティアがどれだけゴージャスだったか・・・泣けたよ。

  
Posted by gundam_s at 15:16プラモデル
ガンダム関連のDVD
ガンダム関連のDVD
機動戦士ガンダム00 7

著者名:
新品価格: ¥ 4,977
中古価格: ¥ 4,100
Amazon.co.jp 売上ランキング: 305
出版社: バンダイビジュアル DVD
通常24時間以内に発送

おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

レビュー Amazon.co.jp

『鋼の錬金術師』の水島精二監督による、『機動戦士ガンダム』シリーズTV放映第12作のDVD第7弾最終巻。♯23「世界を止めて」♯24「終わりなき詩」♯25(最終回)「刹那」の3話収録。3国家統合軍によるソレスタルビーイング殲滅最終決戦。敵味方ともに多大な犠牲を出しながら、その果てに見出されるものとは? 正直、シリーズの出だしでは見る側の感情移入を拒否するかのような状況描写の多さに困惑したものの、刹那(宮野真守)の「俺はガンダムになる」という言葉が放たれた瞬間から、本作は新たなガンダムとしての道を突き進み、それは見事に達せられたと思う。各キャラの魅力も回を追う毎に敵味方を問わず深みを増し始めていき、戦争根絶のための争いという矛盾に満ちたテーマ性を色濃く反映するに足るものとなった。とはいえ、まだ第1期が終了しただけで、『00』の物語はまだまだ続く。第2期のスタートが待ち遠しい。(増當竜也)


カスタマーレビュー
二期が楽しみ
TVアニメのDVDを買ったのは初めてですが、面白かったです。
本編は仲間がどんどん死んでいき暗い展開ですが、戦闘は白熱していて面白いです。

特典のオーディオコメンタリーはマイスター4人の声優と監督でした。
最終話を見ながらみんなで裏話交えつつ雑談(笑)しているのですが、視聴者のように好きな場面を語ったり撃たれてみんなで悔しがったりと、本当にこの作品が好きで楽しんでいることが伝わって凄く好感が持てました。
地声で喋りまくっているので誰が誰だかわからないことがありましたが(笑)

二期は作り始めているそうなのでとても楽しみです。
初めてアニメのDVDを買いました
 昔こそ、それなりにアニメを楽しんで子供だった私も、
 小学校高学年以降は他に楽しみを見つけたこともありアニメとは疎遠に…。
 そんな私が、偶然テレビ放映を観、映像の美しさに驚愕したのがこの「ガンダム00」。
 他のアニメのことや声優さんのことなど全く詳しくない私ですので、
 あくまで映像作品の一つとしてこの「機動戦士00 7」を評価しました。

 とにかく深い!!そしておもしろい!!
 アニメなんてオタクの人達が観るイメージで敬遠していたのですが、
 この作品で価値観が180°変わりました。
 全体的に評価が低いらしい前半部分も、
 世界観を土台からしっかりと構築していくその堅実な作品構成に、
 個人的には好感すら抱きました。
 そして15話以降の怒涛の展開で完全に物語の虜に!!
 生まれて初めてアニメのDVDを購入するハメになってしまいました(笑)
 特にこの巻に納められた23話縲・5話では、感情の揺さぶられ方が半端じゃありませんので要注意。
 
 下の方のレビューにもありましたが、
 オーディオコメンタリーでのグラハムのけなされっぷりが私も残念でした(汗)
 個人的にお気に入りのキャラだったので…。
 まぁ、彼という存在はネタにされてこそより一層その存在感を増すようなので
 (数々の名言(迷言??)とかドラマCDでの扱われ方とか)、
 二期でも日本のアニメ史にその名を刻まれるような濃いキャラとして、
 自身の【グラハム・エーカー道】を驀進していって欲しいと思いますvv
 
 
 
 
 
ここで一度「終わった」彼らの物語がまた始まろうとしている。二期制の一期の幕引きとしては見事という他ない。
23話縲恪ナ終話の三話を収めたDVD第7巻。正に怒濤の盛り上がり。昔の必殺シリーズ的なバッドエンドなのだが、これは明確に「破壊による再生」をテーマに挙げ、一期のラストで「破壊」のフェーズが終了、二期では「再生」が描かれるというコンセプトの勝利だと思う。だから、最終回のEDとして前半のOP曲が再度流れたことの意味は大きい。つまり「まだだ。まだ終わらんよ。(by クアトロ・バジーナ)」ということ。

23話でロックオンが、それまでのリーダー的な役割や周りへの気遣いよりも私的な復讐心を優先させて命を落としたことについて。個人的に、それまで「頼れる中間管理職」だがどこか「出来杉くん」的な存在に感じられていた彼が、初めて人間らしく思えた。うん、刹那に託すべきものは託して、ティエリアに進むべき道を示した上で死んでいったのだから、充分に役割を全うしたと思う(アレルヤさんに対しては…、彼の背負っている業は他人が何とかしてあげられる性質のものではないから。ただ、後述するように彼の死こそが最大のヒントにはなったと思う)。

それを受けて刹那は「生きて存在を示してこそ世界を変えることが出来る」と、あくまでも初心を忘れずブレない主人公モードに。ティエリアは…、完全に冷静さを失って「後追い心中モード」に。で、よりによってコーラサワーと相打ち。かなり情けない。でも、そのことで逆に一番人間臭いキャラになったと思う。つまりは、(おそらく)人間という種を理解するためにヴェーダの生体端末として作られた存在である彼(?)が、もっとも人間的な感情である「愛」を知ったことによって「弱くて脆い不安定な存在」になってしまうという…。「ピノキオは人間になりました、でもそこから彼の苦しみが始まるのです」みたいな。二期では「ロックオンの元に行けなかった」、つまり死ぬことで楽になろうとしたがそれに失敗した彼にとっての「生きる意味」が問われることになる。非常に楽しみ。

最後にアレルヤさんだが…。彼の苦しみは「世界を変えたい」からCBに入ったのではなく、単に「戦うことしか出来ないから」という消極的な理由でガンダムマイスターになってしまったことから始まっている。そこに彼の主体性を見出せる訳もなく、「何故僕は戦うの?」と問うても誰もそれに答えてはくれないという…(ハレルヤは「人殺しが好きだから」と答えるだろうが…、それを認めたらアレルヤさんは終わってしまう)。

彼の場合は、ある時点まで「死ぬ気満々」だったのが、「ロックオンが代わりに死んでくれた」おかげで逆に「あれ?こんな死に方ってアリ?」と考えるきっかけになったのだと思う。つまり、彼は自身の生が無数の屍の上に成り立っているのをよく分かっていて(11話『アレルヤ』参照)、そのことへの嫌悪から「生きる」ことへの戸惑いがあったのだが、最後の最後で「それだけ深い業を背負っているからこそ、自分は無駄に死んではならない」と悟ったのだと思う。つまり、個人の意思やエゴを越えた部分での「天命」や「神の意志」に気付くために彼はガンダムに乗っていたのではないか、と。

ここまで書いてきて思った。おそらくこの『ガンダム00』という作品の本質的なテーマは、「人間とは愚かで不完全で過ちを犯す存在だが、それでもその『生』には意味があるはずだ」ということなんじゃないか、と。とにかく10月から二期が始まるのが本当に待ち遠しい。一度完全に「終わった」彼らが、再び自らの「生」を取り戻す物語が間もなく始まろうとしている。個人的には、「断たれてしまった絆の再生」の可能性をそこに重ね見つつ。
満腹満腹
いや面白かった。放映時は仕事で見れなかったので敢えて情報遮断してDVD観賞オンリーで
行こうと決めたので最終話を見るのが夏までかかりましたが、待った甲斐が有ったメタボな面白さを持った内容でした。ゲップ・・。最終話で不満なのはグラハムさんの扱いだけですね。刹那とああいう会話をさせるならもっと前から伏線張らないと、いかにもキャラ一個忘れてたからフィルム繋げました縲怩ンたいなところだけ違和感を感じました。グラハムさんは好きなキャラだったので残念です。
未だに色々不満な方達もいらっしゃるようですが、彼らも何だかんだ言って最終話まで観賞されたようですし、無視できないなら番組として成功したのでしょう。情報統制してたせいで、まだHPでさえ見てないので
2ndシーズンがどうなるのか自分は知らないのですが、楽しみにさせてもらいます。後、マイスターファイルに掲載されているDrモローさんの1P漫画は大笑いでしたね。
オーディオコメンタリーが・・・
二期に向かって散っていく(?)マイスター達が格好良いです(^^)/
内容もわかりやすく、絵も綺麗なので見応えがありました。
特典のCBキャラもとても可愛かったです。
ただ、25話コメンタリーの某声優さんのグラハム批判が悲しいです・・
ファンが沢山聞いているのですから、あんまりひどいこと言わないでほしいなー。
で、★4つ!

