2009年09月20日

ナウプリンティング “ソードブレイカー”八積ロクロウ(犬◎●,兜割,兜) 所属:ブラックハウンド機動捜査課
 ブラックハウンドに所属する巡査。
 ストリートの不良上がりではあるが、それを感じさせない実直さを持っている。
 フィストガン・カスタム“ソードブレイカー”と独自の近接格闘銃撃術を用いて相手の武装を強制的に解除しつつ行動不能に追い込むという、いささか荒っぽい手段による被疑者の確保を得意としている。
続きを読む

(01:46)

2008年07月23日

邪神が降臨しちゃったりした某アニメの台詞も懐かしい今日この頃、
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今回は、二輪免許取得およびバイク購入を記念して、そして日記再開を目指して
この際だからブログのサービスごと一新しようと思います。

まぁ、もう永いこと更新もして無いブログをいまさら誰が見てるんだって気もしますが
一応ここで告知しておきますね。

さて、件の移転先ですが、やはりここは予てからの懸案であった、
我が敬愛するささきむつみさんがデザインを提供している某Cのブログでしょう。

と、言うことで移転先はここダッ!
http://gungnir-spear.cocolog-nifty.com/blog/

(23:41)

2008年03月04日

日記の更新もままならない私ですが、これだけは書いておこう。
ARIA-The Origination-9話
原作も読んでるし、ストーリも知ってるが、
それでもやっぱりいい話だった・・・
泣けるわ。

今日は出張から帰ってきたら、もうスーパーがしまってる時間で、ろくな夕飯食ってないけど、俺ァもう胸いっぱいだよ。

(23:06)

2008年02月17日

今日は大学にて修士論文発表会があったためその激励に行ってきました。
といっても、まぁ遊びに言ったようなもんですがね。

現に秋葉にもきっちり行って来たし。

とはいえ、現研究室のメンバーやかつて共に研究室を盛り上げた友人たちにも会えたのはよかったといえるでしょう。
研究室で過ごしたあの日々が以下に貴重な時間だったかを、ひそかに実感せずに入られません。

本日をもって在学中に果たすべき大業を粗方完了させた院生諸君。
お疲れ様でした。


そして、本日の戦利品。
ツマヌダ格闘街 3 (3) (ヤングコミックコミックス)
red Eyes 12 (12) (講談社コミックスデラックス)
ミニ四駆PROシリーズ サンダーショットMk-?
1/32 スーパーミニ四駆 ポセイドンX ブラックスペシャル
ミニ四駆はとりあえず本体だけ!
パーツは必要に応じて後ほどそろえることにします。


(02:19)

2008年02月11日

と、言うわけでジェノザウラーです。
080213-01

ようやく完成しました。
おととい。
気力が足りなくて更新が遅れましたが。

続けて、側面前面背面です。
080213-02
080213-03
080213-04
相変わらずいいプロポーションです。
TOMYゾイドとはまた違ったよさがあります。
しかし!
正直このキットは、遊ぶには怖い&痛い。
薄いパーツとか尖ったパーツとかが多いのと、接続部の弱い部分がいくつか散見するため、ガシガシ遊ぶにはちとつらいです。
好きなポーズをつけて飾れるゾイドといったところですかね?

そして荷電粒子砲発射形態。
080213-05
080213-06
080213-07
設定では口腔内の荷電粒子砲が伸縮するらしいのですが、模型では三弦されてません。
あと、首はもうちょっと水平になってもよかったかもしれませんね。
しかし尾部放熱フィンの作り込みは見事なもので、非常に見栄えがいいです。


そして、
パルスレーザーライフルを取り外すとこの通り!
080213-08
神姫を乗せるのにジャストサイズ!
今日ほど竿状武器を作っておいて良かったと思う日はない。
騎乗スキルが騎士の特権だと思うなよ!
ちなみに写真の状態では、姿勢の関係で腰が浮いていますが、きっちりと腰を下ろすことも出来ます。

以上、ジェノザウラーでした。

(22:59)

2008年02月08日

先日のジェノ等に続き、
ソルインターナショナルの秋葉様が届いたぜ!

080208-01
ポーズといいシルエットといいかなり秋葉様らしいのでは?

080208-02
後姿は髪とスカートがなびいて意外とボリュームがありますな。

080208-03
つやのあるシンプルな台座は、血液を想起させる色合いと思いました。

080208-04
顔の出来も良好です。
不敵な笑みとでも言いましょうか?
いい表情です。

080208-05
スカートの中は色移りが激しそうだと思ったら案の定、いや、想定以上にすごい状態に。
ティッシュで軽くこすっただけで色が移りました。
なので、裏側にマスキングテープで裏打ちして本体との接触部分を保護しました。


080208-06
さすが秋葉様、ジェノザウラーだってなんともないゼ!


