俺も妹とやっちゃったよ。
俺も妹も同じ高校に通っていて、妹は学校に友達がいなくて、
休み時間はいつも俺の教室にやってきました。
で、お昼は屋上の入り口の階段の踊り場で、いっしょに弁当とか食べてました。

妹はいつも無口で、休み時間一緒に過ごすときも、あんまり口を聞きませんでした。
なのに、よく俺の教室までいちいちやってきて、「お兄ちゃん、、、いこ、、」とか言うの。

で、友達にはやっぱり冷やかされたりするんだよ。
妹も彼氏はおろか友達もいないわりには、めちゃくちゃ可愛くて、
俺のクラスの連中には人気があるんだよ。男子も女子もかわい〜〜とかいって頭なでてる。

で、ある日、いつものように屋上の階段の踊り場で一緒に飯くってたら
妹が、いつもはカギがかかっている屋上のドアが、開いているのを発見するんだよ。
「お兄ちゃん、、、あいてるよ!」って。

俺達はその学校に入学して、初めて屋上に出てみたんだよ。
そしたら、その日はめちゃくちゃ晴れていて、しかも程よく風が心地よかったんだ。
俺たちは、出入り口の屋根に上ってみたんだよ。
すっごく、心地よくて、妹といっしょに横になったんだよ。

それでね、俺聞いてみたんだよ、「なんでお前、友達いないの?」って。
そしたら、「わかんない・・・」って答えたの。
で、「いっつも休み時間とか俺のところに来るからだろ」っていったら「だって・・・」って答えるの。

んで、「早く彼氏とかつくれよ」って言ったの。そしたら
「お兄ちゃんがいればいい・・・」って答えるわけよ。キャーー。書いていて恥ずかしくなってきたぜ

んで、その後は、いつのまにか二人で寄り添って昼寝してて、午後の授業を全部サボりました。
その日から、急速に親密になるわけだ。

ある夏休みさ、遠くに住んでいるっつー親の知人が亡くなったとの事で
両親がしばらく家を留守にすることになったんだよ。
俺も妹も部活があるからってことで留守番することになったんだけどね。

で、その第一日目、妹が飯作ってくれたんだよ。
なんか、けっこう上手かったんだよ。
「おいしい?」って不安げな表情で見つめるから、どんな味かと思ったんだけどさ、
「おいしいよ。 あやって結構料理うまいな。」って褒めたら
顔真っ赤にして「・・ありがとう。」って言うの。 超可愛く見えた。

で、リビングで二人でテレビ見てた。
俺がぴったり横に座ると、いやがることもなく、妹からも寄り添ってくる感じの雰囲気だった。
しばらく普通に雑談してたんだけど、、、

で、俺が風呂はいろうかなって言って、二階の自分の部屋へ着替えとか取りに行こうとすると
妹も後からぴったりとくっついて来るんだよ。
で、「お前も、部屋戻るの?」って聞いたら「・・・うん」って答えるの。
で妹は俺が部屋にはいるタイミングと一緒に自分の部屋戻っていったんだよ。
俺が風呂から上がったら、なぜか妹はまたリビングに戻っていたの。

で、あれ?とは思ったけど、妹は、着替えとかタオルとか持ってたから
ああ、あやも風呂か。とか思ったわけ。
で、すれ違いに俺が2階へ、部屋へ戻ろうとしたら、妹が
「お兄ちゃん、、」とかいって、呼び止めるの。
まさか、、、一緒に?!

そしたら妹は「一人じゃ怖いから・・リビングにいて・・・・」
って言うの。
ああ、そんなことか。とか思った。
確かにこの広い家で一人で風呂はきついかなと思った。だから俺は
リビングで牛乳飲みながらテレビ見てた。

で、妹が風呂あがってきて、俺の横にちょこんて座ってくるの。
風呂上りの香りがすっごく、ヤバい感じ。

で、妹は俺を見ながら「お兄ちゃん、、、」って話しかけきた。
「何?」って聞くと「明日って、、何やってる?」って。
「明日?明日は友達と遊びに行く約束があるんだ」って言うと
すっごくガッカリした表情で「そう・・・」って。

で、「そろそろ俺寝るよ」って言って、俺が部屋へ戻ろうとすると
やっぱりすぐ後ろをついてくるんだよ。 
で、部屋に入るときに「おやすみ」って声かけたら、消えそうな声で「おやすみなさい」
っていうの。 今思うとあれは、寂しかったのかなぁ。