機動戦士ガンダム 劇場版メモリアルボックス

著者名:
新品価格: ¥ 8,779
中古価格: ¥ 8,490
Amazon.co.jp 売上ランキング: 592
出版社: バンダイビジュアル DVD
通常24時間以内に発送

おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

レビュー Amazon.co.jp

   1980年代初頭、日本中をガンダム・ブームで包み込んだ『機動戦士ガンダム』ファーストの劇場版3部作をDVD・BOX化。嬉しいのは、今回は音声がオリジナル版であること。既発売のものがオリジナルとは大いに異なるアレンジ演出のなされた音声リニューアル版だったために、多くのファンの間で物議を醸していただけに、今度こそDVDの決定版として歓迎したい。地球とジオン公国との1年戦争に否応なく巻き込まれる若者たち。その中でニュータイプとして覚醒していく主人公アムロ(古谷徹)の繊細な心理が過酷な戦闘と共に綴られ、観る者を熱く感情移入させてくれる。TVシリーズの総集編という枠を超えて、秀逸な再編集と新カットの挿入、第3作『めぐりあい宇宙(そら)』に至っては75パーセント作画を新たに描き起こしているだけあって、そのクオリティもさらに高まっている。今なお続くガンダム・シリーズの原点、未見の方はこの機会にぜひ!(増當竜也)


カスタマーレビュー
『リアルロボットアニメの金字塔』だからこそ
『ガンダム』だからこそ賛否両論であるし、仕様に関して個々に要望を望めば、枚挙に暇が無い。
だから、仕様に関しての個人的不満や要望については、敢えて極力離れた視点でレビューを書かせて頂きたい。


先ず、これまでのレビューで挙げられているように、画質・音声に関して大半の方が満足できるであろう水準にある事を、最大の見所として挙げておきたい。
先の『特別版』で収録されていなかった、オリジナル配役・音声での発売。
これが一番望まれていた事であるし、そのためモノラル音声ではあるが、出来うる限りクリアな音声に仕上がっていて、よほど拘らなければ充分にストレスなく視聴できるレベルにある。

画質に関しても『高画質HDプレミアムマスター仕様』という、相当な拘りが見受けられる。
筆者はあまり詳しくないので、仔細を解説する事は出来ないのだが、あまり環境の整っていない我が家で視聴しても、その違いは歴然であった。
まるで、セルをそのまま表示しているかのように発色がいいし、線画がはっきりくっきりしている。
勿論、突き詰めていけばさらに高画質に出来るのだろうが、それを昔のセルアニメでやったところで、大した効果が得られるわけではない。
セル特有の塗りムラが見えたり、キズや埃やチリが見えてしまうからだ。
これだけ高画質なら、やはりストレスを感じる事はないだろう。

BOXイラスト、インナージャケットも美麗、良質であるし、初回特典も概ね満足といえる。


『出来うる限りオリジナルをそのまま、ストレスを感じさせない、程よい画質と音声の鮮明化』
これがこの『メモリアルボックス』の仕様としての眼目であると思う。

価格は少々高めの設定だが、そういうものを望んできたファン心理を、しっかりと理解している部分は賞賛に値する。



『機動戦士ガンダム』は、当時子供のものという認識であったアニメ、とりわけそう認識されていた『ロボットもの』の社会的な価値を根底から覆した記念すべき作品であった。
今更語るまでもないのだが、誕生から四半世紀以上も経過した現在でも新作が発表され、玩具も随時新しいものが発売され、爆発的に売れている。

ロボットというものを、『軍用兵器』という概念で初めて描いたことや、兵器としての『らしさ』、モビルスーツのケレン味溢れる躍動も見所であるが、戦争を背景に、そこに生きる人間のリアルな振る舞いや、コンプレックスに満ち満ちたキャラクターの心象が、この作品の最大の眼目であろう。
戦争を肌で感じた事がない戦後世代は、この作品により、知らない世代なりの『戦争』を肌で感じて、不条理で無常な世の中を痛感したのではないかと思う。

だからこそ、今日まで色褪せる事無く『名作』と認識されてきたのであるし、ファンもノスタルジーな感情を含んだ、そういう『当時そのまま』を望んできた筈である。


ファン心理として、細やかな事に拘泥する感情は解らないではないが、拙稿述べたように、これ程にファンの中で思い入れが強い作品だからこそ、賛否両論あるのは仕方の無い事である。
この際、些細な事には目を瞑りたい。

『当時そのまま』で撃ち出されたこの『メモリアルボックス』。
これだからこそ、先の世代にも観て欲しいと思える水準にあるのではないだろうか。










次世代DVD待ちの方へ…
元々のフィルム(マスター)が16mmなので次世代DVDで発売されたとしても画質に差はほとんど無いと思われますよ。マスターの画質変わるわけじゃないから。逆シャアがブルーレイで発売されるのでDVDと見比べてみるよろし。逆シャアは35mmだけど…アニメだからねぇ。実写じゃないんだしよほど大きなTVじゃない限りそんなに変わらないでしょう。
おいらはとうぶんこちらのDVDでいいかな?今までの経緯を考えるとブルーレイで出るの5年以上先になるのでは?もしくはブルーレイより後の次世代機が出た時。笑
オリジナル版は全てのファーストファンが待ちに待った物じゃないですか♪買っちゃいましょうよ。笑

これがガンダムだよ!
皆の評価見てたら変な能書きだらけでいらつく!
俺が見た感じでは昔のガンダムその物じゃん♪
ほんで値段も三枚組ならこんなもんでしょう。
ただテレビ版のBOXには腹が立つ!バンダイ!これを見てたら値段を変えな!
「あえて言おう!買えないDVDはカスだと!」
作品としては☆5
内容は多くの人が語ってくれているので一言だけ。名作です。
DVDボックスの特典も当時を思い出して気分を盛り上げてくれます。
ただオリジナルを見るのに19000円という価格はどう考えても高すぎます。
本当にバンダイは何を考えているのか理解に苦しみます。
商売を拡げたいのなら普通に手にしやすいようにすべきと思うのですが。
そういうわけで竏窒P点です
夢を売る商売が目先の金のみなる商法
私はガンダム好きですが、なぜこの商品が星5にならないのか?皆さんの意見を閲覧し、なんとも情けないバンダイ商法に振り回されているなぁ縲怩チと思いました。バンダイは金のなる木は手放せないんでしょうね。。。裸の王様?これだけユーザー様の声がある中で当たり前のように高額商品を販売している始末。あなた達は何を売る会社なんでしょうか?夢を忘れていませんか?夢を買う金額がこれでは嫌悪感しか残らないのでは???アンケートなり色んなデーター収集してるでしょうが、その声を反映し、生かされてないから星が5つになるわけないですよね?買いたい奴は買いなさい、金の無い人は買わなくて結構ですからってことかな???皆それぞれガンダム好きで懐かしいから買いたい、好きだから買いたい、思い出詰まった商品だから買いたいと意見はさまざまでしょうが、皆ガンダムは好きですよね。なのにバンダイはなぜそのような商法を取り入れるのか?先に義を尽くし、後に利益に繋がると言う「先義後利」という言葉を知らないのでしょうか?そうなる商品なのに。。。なんとも情けないお粗末です。別に文句ばかりを言いたいわけではありませんが、今のままではバンダイと言う名前が後生に残ると思えないので意見しました。追記:星5つで入力したのですが、今みたら1つですね。。。変更できないのでこの場にて。

機動戦士Zガンダム メモリアルボックス Part.I (Blu-ray Disc)

