ガン、発作失神、脳溢血を起こし、死にいたる恐れもあります。
日本の医学界は電磁波過敏症の存在自体を認めず、心身症、慢性疲労症候群、不安神経症、うつ病、更年期障害、自律神経失調症などを既存の病気として扱っています。確かに症状的には似ていますが、電磁波過敏症は明らかに他と違う新しい病気なのです。

そして、その主原因が電磁波(マイクロ波・低周波など)にあることに特徴があります。

 


発信機 低周波での強力な超音波と安定した高出力で2.850.700KHzの超高周波発生装置
20Hzから20.000Hz程度の音を聞くことができます。それ以上の音は脳には危険な影響になります。波数を変えることでターゲットの身体に激痛を走らせたり精神障害、安眠妨害を引き起こさせることができる



復讐兵器は誰にも知られずに復讐ができます。あなたの幸福を踏みにじった人間を精神的に追い込むことができます。



その人間にもあなた以上の苦しみを味あわせることができます。

会社でのイジメ 嫌がらせ 暴力 詐欺 平然と人を陥れる非人格者が蔓延してしています。

法で裁かれない問題は確実に復讐する方法があります!

刑事事件として立証するのは現在困難な状態です。

 


あなたを裏切り、陥れた相手を拷問に!とお考えの方!


相手を痛めつける秘密兵器です。
憎い相手を精神的に追い詰め破産させ自ら自殺させることも可能です。職場での人間関係で嫌がらせをする同僚に照射すれば撃退できます。



ストーカー行為を受けて鬱病にした相手に照射すれば二度とストーカー行為は受けません。
亭主に虐待を受け続け深い心の傷を負わされた方、相手には照射して合法的制裁を負わせることができます。



超音波を発生させて心臓麻痺を起こさせて人を殺すことも可能です(あくまでも照射能力の問題)。

超音波破砕器などは病院で使用されています。

腎臓結石を外部からの超音波で破砕する装置もありますね。細胞や細菌を破砕するときに使います。高出力の超音波を皮膚にあてると皮膚がやけどをします。

imagesO4CXDUX9

小型固定式連続発信機 

1 隣の住民とトラブル続きで追い出したい

   隣の塀、窓に向けて発信しますと、その晩から睡眠不足が続き医者に診て貰っても原因不明と判断されます。

2 マンション・アパートの二階の騒音がうるさい

   二階に向けて発信しますと元気がなくなり静かになります。

3 引っ越して貰いたい

  超音波の出力を上げて数日すると部屋に帰るのが嫌になります。

4 会社の上司、同僚に悩まされている

   机などに小型(幅8ミリ高さ6センチ)の発信機を仕掛けます、車に仕掛けると効果的です。

5 マンション・アパート全体に仕掛けたいマンションの壁に貼り付け式の電磁波をしかけます。



取り付け方

送信機をターゲットに向け30m以内に取り付けます。

室内の場合もターゲットに発信ノズルを向けるようにします。

  

低周波が人体に及ぼす影響

低周波は、高周波と違いがあり、遠くまで届き、振動としてのパワーが伝わりやすく頭痛や心拍の向上、血圧上昇など「幻覚」を見たりします。これらは「ストレス」から来る身体的影響で、人がストレスと感じると「副腎皮質ホルモン」が身体に分泌されるからです。低周波の振動が耳では聞こえていないが、身体で感じます。


身体で感じた振動が「大脳」に入り、次に「視床下部」に伝わり、自律神経に働き、副腎から「副腎皮質ホルモン」が身体に分泌されます。また、同時に脳内には「アドレナリン物質」(興奮物質)が分泌され、また「ノルアドレナリン」(恐怖の物質)が分泌されるからです。これらの脳内麻薬が過剰に分泌されると「幻覚」や「幻聴」などを体験することになるのです。
 

携帯電話・時計などに改造

テクノロジー高周波攻撃
46時中止むことの無い脳への電磁波攻撃!

 

電磁波による身体攻撃

電磁波・超高周波攻撃とは低周波治療器を肩などに当ててピクピクなるのと同じ原理です。身体全体に浴びせると脳の影響にも変化が現れます。



電気を流すとチクチクと針で刺したような痛みが爪の間や陰部肛門にまで執拗に痛みが走ります。仕事や車の運転なんかはできません。24時間やられると睡眠妨害になりノイローゼになります。瞼の上に電気を流してきてとても重たくしてきて寝るに寝れない状態を作ります。



実際に販売されている電磁波武器です。

国内で売られている他用途の機器を簡単に改造して作成ができます。

あなたが復讐したいターゲットに向け発信続けると 「身体が痛くなっ思考力の低下」 となります。

あなたは誰かを住居内で精神錯乱に追い込む事も出来るし、どこかのオフィス全体を混乱させる事も出来ます。


被害者は不快な状態から逃げることが出来ません。

発生源を突き止めようとして目には見えません。通常業務は完全に妨害されます。

延々と続く高周波の嫌な波長のおかげで、気が狂いそうな、大変難しい状態が延々と続きます。

しかもこの超低周波磁場は、ガラス・金属・コンクリートなどあらゆる物質を透過し、人体も突き抜けてしまうめ、

従来の防護エプロンや光学フィルターでは防ぐことはできません!