で、朝、妹が起こしに来てくれたんだ。「朝ご飯、作ったから食べて、、、」って。
俺は目をこすりながら、ありがとって言って、妹といっしょにしたへ降りていった。
で、食べ終わって、いっしょに片付けしてたら妹が
「やっぱり、今日、出かけるの?」って聞いてくるの。
「あやはどっか行かないの?」って聞き返したら「どこも行かない。」って。
俺はからかうつもりで「一人で家にいるのが怖いんだろ?」って言ったら「・・・うん」って。
それを聞いて俺はちょっとあわてて「大丈夫だよ、そんなに遅くならないから。」って言ったんだ。

そしたら、「ばんごはん、、、今日も私がつくるから、食べて」って言うの。
だから、晩御飯に間に合うように約束して、俺は出かけたんだよ。
で、俺は友達と遊んでいたんだけど、すっかり遅くなってしまって
あわてて家に帰ったら、妹はなんかちょっと涙ぐんでて、
「遅い、、、」ってちょっと怒った顔して言うの。
俺は平謝りして許してもらって、そんで「ご飯、、食べよ、、」って言って、
俺の手をひっぱって、リビングのテーブルに連れてったんだよ。 アッハー

で、ご飯食べ終わって、またテレビ見ながら雑談してたら
「今日は何してたの?」って聞いてくるの。
「普通に友達と、くだらないことで騒いでたよ?」って言ったら「いいなぁ・・」ってボソッて言うの。

だから俺は「あやも、友達とか作りなよ。 せっかくかわいい顔してんだし。もっと明るくなれば友達とか彼氏とかすぐできるよ?」
って言ったら、「・・えへへ、うれしいな。」とか言って、顔真っ赤にさせてるの。
かわいいって言われただけで照れるなんて、なんか単純だなぁって思って
「ちょっと髪型変えてみ?」って妹の前髪をちょっと掻き分けてみた。

そしたら、つい目と目があって、ちょっとの間見つめあってた。
妹はますます顔赤くさせて、「なんか、、、恥ずかしい。」って照れてんの。
で、今日は風呂は妹に先にゆずってやったら、「、、リビングにいて。」ってやっぱり言うわけ。
で、冗談で、90%冗談で「そんなに怖いなら、一緒に入るか?」って笑いながら言ったら
「・・・・それでも、いいから。。。」ってうつむきながら言うの。 ウヒョーィ

冗談で一緒に風呂はいろうと言ってしまった俺。 いいよとうなずく妹。
ここまできたらもう、後戻りしたら俺かっこ悪い。  かっこ悪い、俺。後戻りしたら。
で、覚悟を決めて「じゃぁ一緒にはいっか〜〜」って言ったら、
妹はなんか「じゃあ、私、先に入ってる・・・」って言うの。
で「俺着替え取ってくるわ」って言ったら「怖いから、、、早く、、来て、、、」って。

自分の部屋に戻る途中と、1階へまた降りるとき、俺心臓バクバク行ってた。
で、脱衣所についたら、妹はもう風呂には入ってた。
俺はもうやけくそで、全部脱いで、風呂場に入った。
妹は湯船につかって向こうを向いていた。
照れ隠しに「お前ちゃんと体洗ったか?」って言ったんだけど
「洗ったよ・・」って。 タイルは泡いっぱい残ってたし、、、俺は「早いな〜」とか言った。

で、俺も頭から洗い始めたんだ。 そしたら妹が
「お兄ちゃん、昔のことなんだけど、、、」「何?」
「昔、一緒にお風呂、、入ったこと、覚えてる?」って。

「かすかに、、覚えてる。 あや、いっつも泣いてたな。バスクリンが怖いって。」
俺はシャンプーで目をつむったまましゃべりかけた。
「だって、、あの頃は怖かったんだよ。お湯が緑なのが、、気持ち悪いとか思って。」
「俺が無理やり肩まであやのこと沈めて、強引に30数えたっけ。 あやすっごいでかい声で
泣き叫んで、俺耳がキーンてしてたんだぞ。あはは。」
「ふふふ、お兄ちゃん、ひどいんだもん。」
で、そんな昔話をしながら体洗ってた。
んでだんだん緊張もほぐれてきたんで、「せっかくだから背中洗ってよ」って頼んでみたんだよ。

