電磁波攻撃は1970年代のアメリカ議会の公開調査で明らかになっています。
ベトナム戦争でもレーダーを利用して脳に障害を与える開発をしていました。
その症状としては軽いものでも集中力を妨げたり、睡眠障害をきたしたりします。

 

病院で診察してもらうと統合失調症と"診断"されます。
隣の部屋から電磁波を照射される身体攻撃

・歯(顎)への攻撃
・思考盗聴
・耳にキーン音
・匂いを嗅がされる(ガスの匂い)
・筋肉を震わされる(痙攣させられる)
・性欲がなくなる
・内臓が痛くなる

身体攻撃には、電磁波と超音波のテクノロジーによる攻撃があります。

自宅でも職場でも、それが下のフロア、外に止めた車、周辺から照射させます。

攻撃は、主に下半身が振動する低周波、指先・耳・眼球・関節などの激痛、頭痛などの鈍痛、心拍が上がる、呼吸できなくなる、目まい、吐き気、声が出なくなる、くしゃみ、耳鳴り、と多岐にわたります。

これは電磁波、超音波により、身体の神経、臓器、筋肉などが共振・共鳴・誤作動・誤反応を起こすためです。

人間の脳・神経・細胞など微弱な電気信号、電磁刺激、化学反応によって情報伝達を行なっていますが、その機能が電磁波で麻痺を起こし、さまざまな障害を起こします。

社会の物事には表裏があり、集団ストーカーは裏の顔で、目の前で同じものを見ていても、見えない人には見えないようになっています。

例えば今や町中に設置されているカメラは、表向きは「防犯」カメラですが、裏は「監視」カメラです。
表向きオーロラ・電離層研究、裏は気象操作兵器のHAARP、核爆弾と原子力発電所もそうです。

ここには興味深い文があるので引用します。

「測定器」は、長年の研究開発により数十万人以上の年齢や性別、血液型などの条件別に周波数の異なる230箇所(内臓、血管、神経、リンパ、骨格、筋肉、関節、生化学、内分泌系ホルモン、染色体やDNAなど遺伝子レベルなど)の生体電流をデータベース化しました。

この数十万人以上の被験者は、許可を取ってデータ採取したのでしょうか?
それとも集団ストーカーなど立場の弱いターゲットを利用したのでしょうか?


指向性を持つ電磁波攻撃に対して攻撃者は攻撃方向を変えることもできます。
つまり、ダメージを受けていることを、加害側は判断できているということになります。
また、睡眠状態であるかどうかも、正確にモニターされています。

電磁波を照射して「ターゲットがダメージを受けている」と、何を以て判断するかですが
この「低周波未病分析システム」のようなもの使用するとはっきり判ります。

jjklこのシステムは、電磁波攻撃の手口が明るみになることへ繋がります。
電磁波攻撃そのものです。
この機械での診断を受けて、体調が悪くなったとの発言もあります。
「低周波未病分析システム」、「スパイラルmk-5」などと呼ばれています。
海外では「Dianel 22S-iON」「INTROSPECT」など、出回っています。
その人に合った低周波であれば鬱病の治療に効果的だそうです。

NPO法人 予防医療推進協会

「測定器」は、長年の研究開発により数十万人以上の年齢や性別、血液型などの条件別に周波数の異なる230箇所(内臓、血管、神経、リンパ、骨格、筋肉、関節、生化学、内分泌系ホルモン、染色体やDNAなど遺伝子レベルなど)の生体電流をデータベース化しました。

「測定器」は、人体に影響のない1~10Hzの超低周波を照射し、その抵抗値から生体の情報を得ることが出来ます。この原理を利用し、電気抵抗バランスの崩れた部位へ修正電流を流すことで生体電流を整える機能もあります。さらに、どのような漢方薬やサプリメントが適しているかを事前に判断することが出来ます。
---------------------------------------------------------転写

治療として低周波は使われています。
それを高周波にすると人体に害が及ぶことが証明されています。