超低周波磁場は、人間が持っている生体磁気と反応し、影響を及ぼします。

細胞レベルでは、人間のプロテイン(蛋白質)に含まれるカルシウム・イオン(電荷)が撹乱されたり、とびだしたりして、不調が生じること。また、脳波のリズムが乱れ、不安感が増し、落ち込みがひどくなること。遺伝子を損傷、細胞に小核が生じて、ガンが発生しやすくなること。



免疫グロブリンが減少して免疫機能が低下すること。さらには、脳の松果体から出ているメラトニンという、ガン細胞増殖を抑えるホルモンの生成を抑制することなどが、明らかになっています。もし装置を見つけても、相手はそれが一体何なのかわかりません。



"盗聴器"だろうか?

 

爆弾か?



本当の事を知っているのはあなただけ!

この巧妙で小さな機械の隠し場所は、あなたにしかわかりません。高周波発生機は頭痛、激しいいら立ち、発汗、目まい、むかつき、嘔吐をもたらします。痛覚電磁界発生機器、及び電磁攻撃銃は畑を荒らす動物対策として売られていますが、周波数を変えるだけで人も痛みを感じます。



こういった機器が恐ろしいのは、犯人が特定されにくい事です。

周知度の低い現在、犯罪が行われたのかどうかすらわかりにくいのです。

個人をピンポイントで狙う場合以外、周囲も被害が続出します。



壁や距離があっても使用可能で、スイッチを切ってしまえば証拠も確認することはできません。一般には鬱病など精神病扱いになり、専門医に診て貰っても原因不明と診断されます。気に食わない事があっただけで、あるいは変質的な愉快犯でも、隣人を’気軽に’攻撃出来てしまうのです。その結果、被害者にもたらされる悪効果は一時的なものだけではありません。



電磁波に被爆した期間は短くても、数ヶ月後に癌や腫瘍、白血病、不妊症、無精子症、視力低下、脱毛や若白髪、自律神経失調症、アレルギー、内蔵疾患、脳疾患他多くの重大な結果をも引き起こすと警告されています。

脳に電気的な刺激を与えると恐怖や快楽といった感情だけでなく幻覚も作り出せることが発見されている。


頭痛、激しいいら立ち、発汗、目まい、むかつき、嘔吐をもたらします。

痛覚電磁界発生機器、及び電磁攻撃銃は畑を荒らす動物対策として開発されてきましたが、人間も痛みを感じるためストーカーで使用される発生器FBIも使用している本格的な護身用品でスタンガンの効果とは作用が違い10m離れたところから 相手の脳に発信すると、運動神経を麻痺させます。



随意筋と呼ばれる組織に高周波パルスが直接働きかけ脳波を瞬時にジャミングさせ意識不明にします。

高周波発生機は頭痛、激しいいら立ち、発汗、目まい、むかつき、嘔吐をもたらします。

痛覚電磁界発生機器及び電磁攻撃銃は畑を荒らす動物対策として開発されてきましたが、周波数を変えることで人間にも痛みを感じさせることができ、ストーカーでは頻繁に使用される高周波発生器です。



電磁波攻撃や電磁波被害に遭っている方の中には、その原因も相手も分からずに苦しんでいる方が少なくありません。



そのような場合、誰に相談をしても真剣に取り合ってもらえず、被害者はさらに孤独感を感じて追い込まれていく悪循環に陥ります。 こうなると日常生活にも安心感を得られず、仕事に集中することも出来ず、精神的にも追いやられてしまいます。



電磁波による攻撃や被害の実態は、ストーカー恨みによるケースが少なくありません。

電磁波攻撃や電磁波被害は、その実態を把握することは現在はできていません。

高周波攻撃を受けるとこのような表情があらわれます

超音波攻撃は最も直接的な攻撃です。



電磁波という肉眼では確認できないものを武器としているため、知識がなければ被害者には原因がわからないというところがあります。



具体的な被害としては、耳鳴りや頭痛、吐き気が何日も続くことになります。多くは睡眠障害、肩凝り、精神不安定となり何日も続くと鬱時様態になり精神が冒されます。これらの症状は微弱な低周波であっても脳に一定の影響をもたらすことが証明されています。


理論的には、睡眠状態や興奮状態を人為的に作り出すことも可能です。

「見えない電磁波」による特定個人攻撃は、一般の科学では認識されておらず、日本の警察力の及ばないとこで、秘密裏に政界要人の抹殺を図ることが可能となるからです。


「電磁波兵器」と呼ばれているものです。これが、あらゆる金属を貫通して、人体に危害を与えうる特殊電磁波の正体なのです。軍事的に見れば、あらゆる金属遮へいを通過してしまう「特殊なタイプの電磁波」ほど、魅力的なものはないでしょう。電磁波兵器を用いて特定個人への攻撃を効果的に行おうとする場合、人体に害のある電磁波を放射すれば対称者以外にも危害を加えてしまいうことになります。



動物用として従来開発されたものですが、動物と人間とでは反応する周波数スペクトルが異なることから、人間に合わせた周波数のスペクトル信号を送信することで、人物の生体に刺激を与えるというものです。

調整された周波数スペクトルの電磁波を放射することで、体温を上昇および下降させたり幻覚、幻聴などの表情が起こります。



この理論を悪用するならば、特定個人に身体への苦痛を感じるほどの刺激を与えることや、精神状態を不安定にしたり、脳波に直接働きかけて幻聴や幻視を生じさせることが、充分に可能であることは証明されています。

脳内で聞こえる波長と身体に刺激する高周波は周波数を変えるだけで可能です。

   

7KHz 20mからターゲットの住まいに2日間放射すると脳に影響して精神障害が起こります