著者名:
新品価格: ¥ 27,930
中古価格:
Amazon.co.jp 売上ランキング: 72
出版社: バンダイビジュアル Blu-ray
近日発売 予約可

おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

カスタマーレビュー
DVD-BOX版よりちょっと安いのね
LD、DVD、そしてこのBDでも、TVシリーズはゼータが第一弾。
僕はDVD竏窒aOXの時には買えず、そのまま来てしまいましたので、
これは嬉しい。
これからそろえる方も多いでしょうから、いい機会だと思います。
しかも、DVDーBOX版X3本とBD竏窒aOX版2本では、
このBD版の方が6千円ほど安いようです。
僕はまだブルーレイ環境が整っていません(笑)が、これで頑張ります♪

ちなみにこの作品は、4半世紀近く昔の作品ですので、
一部今では見づらい所も。
メカニカルデザイナーに永野護が入って、MSが有機的な形になったり、
装甲に光沢の表現が顕著になったり、黄金のMS(ナガノ博士(笑)の百式)が出たりと、
彼らしいサインがたくさんです。
可変機の全盛期でもあります。
僕が幼いころの作品で、当時連邦軍内の内乱が理解できませんでしたね(笑)。
当然ガンダムと名づく機動兵器(最初のMk竏窒Qや、サイコ)が敵ということも。
・・・あと、ティターンズ総帥ジャミトフハイマン。
彼は大将ですが、シロッコに准将呼ばわりされていたり(笑)。
いよいよ登場!ガンダムシリーズBD版!!
待ちに待ったガンダムTVシリーズBD版!!初となったBD版の
『逆襲のシャア』『F91』の画質と音質の向上さは、
年月が経過している割りに驚きの良さ!!
でしたので、今回の
『機動戦士Zガンダム』BD版もかなりの期待と画質、音質共に向上している確信がもてる為、非常に楽しみです。DVD版も持ってますので、画質の違いを確認するには良いと思っています。
今はガンダムシリーズBD版が登場した事を
喜び、これから更にガンダムシリーズBD版の登場に期待したいと思います。(興奮)
何故BDで?
今回のHD化は評価したいし、今まで持っていなかった人達ももちろんいらっしゃるでしょうから良いとは思います。
しかしZは劇場版製作にあたって原作の状態に合わせて劇場版新カットのエージングをしなければならなかった作品ですし、実際にこの頃の作品の大体はリマスターしてもDVDでリリースされています。
要するに劇場版製作当時には現在の基準に合わせられる程のレベルにリマスターする事が出来なかった作品という事なので、正直なところBDではなくリマスターDVDボックスで充分だったような気がします。
どうせBDで出してくれるなら劇場版を古いカットの差し替え、エージング無しなどを実現してリリースしてもらった方がBDの存在価値が見出せると思うのですが・・
それから私は基本的にDVDで購入した作品を新たにBDで購入しなおす事に抵抗を感じています。
それは「もったいない」とか「お金がかかり過ぎて付いていけない」という気落ちも「無い」といったら嘘になりますが、LDの頃の様に他の機器では再生出来なくなるという事がないからだと思います。
そんな経緯もあってまだ懐疑的ですが、劇場版であれだけ苦労していたリマスター作業が劇場版から何年か過ぎてどれだけ消費者を納得させられる仕上がりになっているかが今回のボックスを判定する肝になってくるのでしょうね。
本気でブルーレイのスペックの限界まで使ってくれ…
DVDはボックス3つで全13巻、リリースされている情報ですとブルーレイはボックス2つで全10巻。もう本放送から20年、「刻の涙」も流しきったでしょうからもうすこし安くしていただけると良かった。
物語は「一年戦争」終戦から7年後。UC0087ジオンの残党狩りに名を借りたティターンズの
専横に抵抗するエゥーゴの連邦内の内紛を舞台に新たな主役カミーユ・ビダンが
颯爽(?)と人間くさくかつキレまくりながら活躍します。本放送時期待されていた
シャアは今になって見ると、普通?下手するとシャアの逆襲はなかったんじゃないか?
といったくらいの行動ですね。
思えば、ガンダムのDVDボックスは「Z」からでした…このあと怒涛のブルーレイ化が
経済マイナス成長の私の赤字財政を襲うのでしょうか?
さっさとサブ○ラ○ム(DVD)の処理をしましょ(笑)
刻の涙ふたたび?
現時点での商品情報ではわかりませんが、相変わらずオーディオコメンタリーすらないようで、特に買い替えねばならぬ程の購買意欲をそそられないので今回は静観の予定です。装丁もアニメ雑誌の見開きの様でない文字通りBOX「ART」であって欲しいのですが、どうなることやら・・・

  
Posted by gundam_s at 15:02ガンダムDVD
ガンダム書籍
ガンダム書籍
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (17) ララァ編・前 (角川コミックス・エース 80-20)

著者名: 安彦 良和
新品価格: ¥ 588
中古価格: ¥ 274
出版社: 角川グループパブリッシング コミック
通常24時間以内に発送

おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

カスタマーレビュー
地球生まれのララァ
安彦さんによればララァという娘は、なかなか好きになれないキャラクターだというインタビューをかなり昔から言われていました。富野色の濃いキャラゆえなのでしょうか?ダイターンのコロスやイデオンのカララなんかと同じ富野産の女性だからでしょうか?

一方アムロには好感を感じていて母と別れ、父と再会し、ミライには「かわいそうな子」と言われるアムロですが、安彦まんがに登場する少年像にもれず、ナイーブで反骨、本性は優しい子というアムロ。そんなララァとアムロですがオリジン最終章の中では、「戦い」の中で「互い」を「解ってしまった」間がらとして描かれるのだと思います。だから、ニュータイプなんて概念はめんどくさい・・、と笑ってコメントされていたことがありました。

 安彦さんの中では、アムロなりララァに血肉の感じる描き方を予定しているように思うのです。ニュータイプの定義とされる、「宇宙に出てからの認識力の拡大」という話。みなさんお気づきでしょうがララァは「地球育ち」です。14巻でその素養を見出したのはシャアですが地球生まれの彼女には宇宙に出る前から「その才能」を持ちえていたわけです。安彦良和という作家は泥臭い作家です。古事記ではナムジが牢屋の中で幽閉され子供に帰っていくように、またかつての作品群の中でも心のうちの描写は、悲劇を体言してきた者達だからこそ「やさしさに打ち震える」ことが多く描かれています。終章に向けて安彦氏が好きな母性を描く象徴としてララァを描きたい。今巻のララァやアムロの姿を見ていると、そんな予定があるように思われるのですが。

 だからこそ、だからこそ、二人の男が戦う理由がそこにあるように思えるのです。とても泥臭い訳を丹念に描きたいと思っているのではないでしょうか。シャアとアムロにとって縁(よすが)、ララァとは二人の男の間で揺れる女であり、厄介なひとに違いありません。もし、シャアの剣でアムロが血みどろに風に舞うようになっていたら、やはりララァはガンダムの盾になったのでしょうか? せん無いことですが、たぶんアムロの盾にはならないんじゃないか、そんな風に思っちゃうなぁ。


次巻収録となりますがシャリア・ブル戦がオリジナルとして展開しています。このオリジンのシリーズは一番世間に認知されている映画版が底本としながらも、増補、改定を加えながら展開しています。長くシャア・セイラの流浪篇などオリジナルの展開が続くものですので、カメラがホワイトベースに戻ってから続く新展開こそ、安彦氏がテレビシリーズで病気で倒れた後のクールを描く展開となります。

一見、テレビをトレースしているようですが、みなさんの洞察力で見落としているところはないでしょうか ?