そしたら「・・・うん。」って言いながら妹が湯船から出てきたんだ。
で、妹がほっそい腕で、コシコシ俺の背中をスポンジで洗ってくれたんだ。
「こんな感じでいい?」って聞いてきたから「いい感じ」って言っておいた。
背中の向こうには、妹が・・・なんだなぁ、と思うと、俺のディック(通称ジャクソン)が、
硬く硬〜〜くなってきたんだよ。 天までとどく豆の木なわけだよ。 必死で隠してたけど。

で、お湯で流した後、妹はまた湯船に戻った。
で、「一緒に、入ろ、、」って言うから、なんとか開いたスペースにつかったんだ。
前は当然隠しながら。
で二人で肩並べて、またしゃべってた。
ふと妹の頭みると、全然濡れてないことに気づいたんだ。
「あや、頭洗ってなくない?」って聞いたら、「まだ・・」って。
だから「じゃ洗ったげるよ。」って言ったら、恥ずかしそうに「お願いします」って
何で敬語よ?

で、妹が「恥ずかしいから、ちょっとだけ、、、向こう、向いてて・・・」って言うの。
だから俺は窓の外見てた。
外はきれいな満月だった。マンでしかも月。
この広い夜空の下、俺ってば今、妹と風呂はいってるよ!オイ!って
なんども自分に突っ込んだ。 
今頃北海道の知人のところにいるお父さん、お母さん。
先勃つ不幸をお許しください。
って、俺はなんとなく、浸っていた。 すこしだけ入ってくる夜風が心地よかったけど
妹が寒がるだろうから、すぐまた閉めた。
妹が湯船からでて、風呂椅子に座って、「もういいよ。」って言うから、
俺も湯船からでた。
シャンプーを取る手が震えていたのがヒシヒシ解る。

妹の裸、背中だけだったけど、なんかすごく、、、ヨかった。 
やらしい意味ではなく、すごくキレイだった。芸術品のような、それでいてガラスのように繊細で。
まあ勃起してたんですけどね。
俺はとりあえず妹の髪の毛を洗った。
指の腹で頭をキューっともみこむように。

勃起したジャクソンが背中に当たらないように、腰を引きながら、洗った。
はたからみたら、すごいアホなスタイルだったと思う。
緊張で震える指がちょうどいいバイブレーションになっていた。
「あ、お兄ちゃん、、、それ、気持ちいい。」って妹がいうから
俺は調子に乗って、気分はカリスマ美容師だった。
まあ勃起してたんですけどね。

美容室でやってもらうような、シャンプーあとのマッサージみたく
我流でいろいろ頭のマッサージみたいなことをやった。
ときどき、「ふふふ、ちょっと、くすぐったいです。」とか言われた。
「え?これくすぐったい?」って意地悪く俺がなんども同じツボを攻めると
「あははは、くくく、、、くすぐったいってば、あふふふ」って妹も妙なテンションでくすぐったがる。
ああ、かぁ〜わぁ〜いぃ〜いぃ〜

思わず後ろから抱きしめたい衝動に駆られたけど、勃起したジャクソンが
背中にツンツン当たった瞬間、すべてが終わってしまうような予感がしたので
なんとか自分にブレーキをかけることが出来た。

で、洗い終わって、「先に上がってるよ」って言ったら、
「リビングにいて、、絶対だよ」ってお願いするんだよ。
「わかったわかった。」って言って風呂場を後にしたんだ。
なんか、勿体無い気がしたんだけど、潔く風呂場のドアを閉め、着替えた。
パンツの上からは、ジャクソンが禍々しいまでのうなりをあげる。
風呂あがっても、まだ心臓がドキドキしてたわけだ。
ガラス越しに映る妹の姿。 ああ、俺、とうとう妹と風呂入っちゃったよ。
妙な達成感が胸にこみ上げてきた。

で、妹も上がってきて、ちょっとまたリビングで雑談して、
「じゃあそろそろ寝るか」って言って、2階へ上がってたんだ。
やっぱりすぐ後ろをくっついてくるんだけど、
俺が部屋へ入ろうとすると、妹が俺のスウェットのそで掴みながら
「もうちょっとだけ、、しゃべろ」って言うんだよ。
まぁ、夏休みだし? 夜遅くなっても支障はないし、
とにかく、昨日はそっけなかったし、今日も一日かまってあげなかったから
話し相手をしてあげようと思った。
決してやらしい期待を抱いていたわけではない。
いやマジで。