丁度日記書いてたからコメントレス
> イノフォルテ
グレートサーベルはMk-2同様限定で出るかもな。
しかし、俺はその前にシールドとブレードを買わんといかんのですよ。

(23:42)

2008年02月07日

今日からジェノザウラーを作り始めたぜ!

とはいえ、今日は残業をちょっと長くやってしまったから、晩飯を簡単に済ませて出来るだけ時間をとっては見たものの、それでも・・・
080207
今日はここまでしか作れんかった。
しかしこれだけでも満足のいくものだということがわかる。
明日は夜を徹して作っちゃうぜ!




しかし、
このゾイドコアはレイジングハートに似てるなぁ・・・
・・・荷電粒子砲か・・・
ハッ!?

(23:37)

2008年02月06日

い、いかん。
ジェノの箱を見てるだけでワクワクがとまらない。
説明書を見たらうっかり作り始めるところだった・・・

自重しろ、俺。
この時間から作り始めたら寝る時間がなくなってしまう。
今日は説明書の期待解説を読むだけで我慢だ。


追記
MMS一条瑛花は・・・
大元が島田フミカネのデザインならがんばってくれると信じてたのにッ!
どうも神姫第一弾以降に越えられない壁が有る気がするな。
とはいえ、箱から出してみると多少印象が変わるかもしれないので、
詳しくはまた後日。

さて、MMS素体も増えたことだし、そろそろアウタスキンの追加でも注文するか。

(23:11)
あみあみからやっと荷物が届いたぞ!
妙にでかい外箱だと思ったら・・・これだ!

080206-01
やったー!やっとジェノザウラーが届いたぜ。
いやー、たまんないね、こりゃ。
すぐにでも作りたいぐらいだぜ。
しかしアレだ、こいつ箱だけならデスザウラーに匹敵する迫力があるな。


だが、届いたのはこれだけじゃなかった・・・

じゃん
080206-02
一気にこんなに送ってくんなw
まぁ、あみあみはシールドライガーMk-2の発売する3月まで大人しいだろうからいいだろうとして、
昨日、ソルインターナショナルの秋葉様頼んでしまったんだが、短い期間で多々買いの日々になると、財布と心境がきっついなぁ・・・

(22:16)

2008年02月02日

今日は教習所に行ってきました。

そう、2輪の免許を取るために!
目標があるから、いきなり大型を目指すぜ!

しかし、相手は強かった・・・
今までもこちらのやり方は全く通用しない。
それもそのはず、今回の相手は体重も力もこちらの数倍はあるものだから、
コイツを力で押さえつけるのは不可能といっていいだろう。

教習期間はまだこれからだ、ゆっくり語り合って理解を深め合うことにするか。

(23:42)

2008年01月31日

唐突に思った!
IGPXが観てぇ!って

そうさねぇ・・・
そもそもテレビ見てただけだと完結してないからね。
結末が気になる・・・
しかし、今更最終巻だけ買ってもあの時の盛り上がりは得られないからなぁ・・・
でも、全巻揃えるには金がかかりすぎる・・・

仕方ないので、試しにニコニコに相談してみる。

検索結果
なのは+Go For ItのMAD

ぜ、全力全壊だけがプライドかッ!
うむ、ちょっと満足した。
本編はもう少し金が貯まるまで我慢しよう。

(23:06)

2008年01月30日

MMS一条瑛花発売!
するもわが手元には届かず・・・

というのも、一緒に注文していたMAX鶴屋さんの発売が延期したため。

ちなみに、コトブキヤジェノザウラーも、シールドライガーMk-2が延期したため、いまだ手元にない。

これはアレか?
俺が同時注文すると片方の発売が延びる呪いか?


(23:03)

2008年01月23日

今週は残業続きで物作ってると日記書く暇がないよ。

でも今日は、ここ数日作ってたのが形になったからそいつをうpるぜ!

080123
神姫サイズの槍を作ってました。
神姫サイズというには些かデカ過ぎる気もしますが、大きいほうが見栄えがするので今後も神姫武器はこの方向で行こうと思います。

ってか、実家で作ってたギロチンブーメランも完成してないんだよなぁ・・・
もう少しなんだけど、こっちに持って来てなくてね。

(23:15)

2008年01月20日

変隊長でもかまわないかもしれません。
グラハム専用ユニオンフラッグを作ってました。
080119
写真は一枚きりで写りもいまいちですが、ノーマルのフラッグとはかなり印象が異なることがわかるでしょう。
これは見た目にもいい機体です。
素直にカッコイイ。

さて、次はティエレン タオツーでも作るかな。
ん?
ヴァーチェ?
ガンダムより敵方作ったほうが楽しいじゃん!