ユリイカ 2007年9月号 特集 安彦良和

 
手の加えようがない、秀逸なストーリー。
辛口の評価がある事を念頭に読んだのですが、とても楽しく読み終えました。
雑だと言われている絵も、言われてみればそうかな?というぐらいで、
この作品に対する期待を裏切るレベルではないと思います。
僕が気になったのは背景が簡素だったことぐらいかな。

ストーリーはほぼ原作通りで、新解釈やサプライズはありませんが、
それもそのはず。
サイド6周辺のストーリーは、やはり原作が秀逸すぎますよね。

アムロの完全なるニュータイプへの覚醒と、父親との悲哀に満ちた再開。
ガンダムのメインテーマとも言える、運命的なララァとの出会い。
はたまたミライとブライトの恋物語などなど…
その後のストーリーを決定づけ、かつ、ガンダムが伝説になった
いくつかの重要な要素が、ここにはたくさん詰まっています。
他のロボットアニメとは一線を画した、ガンダムのガンダムたる所以が
ここに凝縮されていると言えるでしょう。
なので、原作そのままというのはむしろ当然の事で、
一巻の冒頭シーンと同様、ここは手の加えようがなかったと思います。

さらに、それぞれが交わすやり取りの中に、細やかなスパイスが
加えられているのですが、それがこの秀逸なストーリーをさらに
濃厚なものにしていて、ファンにも納得の出来ではないでしょうか。
ドレン率いるキャメル艦隊やコンスコン隊との交戦があり、
戦闘シーンも多いのですが、それでも人間ドラマの方が
強烈に印象に残っているのは、作者の描写力の賜物。
特に、ブライトとミライの間にある微妙な、淡く甘い空気なんかは、
結果が分かっているにも関わらず、読んでいてドギマギしちゃうぐらいでした。
ミライとカムランの関係を複雑な思いで見るブライトの心理状況は、
アニメではちょっと分かりづらく、しかも子供だった僕らには到底、
理解出来るものではありませんでしたが、ここが非常に分かりやすく描かれていて、
個人的に、最も印象に残ったシーンになりました。
ブライト、分るぞぉ縲怩サの気持ち!(笑)
ドレンとコンスコンの、人間味溢れるやられっぷりも良かったです。

ともあれ、今回も本当に楽しませて頂きました。
いつも思いますが、この作品を読めるのはファンにとって至上の慶びです。
だからこそ、もし安彦氏の体調不良が本当であれば、とても心配ですし、
まずは体調を万全にして頂きたいですね。
僕らは長い事この作品を待っていたのですから、
今さら少々の遅れがあっても大丈夫ですよ
と言いたいです。




おぢさんに愛の手を!!!
コンスコン少将かっこ悪すぎ!
あんな無能な司令官があるかね。

私の愛するドレンも見せ場なくやられてしまった。

アムロのお父さんも悲惨なことになっているし・・・。

安彦先生、おぢさんたちに愛の手を!!!

あとはスレッガーさんに期待かなあ・・・。
原作通り
いい意味でも悪い意味でも原作通りです…が最近の話しから気になっているんですがオリジンらしい雰囲気が無くなってきていると思います
MSや人の動き、演出、何よりMSデザインが原作に戻ってしまったのが残念です…ザクのあのかっこよさは凄かったのに…(まぁこの巻では頭しか出ませんが)

あとこの巻で驚いたのはスレッガーとセイラさんが原作通りコア・ブースターに乗っていた事ですね
シャア・セイラ編でMSの能力を嫌って程出したのに何故ここにきて戦闘機?
ソロモンでの演出があるんでしょうがGMでの活躍も見たかったです…
どうしちゃったの?
ストーリ云々を論じるより、とにかく安彦さんが疲れているのが絵のタッチから伝わってきて、ずっとファンを続けてきた身としては読むのがイタイほどでした。
シャアとアムロの対面シーンやミライとブライトの掛け合いなど、コマ割りが安易な気がするんですよね。シャアとララアの戦場観戦シーンには、明らかにデッサンの狂ったヘンな顔つきの素顔のシャアが出てきています。シャアの顔もミョーに若返っているし… 今までの巻で描かれきたようなシャアの色気が無くなっていて残念です。他にもいつもの安彦さんの画と比べると明らかに質の低いコマはいくつもあります。お疲れなのかと心配です。次巻で持ち直すことを心より願っています…

機動戦士ガンダムUC (5) ラプラスの亡霊 (角川コミックス・エース (KCA189-6))

著者名: 福井 晴敏
新品価格: ¥ 672
中古価格: ¥ 330
出版社: 角川グループパブリッシング コミック
通常24時間以内に発送

おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

カスタマーレビュー
胸が躍らない読者は少ないだろう
著者と同い年、所謂ガンダム世代の私にとって
トミノ監督の手によらないにもかかわらず
ひさびさに「正統な」作品を読んでいる気がした。
(挿絵の効果も大きいとは思われるが、
 その点からすると四巻から部数が伸びないような気も・・・)

ファーストから30年近い年月が経過し
直木賞候補作家が作品を手掛けるまでの成長を
当時、誰が予想し得ただろうか?

本巻は第五巻。ニュータイプというある種
「選ばれた人間の特権的な悩み」ではなく
組織の中で歯車として疲弊しながら
それでも道理を貫こうとする大人の描き方に
骨太で、大人が読むに耐えるSFを感じさせる。

本歌取りではあるが、
それでも圧倒的な筆力で展開される物語に
胸が躍らない読者は少ないだろう。
大人たちの現実と戦い
 先日東京に出張があり、ついでに神田と浜松町の書店を回ったのだが、本書がコミックやライトノベルの棚ではなく、きちんと文芸コーナーに並べてあるのを見て(かつ、書店の店員さんの手書きによる推薦までついている)嬉しくなってしまった。さすがに東京の大書店は違う。
 これが私の地元茨城の書店だと、少数の例外を除いてコミックやラノベ扱いされてしまうのだ。福井氏ほどの実績ある文芸作家に対してあまりにも無礼な扱いではなかろうか。(まあ、いかにもアニメっぽい安い装丁も良くないのだが・・・)

 5巻に入り、いつもの福井節による”中年の大人達”の描写が更に冴えわたってきた。脇役として描かれる分、仙石曹長や並河警部補のような存在感には正直まだ至っていないが、マックール中佐、オットー・ミタス艦長、レイアム副長、ジンネマン船長など、きちんと重ねてきた年齢を感じさせる大人たちの苦衷と行動は、”子供”しか登場せず(これはキャラクターの年齢のみを指さず、描かれるキャラクターの”薄っぺらさ”、製作者の”幼さ””オタクっぽさ”をもって、”子供”という意味である)、またその”子供”の事情で世界が動いてしまう”オタク向けガンダム”にうんざりさせられてきた身は嬉しい限りである。
 
 1.2巻のレビューの際に、私は本作を「普通の現実を描ける正統派ガンダム」と評したが、福井氏の諸作品はその点で既に冨野氏を超えていると私は感じている。

 冨野監督は、シャアのように、大人になりきれない、大人になりそこなった”こどもおとな”の”痛さ”を描く点では卓絶した力を持っているが、反面”よくも悪くも年齢を重ね、どんな形であれ一本筋の通った大人”を描くのは、決して得意ではない。ファーストガンダムでこういうキャラクターを描き出していたのは、冨野監督ではなく安彦良和氏の力である。(連邦軍参謀本部のゴップ大将やレビル大将などは、安彦氏の”大人を描く力”の好例であろう。冨野監督はこういう人物が描けない)
 だから、安彦氏が演出から抜けたZ以降、冨野ガンダムに出てくる大人は、どこか”変”である。アムロとシャアは最後まで”おとな”になれていない。最後のVに至っては、どこかが”狂った”大人しか登場せず、幼い少年少女にかろうじて希望を託す内容になっている。

 これは大人になりきれない”こども大人”が多くなってしまった現代の現実の”痛い”一面ではあるのだが、一方でVガンダム以降の冨野監督が自己反省をしたように、過剰に”大人への絶望と無垢な少年少女に希望を求める”点で、危険な描き方でもあった。(現代の現実への絶望が、極端な現実否定行動への理論武装になる点で=オウム事件等)

 一方、福井氏は処女作「川の深さ」の桃山警備員以来、常に青少年と中年おじさんのコンビを登場させており(ワンパターンではあるが)、どこかダサい、しかし最後には一本筋を通せる中年オヤジを見事に描く点で定評がある。また、主人公の青少年達の行動のみで、問題を解決させておらず、必ず現実の組織内の大人達の、ささやかな行動の積み重ねで、”ちょっとだけ”現実が前進する、または可能性だけが残るというスタンスを貫いており、決して”少年少女”の言動のみによって事態が解決する形にはしていない。