で、しょうがないから、妹のために、部屋に入れたんだ。
よく考えたら、自分の部屋で、妹とじっくり話すのって初めてだったかもしれない。
妹は俺の部屋にゆっくりいるのも初めてらしく周りをきょろきょろしてた。
やれ、貼ってあるポスターとか、CDラックのアルバムいろいろ引っ張り出したり、、
あと一緒にぷよぷよとかやった。
超弱くて、わざと負けるのが難しかった。

妹を負かして「あ〜〜、お兄ちゃん、ずるい〜〜」とか言われると、無性に申し訳なくなるのはなんでだ。
そんなことよりも、俺のすぐ横にいる2つのぷよぷよをどうにかして欲しかった。
横から見たら、パジャマのボタンの隙間から、見えるんだよ! 生プヨプヨがっ。チクSHOW!!!
ということで、そのぷよぷよに意識を集中させることによって、妹を勝たせてあげることが出来たわけだ。

で、いくらか話題も尽きかけて、
「そろそろ寝よう」って言ったら、
「あの、、お兄ちゃん、、、」ってなんか言うの。
「ん?」って聞くと、「その、、、、やっぱり、なんでも、、ない。」って言うんだ。
ははーんと思って、「一緒に寝るか?」って言ったの。
だって、もう風呂まで一緒に入った仲だし、だいたいこういうパターンがお決まりだと思ったから。
ええかげんそうな俺でもしょーもない裏切りとかは嫌いねんだよ。 

だから、勢いで、そう言ってしまったんだ。
案の定、顔真っ赤にさせて「・・・うん。」ってゆっくりうなづいたんだ。 ちょっと喜んで。
で、一緒の布団に入ったんだ。
妹はちょっと恥ずかしがって俺と少し離れて寝てたんだけど、
「そんな端っこだと寝返りうったら落ちるよ」って言って、おいでおいでしたら
俺にぴったり寄ってきた。 

結構、風呂にいっしょに入ったことで、俺はもうどうにでもなれ的な感じだったけど
このへんでブレーキかけておいた。今日のところは。
だって、妹の顔見ていたら、なんだか、、、ちょっと本心から「かわいい」って思ってしまったんだ。
まぁ勃起(以下略)
これで寝るのもちょっと勿体無いから、妹の頭ちょっと持ち上げて、腕まくらをしてあげた。 

妹はちょっとビックリした顔をしたけど、
俺の方に体を向けて、ちょっと寄り添ってきた。
何気なく、妹のまだすこし潤い気のある髪の毛をなでてあげた。
「ふふ、、、」って妹は目を細めて、顔を俺の首あたりに沈めて微笑んだ。
それで、もう寝た。
ノリで乳くらいは揉めたかもしれなかったけど、なんかこれで満足だったんだ。このときは。

結局両親が留守の間は、毎日妹と一緒に眠った。
風呂は、、、毎日ではなかったがそこそこ入った。
でも恥ずかしがって、乳首すら俺に見せてくれなかった。
まぁいいけど。 
手を出さなかったのは奇跡的と言えるだろう。
基本的にビビリな俺にとって、そのハードルを乗り越えることは困難であった。
まぁ、無理にハードルを飛び越えようとしても、勃起したジャクソンが引っかかって
ズッコケるのは目に見えているから、やめといた。

でもこの一週間で妹がかなりなついてくるようになった。
親がいるときは普通に振舞っているが、
俺と二人きりになると、急に体をくっつけてくる。 はしたない。
だからお前のぷよぷよが当たってるって。 
俺のぷよぷよをくっつけて、4つ繋いで消すぞコラ。


夏休み真っ盛りのある日、俺は部活が休みで他に予定がなく、
部屋で音楽聴きながら朝からボーッとしていたとき、妹が部屋に入ってきた。
妹も何もやることがないようだ。
「どっかいこ」って妹は言う。 でも、妹と二人で、どこに行こうというのだろ。
「どこいくのよ?」と俺は聞く。 「わかんない。 どこでもいい。」だと。
「じゃー、家の中をぐるっと一周。」と俺は言う。「それでもいいよ。」だと。
おいおい、なんでも俺のいいなりかよ。
とりあえず、本当に妹と家の中を一周歩き回っておいた。
母親は、なにやってんだコイツラ的な表情で見てた。