(02:17)

2008年01月18日

今朝は未明じゃなくても雪が舞いました。
職場の暖まりが悪いので、作業をしていても手先が冷えます。
早く暖かくなって欲しいものです。

あー、あー、
ネタがないと思ったら、リペ犬子をまだ開けてなかったのを思い出しました。
黒白子用装備を作ってる場合ではありませんでしたね。
それに、ヴァーチェを作ってないどころか、ハムフラッグはまだ買ってないし、タオツーが発売されているということなので、早急に手を打たねばなりません。
さて、どれから手をつけるか・・・

(21:41)

2008年01月17日

近頃は鴨川も寒くてね。
基本PCが窓際なもんだから、寒くてキーボード打つ気がしないよ。
なので更新も滞りがちです。

窓から離れるために、電源引っこ抜いてバッテリーで動かそうとしたら、バッテリー死んでて15分しかもたねぇんでやんの。

電源は机の裏から引き回しちゃったから、めんどくさくていまだ窓際PCです。
おかげで放熱はバッチリです。

とりとめもない文章ですが、寒いから今日はここまで!

(22:05)

2008年01月14日

スバルの間接の調整がほぼ完了しました。
木工用ボンドと瞬間接着剤を駆使して「腕がポトリと落ちてる〜」なんてことが起きないようになりました。
080113-01080113-02
こんなポーズも取れますが、劇中の走行シーンを再現するには後足の接地が難しいためベースが必要になります。
ちなみに俺はベースを持っていないため、余り派手なポージングがつけられないのが悲しいところ。
今度調達してこよう。

あと今日はこんなのも作ってたぜ!
080113-03
黒白子with呼子鳥の持ってる・・・
080113-04

なんとなく思いつきで作り始めたため、適当なデザインと工作精度ですが、その割には上手くいったのではないかと。
基本的に女の子に大型拳銃とか持たせるのは反対派なのですが、神姫の場合もともとロボ娘なので余り気にする必要はないと判断。
なので、思い切ってハッタリの効く長銃身モデルを作ってみました。
今回作ってみて、作成に当たっての難点とか課題点とかが少し見えたので、次に作るときにはもう少しまともなものが作れると思います。

最後に
080113-06
やや後ろから見た方がいいかなと思ってみたり。
しかし、呼子鳥を着せて以来、元に戻す気にならないなぁ・・・

(01:40)

2008年01月13日

と、言うわけで、
グッドスマイルカンパニー シュラキシリーズ第2弾
声が田村ゆかりのシャル・ルズマンです。
080112-01
シャルは妹鳳に比べて箱がかなりでかかった。それでいてパーツ点数は少ないのな。
しかし、出来自体はかなりいいもので、見栄えが以上によいのですよ。
というのも・・・

080112-02
このドリル!
二条の螺旋がまるで円錐じゃないほうのドリルのようで、カッコイイ。
んー、ドリルいいよね。
漫画的な円錐のも捨てがたいけど、やはり工業的現実的なドリルが凶悪でいいのですよ!
やはりドリルはロマンの一つだなw

次に、
080112-03080112-04
080112-05
衣装と装甲系がパール塗装されており、見る角度によって微妙に色が変わるのがまたカッコイイ。
翻ったスカートと太めに巻かれたドリルとでボリュームもかなりあるので、飾るのに場所も取る分存在感もバッチリです。

ダメージver.
080112-06080112-07
衣装が大胆に切り裂かれております。
個人的な感想としては、せっかく綺麗に塗装された衣装がその大半を失って切るのが勿体無いといったところでしょうか。
ってか、せっかくのダメージver.なんだから籠手とか盾とかがボロボロに傷ついてるようなのも欲しかったなぁ。そうでないと「それで防がないなら、防具なんていらんべ?」となってしまう。
むしろ、「衣装は完品でも防具は使い込まれて傷だらけです」のほうがカッコイイと思うのは俺だけか?