 本作でもバナージ・リンクスの周りには、スタンスは様々であるけれども、それぞれに少年に生き方を、可能性を伝えられる大人達を配しており、彼らと少年との会話が各章の見せ場になっている。
 その意味では、本作に必ずしもモビルスーツといったギミックは必要でなく、基本的に人間と人間の物語である。しかし、冨野監督の小説”ベルトーチカ・チルドレン”が映画化に際して、”モビルスーツ否定である”としてスポンサー側から却下されたように、ガンダムは不幸にして”本来語りたい本質”からは、常に歪められた発信を強いられてきた。
 ガンダム・ユニコーンが文芸として成功することで、それらに対する強力な一石となることを願ってやまない。 

 いずれにせよ、福井氏が執筆に先立って語っていた”可能性”は、物語の折り返し地点に至り、少しずつ姿を見せ始めている。
 ガンダムを小説という形で発表した意味。
 ガンダムを文芸という舞台に持ち込んだ理由。
 福井氏は、それを”多くの人がガンダムという作品が獲得した普遍性に気付いていない”という表現で発信した。
 ”精巧なガンプラ””オタクっぽいミリタリー用語、世界観””華麗な戦闘アニメーション””萌える美少年美少女”・・・etc。様々な形で発信され継続してきた”ガンダム”に対して、福井氏は本質的に異なる、しかし、”本来のガンダムの可能性”を見せようとしている。
福井氏は天才
この人ほどガンダムのファン心理をわかっている人は他にいない。
憎いほどに過去の作品からの結びつきを次から次へと作ってくる。出し惜しみなんてする気は全くないのだろう。
その一つ、今回フル・フロンタルの台詞に、どう考えてもあの人としか思えない台詞が出てきた。
それもまた大興奮の場面で。あの人かも知れない人が大ピンチに陥っている。
まずあの人かも知れない人が大ピンチというシーン事態がもうたまらない!

私は福井ファンで、他の福井作品もほぼ読んだ。
そんな私は、ダグザという登場人物がダイスシリーズと呼ばれる作品からの異人であるように思っている。
今までのガンダムシリーズの中には(∀福井版を除く)いない人種だと思う。エコーズ=ダイスであろう。戦い方が完全にダイスなのだ!
これは私の勝手な感想だが、フロンタルとダグザが戦闘で絡むシーンには、ジオンVSダイス、もっと言えば富野VS福井という、異種格闘技のような大興奮を感じてしまった。
あの人(かもしれない)が920SOFに・・・・!!

そしてその戦闘の行く末に・・・次から次へと降りかかるサプライズの連続。

たまりません!!早く続きを読ませてください・・・

続きをガンダムエースで少し読みましたが、コアファンを狂わせるのを止める気は全然ありませんね福井さん・・・あなた天才です・・・。
謎は一層、深くなるばかり…
今までは手に汗握る艦隊戦やMS戦なども楽しめる、
エンターテイメント的部分も多くありましたが、
本巻では大部分が、非常に濃密な人間ドラマに割かれています。
中でも、各人物の過去を遡り、現状との因果関係が判明する部分が
いくつかあるのですが、それは当然、一年戦争からシャアの反乱に
至る過程で、各々がどのように状況に関わっていたかを辿る事にもなり、
各人物像に厚みを持たせています。
それらの登場人物達が、複雑に絡み合いながら展開するドラマが、
本巻の最大の見所ではないでしょうか。
特に前巻で、自らの『義務と責任』に目覚め、ミネバと共に
大胆な行動に出たリディが、連邦議員である父親と再開した際の
一連のシーンが、最も印象に残りました。

ただ、物語は一年戦争以降の出来事にあった背景や意味などを
丁寧に邂逅及び解説しつつ進められていますので、
それを、知識欲を満たす喜びと感じるか、複雑でややこしいと感じるかは、
読者次第かも知れません。
当然、多くのファンは前者かと思いますが…。
ちなみに僕は「あれ?どうだったっけな…」と読み返す事しばしば(笑)。

さて、ストーリーがいよいよ『箱』の核心部分に近付きつつあるのは
間違いないようですが、もちろんまだ判然とはせず、
むしろ、ますます謎は深まっていきます。
一年戦争に始まった壮大なサーガを、どうやって総括するのか?
今後も非常に楽しみですが、企画段階から安彦氏が参加していた
事もあり(本巻も表紙のみ書いています)、大きな期待が寄せられる反面、
生半可な物は容赦なく切り捨てられるのではないかと思われていた中、
コアなファンをここまで引き付ける作者の筆力には脱帽です。
大人の事情
ガンダムは一環してスペースノイドvsアースノイドの物語であるが、
これが革新派vs保守派であり、ジオンvs連邦であり、エゥーゴvsティターンズであり、
オールドタイプvsニュータイプの構図であった。その中に子供vs大人の構図も
常に存在し、ニュータイプは常に子供である。
この表現は間違っているわけではもちろんないし、子供向けロボットアニメであれば、
子供達の共感を得るため、やむをえない。

そんなガンダムシリーズにあって本作は大人のためのガンダムである。
主人公、バナージ・リンクスこそ子供だが、その周りを固める大人たちが魅力的だ。
今までのガンダムのように、ただ古い考えを持った保守派の大人として描かれているのではなく、
それぞれに事情があり、立場があり、秩序を守ろうとする大人。
このスタンスでガンダムを描くことが、これほど面白く感じるとは思わなかった。
ガンダムは成長する。
我々ガンダムを見て育った世代とともに。

蛇足ではあるが、いっそのこと主人公も30歳過ぎて急に覚醒した悩めるニュータイプにしてもおもしろかったかも知れない。

機動戦士ガンダム00 (1)ソレスタルビーイング (角川スニーカー文庫 0-75)

著者名: 富野 由悠季, 矢立 肇, 木村 暢
新品価格: ¥ 600
中古価格: ¥ 833
Amazon.co.jp 売上ランキング: 1547
出版社: 角川グループパブリッシング 文庫
通常24時間以内に発送

おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

カスタマーレビュー
思ったより出来がいい
アニメのストーリーを素直に追いつつ、キャラクターの内面描写が語りによって追加されているという感じですね。
アニメよりもさらに刹那を中心に描いているので視点的にわかりやすかった。
表情も口数も他のマイスターより少なかった刹那ですが、彼についてかなり補完できました。
若干のネタバレも含む。
世界情勢や各勢力の思惑など、アニメを通して見ただけでは自分は全然理解が足りなかったなぁ
とこの小説を読んでとにかく感じました。次巻も楽しみにしています。
ファン向けかな
アニメ作品のノベライズなので視聴者以外の方が読んでも
内容を把握できるかは微妙ですが、視聴済みならお勧めです。

アニメ本編は寡黙なキャラクターが多かったことに加え、
心理描写に関しては断片的な描写(推察は出来ても)に留まっていましたが、
小説ではキャラクターの過去に関しても突っ込んだ描写がなされ、
本編では唐突に見えたシーンも「ああ、このときこんなこと考えてたのか」と
得心のいく描写が幾つもありました。
特に主人公である刹那に関してはそれが顕著ですね。

最大のサプライズは、エピローグです。
これを読んだ後アニメ版を見直すと全く異なる印象を受けると思います。

疑問の多くが氷解し、アニメを見直すときの
新鮮さが増したので星五つです。
これは買い!
アニメを見て、二期を待ちきれない人には最適!
(逆にアニメを全く見てない人がこれを読んで世界観や状況が理解できるのかは疑問)
心理描写や世界情勢、人物をとりまく状況、環境などが丁寧に描写されており、監修の入った「公式」としての補完が出来ます。
他人の評価を読んでから購入したのですが、久々に「アタリ」だったと思える品です。
いろんな人物の心理がわかりキャラの掘り下げが出来、ちょっとした二期へのネタバレもあり、値段分の価値は充分あるなと思いました。