俺の部屋に戻ってきて、「はい、終了。」って言ったら、「もっと、、、その、どこかへ、、」って。
だから俺は言ってやったよ。「じゃあ今度はあやの番。 あやがどうするか決めるんだ。」
妹は、真剣な表情でなやんでいた。 
俺はそれをずーっと眺めていた。 奇妙な絵だけど、なんかいい感じだったよ。
30分くらい悩んで、やっと声を出した。
「プール」
「・・・・・プールねぇ」

自転車を二人乗りして、プールへ向かった。 マジでプールかよ。
と、思いながら、ブレーキいっぱい握り締めて、ゆっくりゆっくり下っていった。
目的地へ近づけば近づくほど妹のテンションは高くなり、
やたら俺の背中にしがみついてくるので、俺のジャクソンのテンションも高くなっていった。
ついたのは市川市民プール。 市民プールて。
お金払って、更衣室で着替えて、シャワーと腰洗い層を通過して、待っていた。
もちろん、冷水シャワーを浴びるときは、手を合わせて修行僧の真似をするのは忘れてはいけない。
10分くらいして、妹もでてきた。 妹のキャラからして、スクール水着を想像したが
普通の水着だった。 布率のそれなりの。 つまんねぇ。
「およご!およご!」と、はしゃぎまわる妹。
俺は、なんだか、兄というよりは保護者って気分だった。

市民プールだけあって、施設はショボイ。狭くはないが、遊園地系のプールにはかなわない。
2時間くらいでひととおりのプールを堪能してしまった。 
俺も何気にちょっと楽しかった。

お昼になり、持ってきたビニールシートをヤシの木の下に引いて、二人でねっころがった。
でかめのタオルケットをいっしょにかけて、日なたぼっこした。
日差しとタオルケットが濡れた体にここちよい体温を与えてくれる。
妹はこっちを向いて、「あったかいねぇ」ってゴロゴロしてきた。ゴロゴロ。
おいおい、こんな公共の場所でくっつくなよ。 俺のウォータースライダーがタオルケットを持ち上げて
ある意味テーマパークができてしまうぞ。 俺はちょっと体をよじって、ごまかした。

いやな出来事は突然くるもので、偶然俺のクラスメート(♀)に出会った。
向こうは彼氏と。 俺は妹と。 しかもいっしょにタオルに包まった状態で。
「あ、みずしも来てたんだ。 こんにちわ。(←妹に向かって)」と、明らかに俺のことを違った物体で見る目で話しかけてきた。
だって、タオルに包まれているんだもの。二人して。 高校生の兄妹が。おかしいもの。そんなの。
ありえないもの。

「お、おう」と訳のわからない返事をしてた俺。
そんな俺を気遣ってくれたのか、その女はすぐに引き上げてくれた。「じゃ、また学校で。」
ああ、学校行きたくねぇーーーー。 クラス中に広まる。
俺が妹とプールでタオルに包まれてたって。
俺も油断してたよ。 けっこう近所なんだし、そこんところ警戒すべきだった。
あいつもあいつで、デートに市民プールなんてくるなよクソ。

妹は言う。「誰?あの人。友達?」と。 おいおい、さんざん俺のクラスでかわいがられてたじゃないか。
休み時間いっつもくるくせに。 「いや、あやも知ってるだろ。俺のクラスの・・・」
「ふーーん、、、ねぇ、お兄ちゃん、、今の人に、私のこと、お兄ちゃんの彼女って、、、
誤解されてないかなぁ、、、、」妹は、うれしそうに言う。
俺は思った。 こっ、こいつ、バカだ。 しかもかなり危険めな。 かわいい。かわいいのかよ!
そんなこんなで、日焼け跡がやけにしみた、ある夏の日。

夏休み中は、俺が暇なときは結構な頻度で妹と遊んだ。
プールの他は映画とかも行ったけど、高校生だから(しかも二人ともバイトとかはしてなかったから)
お金がなくて、そうそうブルジョワな事はできなかった。

地元の花火大会に連れてけとねだられたが、友達と行く約束があったので断ったら、
「それでもいいから一緒に連れて行って」だと。 んなカッコ悪いことできるわけねーじゃないの。
だから「マジで勘弁してくれ」と、土下座して許しを請うた。 「だめ!絶対いく!」と、妹。
だんだんコイツ調子に乗ってきやがったな・・・最初の頃は大人しくて従順だったのに、
いっぺんここらでチンコビンタをくらわせて立場わからせてやろうかしら。 
と、カーペットに頭こすりつけながら考えてた俺。かこわる。