080112-09080112-10
相変わらず脱がせてもバランスがそんなに悪くならないのはさすがというしかないでしょう。
まぁ、この状態で飾る気はないので、どうでもいいっちゃどうでもいいんですけどね。
今回は衣装の交換もしくはひん剥くのにバラす必要があるのが、両腕と頭だけなので、身体に変な分割線が出来ないのは見事といえましょう。
もっとも、前作も分割が目立たないようにかなり気を使っていましたが、そもそも分けないのにはやはりかなわないということで。
あと、妹鳳と比べてぶっちぎってしまいそうな部品や、上半身を抜く時の微妙な力加減とかの心配がなかったのがよい点でしょうか。
まぁ、通常の服を着せるときに無理に押し込むと襟の黒いのが首の後ろに色移りするという問題がありますが・・・
しかしそれも、色移りしそうな部分に予め木工用ボンドを塗っておくことで解決できたので、もはやこいつに死角はないぜ!
うむ、今後もこの方法で色移りが防げるか検証を続けてみよう。

最後に、
080112-11
こういうポーズだと、こういう構図で撮りたくなるよね?
俺だけ?

そうそう、田村ゆかりといえば、次のリキッドストーンさんの可動少女シリーズは、“管理局の白い魔王”高町なのはさんのエクシードモードのようで。
これで機動六課スターズ分隊勢揃いかッ!
つ、次は是非ライトニング分隊を・・・というかシグナム副隊長をお願いしたい。
そう、俺にはノーマルシグナム、ユニゾンwithリィン、ユニゾンwithアギトと三種類出されても全てを買う覚悟があるぜ!
覚悟と台所事情は別物ですが。

・・・最後変な妄言が出ましたが、以上シャル・ルズマンの紹介でした。
この場所取んのどこ飾るかね?

(01:41)

2008年01月10日

別に魔法のアイテムではない。
単に部屋に棚が一つ増えただけです。
しかし、おかげで本棚を占拠していたプラモとフィギュアの収まるところが出来ました。
ま、占拠する場所が変わっただけですがね。

スバルは現在関節の調整中です。
プラサポと球体ジョイントの接続が弱いところが・・・

(22:37)

2008年01月08日

久しぶりの更新ですがアクトレポートです。

“ウェットワーク”
RL :ジニアさん
PC1:紅河さん
“使命官”市原隆介(フェイト、カブトワリ、イヌ◎●)
PC2:ぐんぐにる
“無敵の守護者”草薙イクト(フェイト◎●、カブト、カブト)
PC3:つねひらさん
“四界の魔術師”ロシェル・クラヴィウス(タタラ●、バサラ、ニューロ◎)
PC4:あやさん
“Little Bird”綾部夏姫(マネキン●、トーキー◎、ニューロ)


さて、今日は1/4に参加させていただいた、「ウェットワーク」です。
いつものようにあまり内容に触れるのはアレなので、サクサク行ってみましょう。

今回のシナリオは刑事もののとか二時間もののドラマ的な導入。
捕まえた容疑者が絶対にクロだと思っていても証拠不足なPC1と、
事件直前に被害者を見かけていたのに見殺しにしてしまったPC2と、
アルファオメガのわがままに付き合わされるPC3と、
被害者の関係者から調査を頼まれるPC4という構成。
PC1,2,4は誰を主人公にしても短編ドラマが作れそうな導入に見えますね。
PC3はどこにでも絡める自由さが魅力です。アルファオメガ力w

そんなシナリオの主人公たる市原は、やっぱり主人公にするのに十分すぎるキャストでした。
なんだろう、こう・・・新人っぽさのなくなった動きと、それでも尚無くさない甘さがマッチして、んーかっこいいなぁ、さすが紅河君。
アクト中も言動とか一貫して信念を感じられるのがいよかったッス。

ウェブストリームとアストラルとマンデインを知るロシェルは、多数の世界を知っているからこそ、一言一言に重みがあって、今回のシナリオにs語句待ちしていたキャストだったと思います。
基本的には真面目系のキャラクタですが、アルファオメガと絡んでのドタバタもこなせるのは純粋にスゴイ。ドタバタにしっかり加わってるのに、基本的なスタンスは崩してないんだもんなぁ、卑怯ですよ。※褒めてますよ?
色々な世界に理解のあるロシェル君とは、イクトはいい友達になれそうです。

夏姫はというかあやさんはいつもながら凄いと思います。
シナリオマネジメントとでも言いましょうか、他のキャストの捕らえ方とか、それらへのパスの投げ方とか、神業の管理とか、シナリオ上ではなく実際のところのPCのリーダーな感じでした。いつもお世話になってます。
その上で、自分のキャラは決して見失わないところが何より凄い。
今回のシナリオでは夏姫らしさ、例えば大人っぽいところと子供っぽいところの使い分けとか、トーキーとしての倫理観とか、それらをこれらを上手く使いこなせるのはもうさすがとしか言いようがありません。

んー、シナリオの内容にかからない様に書こうとすると、やっぱり書けることが限られてきてしまう。
しかし最後にあえて書くとするなら、
今回も大変楽しゅうございました。
今年もいい滑り出しだぜ!

(23:31)