追伸、他の方も触れてますが…ちょ…ビリー…おま…(笑)
納得の一冊
黒田氏がおっしゃるとおり、黒田氏水島氏、SF考証の千葉氏の監修に加え、挿し絵にはガンダムデザイナーの柳瀬氏に外伝キャラデザの羽音氏を起用したまさに「公式」の一冊。ファンなら絶対買いですね。アニメはどうしても主人公視点になりやすいが、小説は被害者視点がよりしっかりしていて、CBの罪も読み手にガッツリ伝わるのでは?私は最終回前にこれを読んだので、25話の戦いに暗い悦びを感じているように見えるグラハムもすっきり受けとめられましたよ。not戦争中毒but戦闘中毒。心理描写がしっかりしているので、キャラクターの新たな一面を発見できるかもしれません。
濃いなぁグラハム…
本編脚本、黒田氏監修の基に描かれていますは、このノベライズ。
TVを観ているだけだと弱かった描写もかなり強化されています。
(エピローグは本当に最後に読むように!先に読むと興ざめです)
結局、刹那(ソラン)が世界を(狂ったほうに)動かすきっかけと
なってしまったのか?と思えるような書き方をされています。

そうそうグラハムのグラハムたる所以も描かれています。
似たり寄ったりのカタギリ氏にまで変わった奴扱いされています。(笑)

TV本編中の#8無差別報復(終わりは#7報われぬ魂と逆転してますが)まで
入ってますので全3巻(最後の方は濃かったから4巻かも知れませんが…)
くらいちょうど2期までの良いつなぎになると思います。

  
Posted by gundam_s at 13:25ガンダム書籍
ガンダムゲーム
ガンダムゲーム
これが、ガンダムゲームだ。!!

ガンダム無双 スペシャル

著者名:
新品価格: ¥ 5,480
中古価格: ¥ 3,400
Amazon.co.jp 売上ランキング: 960
出版社: バンダイ Video Game
通常24時間以内に発送

おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

カスタマーレビュー
PS2ユーザーにとっては嬉しかったが
私はPS3を買う金が無かったので、ガンダム無双はやりたかったが我慢していたのですが、PS2で発売するとのことで、発売してすぐ買いました。

簡単に良い点、悪い点を書きますね

■良い点
・オリジナル世界でキャラが色々な会話をするのが、豪華でした。声優もそのままですし。

・ムービー綺麗です。MSの動きがまるで人間のように見えますが・・・

■悪い点
・オリジナルの、あの世界って何なんでしょうか。いや、ああいう設定は嫌いじゃないんですが・・・まるでスーパーヒーローのような設定じゃないか。

・キュベレイは赤、黒、白と3機出ますが、全部すべて一緒です。色以外。つまらん・・・。

・これは無双シリーズすべてに言えるかもしれませんが、特別このゲームは敵が動かなさすぎます。ずっと立ってるだけの奴らがほとんど。

・ボス系の機体を倒すのには時間がかかりすぎです。ボスとかだけ妙に強い。

・武者ガンダムって生きてるんですね・・・しゃべっちゃうんですね。最初はパイロットとかいるんだと思ってたんですが。まぁこれは個人的なことですが

・思っていたよりもMS、キャラが少ない・・・

・無双シリーズにはあるフリーモードが無い。

・ムービーの観覧がいつでもできるようなコーナーがあれば良かったかも

・戦闘に飽きる。


まぁ悪い点は圧倒的に多いんですが・・・

まぁ私は大のガンダムファンなんで、キャラ達が色々会話してるだけで満足しました。
ゲーム的には「飽きやすさ」が目立つかな・・・・

結論は、ガンダム大好きな人はマニアックな点で結構楽しめます
が、SEEDしか見てないとかいうガンダムをよく知らない人たちは会話とか聞いてても興奮したりしないと思うんで、ファンの人より飽きやすいでしょうね・・・
それなりに楽しめたかな
不評が多いなか
ガンダム無双スペシャルPS2版を購入してプレイしてみました。
オフィシャルとオリジナルを全てクリアして思った感想。

良い点 

オリジナルのシナリオが斬新
PS3の劣化版だけど画質はそこそこ綺麗だと思う
SP攻撃が無双とは違ってある意味面白い

悪い点

オプションパーツがMSごと違うので集めるのが大変
LVもパイロットを変えてMSを乗り換えするとレベル1からなので大変
プルとプルツーとハマーン、カミーユとルー、ジェリドとエマがMSが同じなので飽きやすい
ハードだとLVMAX+パーツでもボスの攻撃は強い

私は途中からPARを使ってプレイしてたのでストレスなくプレイできたので
まぁ高評価にしときました。
PARを使ってもパーツ集めはまともにやるとだるいと思いました。
全MS共通なら良かったのに・・・
全シナリオクリアするとやることなくて飽きます





面白いしハマれるけど
ガンダム+三国無双。バンダイ+コーエーです。
以前バンダイ+ナムコで両者が合併したので関係性が気になるトコ。

「BB戦士」というバンダイのプラモデル、「武者ガンダムシリーズ」でもコラボしてますので今後に注目ですね。

さてまずゲーム内容ですが基本的な要素は良く出来ていると思います。
特にオリジナルモードは、それぞれのキャラが絡んでいて「石波天驚拳をヒイロに教える東方不敗」
「ドモンのMF呼び出しをマネするプル」「ジュドーと仲良しなシロッコ」
などいい具合に弾けてます。
またTV版のWガンダムゼロが参戦しているのが個人的にポイント高いです。


しかし問題点が

1.機体性能に差がありすぎ。
2.戦局に自機の活躍が反映され無すぎ。
3.ステージがマンネリ
4.キャラが基本的に原作の台詞しか言わないので会話が成り立ってない
5.ボスが固すぎ

1ですが機体の個性と言うよりハッキリと強弱がついてしまってます。
またガンダムMK2の黒白、キュベレイ(mk2)白赤黒など同モーション・
同性能な機体でもっと工夫して欲しかった。
2は「○○を撃破しろ」と言う戦闘指示が出ても自軍に有利な展開にはあまりならない事。
例えば三国無双なら自軍に援軍が着く、アイテムが手に入るなどプラスな要素が入りますが
今作は、敵援軍が出てきたり自機とは全く逆の方向から敵が出現したり
「指示に逆らったらメンドくさい」と言うだけでした。
3はキャラによっての変化が乏しく、4は、キャラが上面な奴みたいに見えました。
5は異様に硬いだけで面白みの無い工夫でした。

またアイテムも機体キャラ共通ではないので、取得するのがメンドクサイ。
コラボが楽しいムービーもギャラリーで再生できる項目がないので残念でした。
またPS3版から「武者ガンダムMK-2」を追加させただけで
「special」が付くのはどうなんでしょ?
CPU専用機体のバウやパラス・アテネとかも期待したい。

細かい欠点も目立ちますがガンダム好きなので普通に楽しめました。
でもこれが「PS3」で「このソフトがメタルギア4やFF13と同列に
PS3の目玉商品として売られてたって事考えるとチョット...
レビュー大量なのに参考にならねー
ゲームを買うかどうか悩んでレビューを見るのに、「メーカーの戦略がムカつく」だのと羅列されても何の役にも立ちません。
寧ろそのレビューがムカつくわ。愚痴を言いたいのなら自分のブログででもどーぞ。

…さて本題ですが、ゲームバランスが非常に悪く、爽快感が無双のウリなのに、ステージによってはストレスが溜まるばかりです。
キャラやMS数やステージ数が多いのは良いのですが、反面、全て中途半端な掘り下げとなり消化不良です…。
従来の無双シリーズに対し『銃器』が追加されましたが、あまり特化されていませんでした(『弓矢』の代わりになるかと思っていたのですが…)。
正直、不満な点が多く、あまり人には薦められません…
あまりにも惜しく、残念な出来
一回の戦闘で1000体のMSをガンダムで倒せる時点ですでにガンダム
の世界観としては破綻した設定なのだから少しは三国無双のキャラみたいな
動きを取り入れても許されたんじゃないでしょうか。あまりにも機体の動きが
遅く、無双シリーズには必須の爽快感に支障をきたしています。通常攻撃と
コンボのレンジがあまりに短く連打ゲーになりがちです。