「じゃあこうしよう、花火セット買ってきて、二人で公園で花火やろう。ね。花火大会よりも一足先に。ね。」
と譲歩案を提出したところ、さんざん悩んで、「じゃあ、いいよ。」と、なんとか妥協してくれた。やれやれ。
まぁあんまり調子に乗るようだったら、俺の股間のロケット花火を思いっきり打ち込んでやろうと思ってたんですけどね。
チンポネタばっかだな。

花火大会の前日の夜、夕食を済ませた俺と妹は、近所のドンキーホーテへ花火を買いに行った。
BGMの「ジャングルだぁ〜」のところはかならずハモらせるよう、
妹にドンキーホーテにおける最低限のマナーを躾けた。
あと、夜はジャージ姿の上級者カップルが多いので、通路を優先させることも教えた。

予算は二人合わせて3千円。 とりあえずそれなりの花火セットと着火マンを一個買って、
忙しそうにしてた持ち持ちマンに袋を持たせて、店を出た。 営業妨害ってやつだ。
さらにその足でコンビニへ、ジュースとお菓子をいくつか買って、
自転車でちょっとだけ遠くの、船橋港の近くの海沿いの公園へ向かった。
近所の公園だとロケット花火ができないから。

そんなに遠くないと思っていたけど、妹を乗せているとやけに遠くに感じた。
やっとついたときは、もはや俺的には、最後まで残った線香花火をいっぺんにつけてマターリしてる時間だった。
自転車を降りて、買ってきた十六茶を一気に飲み干して、準備をした。
「なにからやる?なにからやる?」と妹。 なんで二回言うんだ?

まずはロケット花火3連発、海に向かって発射した。
二人っきりの花火大会の開始の幕開けだ。開始の幕開けって、かぶってるな。
妹は、子供が遊ぶような手持ち花火をつけてた。
「何て書いたかわかる?」とかいいながら、空中でくるくる何かを描いてた。
それを無視して、俺は打ち上げ花火のセッティングに熱中してた。
「ねぇ、聞いている!?」と妹は、火のついたままの花火を振り回しながら俺のところによってきた。
「あ、ごめん、全然見てなかった」というと「じゃあもう一回やるよ!」ってぐるぐる花火を回す。

その花火がいつの間にか、俺が立てた打ち上げ花火の導火線に引火してたみたいで、
俺の耳元で「ドン!」っていきなり火の玉が空に向かって打ち上げられていった。
「のぁああっ」って俺と妹はアホみたいな驚き声を出してのけぞった。
「バカ。あぶねーだろ。」と俺が軽く怒ると「だって、お兄ちゃん見てくれないんだもん」と妹。

-------WARNING!ここから下は心臓の弱い方は飛ばしてください!読んでいて恥ずかしくなります!------

「ごめんなさいが聞こえねーな」と、俺は袋の中からねずみ花火を取り出して、火をつけた。
「おしおきだべー」と、タイムボカンのドクロベェーの真似をして妹に向かってダッシュした。
妹は「やめてー!あははは!」とかいいながら逃げる。 
はたから見たら「まてー!」「うふふふ!」と、海岸を追いかけっこする絶滅危惧種保護指定モンのカップルの絵。

タイムオーバーで、ねずみ花火は俺の手からシュルシュルシュル!と火花を上げて回った。
やっぱり「のぁああっ」ってアホみたいな驚き声をあげる俺。
「えへへ。」と照れ笑いする俺。 妹は俺のところへよってきて「大丈夫?」と指をさする。
そこへねずみ花火が、パンッ!と音を立てて破裂し、二人でビクッ! ってなってた。
で、二人顔を見合わせて「あはははは」と一緒に笑った。
「お兄ちゃん、驚いた顔、かわいい。」「こいつーー、ツン(←おでこをつつく音)」
アハハハははははははははは・・・・・・・・・・・