あと、防衛主体のストーリーが多すぎます。一々指示を受けてフィールドを
動き回らないといけないので面倒です。攻め込むだけの話ってものがないので
疲れますし、誤って指示を見過ごそうものならあっという間にゲームオーバーです。

もう一つ加えると敵が固すぎます。これが連打ゲーになりがちなもう一つの原因です。
炎で少しずつライフが減るとかそういった付加効果もないのでただガリガリ削らないと
いけない羽目になります。

個人的な意見ですが宇宙のフィールドが最悪です。平らなフィールドで迷うはずは
ないのですがマップの区分が分かりづらいです。さらに地形があるタイプだと
慣れてないうちは迷ってる間にゲームオーバーを頻発します。

設定とストーリでここまで冒険したのなら後一歩、ガンダムの性能を無視する
ぐらいの演出が欲しかったです。そこが一番悔やまれます。
ガンダムである意義を突き詰め過ぎたせいで起こった弊害といえます。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合vs.Z.A.F.T.II PLUS

著者名:
新品価格: ¥ 5,765
中古価格: ¥ 3,680
Amazon.co.jp 売上ランキング: 749
出版社: バンダイ Video Game
通常24時間以内に発送

おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

カスタマーレビュー
買うべきだ
今更ですが書きます(2008/7/22)

僕はSEEDが好きだったんでこのゲームを買ってみてプレイしてみました

すると…


面白い!

これ以上ないくらいのスピーディーな動きができる上に
機体数、キャラクター数、ステージ
など全てに大満足でした!

BGMをINVOKEにして友達と対戦すると白熱しまくりで毎日やってました!

初心者だったんでチャージショットを放った者勝ちでしたが…笑


で、腕をそれなりに上げそのまま連ザの虜になり一年くらい連ザで遊んでいた時の突然の朗報が!

それが
新作連ザ発売決定!
でした。

嬉しさといったらこの上ありませんでしたよ
もちろん直ぐ予約して発売日に取りに行ってやり始めると


無印に比べ動きにくさがありました…

でもそれは僕が下手くそってだけでした!笑

ガンガン稼働中の今でも友達とやってるくらい面白いです!

いろいろあるんでオススメです!
ぜひ購入してみてくださいな縲・br />
良い点
・機体数、キャラクター数、ステージ数
全て無印より多い。
・覚醒が3種類になり自由度が上昇
・自分にあったレベルに変更できる
・動きがかなり滑らかなんで見やすくていいです
・腕の上昇に限界がなく、自分が腕を磨けばそれだけ上昇します

悪い点
僕の中では正直ありません縲恟ホ

なんで買ってみてくださいな縲恟ホ
民間機救出
ルナマリア仕事しろ。
思わずザムザザーや∞ジャスティスに手を出しそうになったわ!!

ゲームの内容は言うまでも無く最高。
感想
未だ、やっては、いないですが、面白い物だと聞いて買いました、それと、スパロボの最新作に、SEEDデスティニーが出るのでそっちも楽しみです。O(≧▽≦)O
SEEDは苦手だったけど…
連ジやエウティタのような過去作品にあったMSの兵器としての重量感は薄れ
ているものの、その分スピーディな展開がスリル・興奮度を増して手に汗を
握らせ非常に満足度の高いゲームです。

また、ガンダムの安売りバーゲンセールと思っていたMSラインナップも色々
それぞれに個性があって、ガンダム以外のザクみたいなモノアイMSや変わっ
たMSが居たりでキャラクターの豊富さに驚きました。中には近距離攻撃専用
機や遠距離攻撃専用機みたいな極端な性能MSもあったり、変形や分離のでき
る機体、ステルス機能のある機体などバリエーション豊かで飽きません。

更に評価したいのはコンボの選択肢が増え使いやすくなった格闘攻撃のおか
げで遠距離でチマチマ削るだけの戦略だけでなく時には接近して一気にたた
み掛ける爽快なプレイがし易くなった点です。難しいコマンドもなくコンボ
を手軽に決められるのでやっててストレスを感じません。

ガンダムは好きでもSEEDは嫌いな自分でしたが購入してみて正解でした。
アニメは嫌いでもガンダム好き、VSシリーズ好きならやってみるべきです。
ボリュームや操作性の良さにゲームとしての質の良さを感じさせます。
これをきっかけにSEEDのアニメもちゃんと見てみようかなと思ったりもして。
結構難しいかも・・・
連合VSジオンからnプレイヤーです。アーケードからやりましたが、前作に比べると
皆さんが言われているとうりかなり難しくなっていると思います。
最初のほうは楽に行けると思いますが、途中に入る目標を倒せとゆうミッションが
結構難しいです。特にミーアのジンを倒すもの。もう一つはコロニーでの強化型のジンを
倒すのが難しいと自分は思います。でも全体的に難しくはなっていますが、やり込み要素も
かなりあるので長くやれるゲームだと思います。でもちょこちょこやるににはてきしてません。ながいから(笑)PSPでもでて欲しい・・・

ガンダム オペレーショントロイ

著者名:
新品価格: ¥ 4,800
中古価格: ¥ 3,390
Amazon.co.jp 売上ランキング: 620
出版社: バンダイ Video Game
通常24時間以内に発送

おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

カスタマーレビュー
アイデアは好き
MSの乗り降り、歩兵とMSの立ち回り、役目の違い、
これらのアイデアは面白い。

実際に製品版をやってみても
この部分は面白いんです。

ただ、やはり煮詰める作業が全然たりない笑


リスキルだなんだというけれど、
やられるのが嫌ならやらない。この精神大事。


ロックオンが一部を除きできないシステム、
これも好き。

エイムとブーストの使い方がパイロットの腕となるし。

ビーム兵器は着弾がとても早く、使いやすい。
反面、バズーカ系は弾速が遅く、これ楽しい(笑)

障害物が多いマップならば
ゾックも活躍できます。


歩兵となっても、長所と短所を知れば
かなり活躍できます。


マゼラや戦車も使い方次第で活躍できますし(笑)。


リスキルがない部屋でコンクエなら、
360やネット初心者も楽しめると思う。



結論は



ガンダムを好きな方にしか
オススメできません。


xbox360のゲームとしては
決して良い出来ではありません。
よくこの作りこみで
360のゲームとして出したなぁと。


制作者からユーザーへの
「ガンダムの世界で楽しく遊んでね」
という気持ちがほとんど感じられません。

バンダイは玩具メーカーなんだからそこは大事にしてほしかった。



MSもマップもデカールも
追加されないなら、寿命は短いと思う。


ゾックとゴックを言い間違えるし、
ザクとザク改をよくみないと見分けがつかないぼくでも、
楽しめる要素はあるだけに、
作りこみや遊びのたりなさが
非常に残念です。
ガンダム補正をもってしても無理
2000年代初頭なら評価されたと思います。
要するに何もかもが古い。PCの無料FPS並の安っぽさ。
ただ、無料FPSもそこそこが人がいるわけで
このトロイも「遊べば遊べる」出来ではあるんです。
ただ、面白いとはほど遠い。私は結構なガンダムファンですが
それをもってしてもこれは無理です。オンラインもシングルも。
ハードは違いますが、ターゲットインサイトの方が何倍も面白い。
強度なガンダム属性があっても、オススメはできません。

ただ、BF2からエンジン借りたのかどうなのか知りませんが
国内デベロッパがFPSに挑戦した点だけは評価されてもいいかも。
次世代機での本格派ガンダム・アクション・ゲーム
よい点

・一年戦争のMSが使えるためガンダム好きにはたまらない
・自軍の仲間とボイスチャットを使い連携プレイで盛り上がれる
・次世代機のグラフィックを生かして作られているため、比較的綺麗
・アクション好きな人はのめり込めるゲーム
・FPS視点もあるので臨場感がある



問題点

・ゲームエンジンの不備か倒された時のMSがまるでゴムボールのように空中を浮遊する
・ネット対戦で機体アンセンブル時やメニュー画面に戻った際などのロード回数が多すぎる
・動作がボタン入力に対してワンパターン遅れる
・BGMがほとんどない
・オンライン対戦でリスボーンキルがまかり通ってしまう仕様のため途中退出者が出て3ラウンドマッチなのに1ラウンドで強制終了してしまうことがある
・オンライン(ランクマッチ)で途中入室が出来ない
・連邦のビーム兵器の距離による減退がないため圧倒的に連邦が有利
・陸戦型ガンダムと陸戦型ジムの出現が逆のため連邦が強くパワーバランスが保てていない
・MSに乗った状態でのFPS視点はあくまでもおまけ程度で、視界が著しく狭く敵が見えない

 私の評価としては及第点に至るかどうかのギリギリのラインに位置するゲームだと考えています。これらを踏まえて購入するのであれば問題ないです。
ただ、現在ではオンラインの人口は減っており購入するなら早めにした方がいいです。
俺のせい?ゲームのせい???
さっきガンダムオペレーショントロイをしてたらXboxが壊れました
通信状況の悪化のため....といつものようにでてそしたら色々変でした・・
なんか白い斑点みたいなのかちらちらバックのほうでみえてまぁいいやとおもって問題なくゲームがかいしされたとおもったら画面がほとんどしろくなってしまいました・・・
で再起動をしたらシステムエラーがでました・・・Xboxのサポセンに連絡するのかバンナムのサポセンにすればいいのか・・・まぁ俺のつかってるのは古いXboxコアなのでそのせいかな??  まぁみなさんも注意したほうがいいです
劣悪なゲーム
プロモーションムービーにつられて購入して遊んでみたものの、なんとも期待を裏切る内容でした。登場モビルスーツは少ない・・・。オンライン対戦では耐久力のもろさがイラつく。もう少し耐久力あってもいいんじゃない?。初心者はすぐに殺されるし、ゲームバランスは劣悪・・・。なんともこんな半端なゲーム作ったもんだ。とにかく、ネットに繋いでいて、ゴールドメンバーシップに入ってないと殆ど楽しめません。オンライン環境が無い方は値段がかなり下がってから購入したほうがいいかも。FPSが好きな方、玄人ゲーマー向けのガンダムゲームでしょうねこれは・・・。

ガンダム無双

著者名:
新品価格: ¥ 5,300
中古価格: ¥ 2,380
Amazon.co.jp 売上ランキング: 665
出版社: バンダイ Video Game
通常24時間以内に発送

おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

レビュー Amazon.co.jp

「たった3分で200機のザクを……」と思わずコンスコンもびっくり。うじゃうじゃと群がる敵モビルスーツをたった一機のガンダムでたたき斬る、人気ゲーム『三国無双』の一騎当千ガンダム版。ビームサーベルの近接戦闘と、ビームライフルの遠距離攻撃を使いわけ、宇宙世紀に平和をもたらすのだ。ファーストガンダムの一年戦争を振り返るモードだけじゃなく、GガンダムやターンAガンダムなどで存分に敵を倒しまくるオリジナルモードがあるのがうれしい。無双技はもちろんシャイニングフィンガーだ! 歴代ガンダムの名ゼリフが飛び交い、さまざまなヒーローたちと手を組む、バラエティガンダム、何度も戦ってパイロットを成長させたり、パーツを集めてモビルスーツを強化したり……やりこみ要素も倍増。

(志田英邦/ゲームライター・インタビュアー。インタビュー集『ゲームマエストロ』などを執筆)


カスタマーレビュー
遊び方、考え方次第
一応一通りプレイした感想なのですが、無双シリーズの中では自分としては結構楽しめたほうだと思います。
どこが良かったかというと、まず攻撃中にダッシュする事で敵を吹き飛ばせる事、MSにもよりますが、ダッシュとダッシュ攻撃を組み合わせる事でスピーディーで多彩な攻撃が可能になったことです。

キャラやMSが少ないとよく言われますが私も全クリするのに50時間(寄り道時間込みでですが)かかりましたし、フリーモードが無いのもMS乗り換えればいいだけ(その場合はMSポイントを一から稼がねばなりませんが)ですし、基本的にこのゲームは目の前の敵を倒していくだけ(ストーリー性皆無)ですから、そもそもフリーモードの必要性など感じる事もありませんでした。攻撃パターンが成長しても同じループを繰り返すだけなのも、初めは戸惑いましたが実際やってみると攻撃が2ループ目に入ることが珍しいぐらいブーストダッシュを使っていました。

もちろんこれは「私は」の話です。
当たり前ですが同じゲームでもプレイヤーや遊び方次第で面白さが全然違ってきます。例えば、「ザクを『斬る』のだけが楽しい」という人は従来の無双シリーズと同じ『斬る』だけの遊び方でやっているのでしょうし、「ストーリーが」と言う人は無双シリーズにストーリー性を求める人なのでしょう。
もちろん遊び方などは十人十色ですし、どんな遊び方をするのかはその人次第ですが、
ただ言えるのは、これは「機動」戦士が戦うゲームであること、それからアクションゲームでありRPGでないこと、それだけです。
後一歩
ガンダムファンではなく、無双ファンでもない。
とりあえず友達と家で一緒に遊べるソフトが欲しくて買った一人。

まだ全てを楽しんでいませんが、ここでレビュー。
個人的に欲しかったのは、無名の下っ端パイロットでジムやザクから始めるモードがあったら
嬉しかったかなと言う感じ。

ストーリーはわからないので、その点の演出に関しては評価できないけど、
無双の爽快感を意識しすぎたのか、雑魚敵が弱すぎる点と
難易度設定を変更しても、ガチで戦うボスが強すぎる点はマイナス。

その逆で飛び道具系が連射できるので、
ハメ技的な感じでボスをほぼノーダメージで倒せる点もマイナス。
飛び道具系は、オーバーヒートとかエネルギー回復時間を設ければバランスが良かったかも。
ストーリーも忠実にしすぎたのか短い。

エディットのような、好きな敵や状況を設定できたら面白かった。
後一つ、無双シリーズは真・三国無双2しかやったことがないのだが、
これにあった『劣勢・優勢』のバーがあると良かった。
あくまで「ガンダム無双」か
ガンダム好きですが、あくまで無双なので違和感なかったです。
ひたすら撃ち、ひたすら切る。そういう意味ではなかなかの作品だったと思います。

ただ一年戦争だけでよかったのでは?とは思いました。ZZなんてなくても変わらないボリュームでしたし。
それならあくまで一年戦争だけの方がストーリー的にも深まる気もします。
ガトーやライデンも登場していましたし、ランバ・ラルや三連星で1年戦争で駆け回ってみるのなんか、かなり魅力的だと思います。

別に他のガンダムが使いたいのなら、タイムスリップ的なストーリーで一年戦争を連邦あるいはジオン側のどちらかの味方をするか選ばせて、プレーするようなストーリーにしたらよいと思いました。

また、ビグザムや戦艦といった大きな敵との戦闘も追加してほしいです。
夢想シリーズ初体験
PS3買うならガンダム無双と決め込んでました。
友人はガンダム愛で、なんとかなるかな?なんて
言ってました…。その訳が実際にプレイしてみて
分かりましたね…。皆さんが言われてるように
ストーリー・オリジナルモード共に駄作…。
キャラも中途半端。オリジナルなんて
必要無いんじゃないの?って思うぐらいでした。
一騎当千、無茶しないと出来ない。
セリフ集めはダルい…。課程が面倒…。
武者ガンダム出すまでは頑張ったけど
フルコンプなんて、やる気も起きない。
ヤレヤレって感じです。ガンダムが好きだからって
何でも好きになれる訳では無いので…。
もし2出すようで有れば?ユーザーの意見は
確実に取り込んで欲しいです。人気が有るから
オリジナルだから。なんて安易な考えで
キャラ選別は失敗したと思います。
値段と内容の比較すると…。定価は高い!
中古で3000円切ってれば良いかと…。
☆3は、ガンダムだからの、オマケです。
面白くないわけではないけど…
今までの無双シリーズだと同じ感覚でやると敵の数は果てしないし爽快感もさほどありません。
これこそ滅茶苦茶にやれば敵を倒せます。
ガンダムシリーズのゲームと言えば納得ですが無双シリーズと言うほど無双っぽくないです。
純粋に無双シリーズが好きな方は手を出さない方がいいかも。

  
Posted by gundam_s at 22:41ガンダムゲーム