-------もういいよ------------------------------------------

という妄想をくりひろげていたので、妹の回してた花火の字なんてわかんなかった。
「じゃあ第二問。」って妹はまた手持ち花火に火をつけた。
「つーか、一本ずつやらんで、2本くらいまとめてやろうよ。いっぱいあるんだし。」
と、俺が筒状の10連発打ち上げ花火を両手にもって、火をつけたみせた。
スポーーン!スポーーン!と火の玉が飛んでいく。
それを見て妹も「面白そう、一個貸して。」というので、そっと手渡ししてあげた。
妹は顔をそらしながら、筒花火を空に向けた。スポーン、スポーン、、、7発くらいでたところで、終わった。 
そこでなんと、妹は、終わった筒花火を握り締めながら、衝撃の発言をした。
「うわ〜、いっぱい出たね〜〜」と。
こいつ、ワザと言ってねーか?と疑うほど、妹は恍惚の表情でいった。 
小指を立てて筒花火を握っていたらパーフェクトだったんだけどね。 天然っておそろしいね。

「もう一回やる〜」といいながら妹は、10連発の筒花火を探したが、もうなかったので
5連発の小さい筒花火を取り出した。
「さっきより小さいけど、これでもいっか〜」だと。
「そりゃ10発も出したら小さくなるわな」って俺がボケてあげたけど、
妹は「え?」って無反応だった。前フリ逃げかよ! 
「これ出来る?」と、俺はさらにもう一本出して、火をつけた。
海に向かって、やや水平に火の玉を発射した。 火の玉は、海面で3回ほどホップしていった。
「すご〜い」と、妹もみようみまねで、海面へ向けたけど、1回でシュポンって情けない音と共に消えた。
「できないよ〜」と、妹が泣き言をいう。 俺は最高5回ホップさせることができた。
妹のが先に終わってしまい、俺のがまだ残っていると、
「お兄ちゃんの、まだ出てる〜」だと。 天然っておそろしいね。

ひととおり終わって、ベンチに座ってコンビニで買ってきた菓子を食べながら雑談してた。
「夏休みの宿題終わった?」「あ、俺9月にならないとやらないタイプだから。」
「私はもう終わったよ。」「じゃあ、俺のもやっといてよ。」
「2年生のなんてわかんないよ!」「いいんだって。適当なんだよあんなの。余裕だから。」
「お兄ちゃん、何が得意なの?」「英語、、かな。」
「すごい!じゃあ、なんか英語でしゃべって!」「・・・・フジヤーマ」
「・・・それ、英語じゃないじゃん。」「じゃあ、あやもなんか英語しゃべってみろよ。」
「え、えっ、えーっと、・・・、ま、まいねーむ、いず、アヤーカ、ミズシーマ」
「・・・・なんで自分の名前の所まで英語なまりなんだよ。」
「あっ・・・。」「・・・だめじゃん俺ら。」
「気にしたら負けだよ。あはは。」「・・・・。」

やっぱり残ったのは、何本の手持ち花火と線香花火がいっぱい。
恒例の、線香花火サバイバルをやった。 最後まで残ったもの勝ち。
「あっ、あっ、落ちる落ちる」とかいったりして、線香花火同士をぶつけ合って火の玉を落とそうとしたりして、
バトルロワイヤルをたっぷり楽しんだ。
それにしても最後の一本がポトンと落ちる瞬間の、あの虚無感はどうにかならんか。
俺も妹も、一気にテンションが落ちてた。 あたりはシーンと静まり返る。

「じゃあ、帰ろうか。」「うん。」と、また俺はうしろに妹を乗せて長い道のりを帰っていった。 
なんでこんな遠いところまで来たんだろう。 激しく後悔。 
「ねぇ、明日の花火大会、、誰と行くの?」と妹が話しかけてくる。
「ん、友達何人かと。」「いいなぁ〜」
「あやも友達さそって行けよ」「だから、友達、いないもん。」
「・・・・。」「・・・なんかお土産、買ってきてよね。」
「いや、花火大会だし、、旅行じゃないんだから、お土産て・・・。」「なんでもいいから。」
なんだか、妹がかわいそうになってきた。でも、しかたがないじゃん。野郎軍団で遊ぶのに
自分だけ妹連れなんて、、、カギっ子小学生じゃないんだから。かこわるい。
つーか、野郎同士で花火大会ってのも悲しいけどね。
なるべく遅くならないようにしよう、と心の中で軽く誓った俺だった。

帰ってきたら、風呂も入る気力もなく、そのまま寝た。「お風呂はいんなきゃダメだよ」
って妹に体を起こされたが、「朝入るから寝させて」って俺はかたくなにベットから離れなかった。
どーせ、親がいるから一緒に入れないんだし。 今日はもういいや。

夏休み明けの登校日。俺はちょっとだけ気が重かった。
だってクラスで一番うっさい奴(♀)にプールでの妹とのツーショットを見られたから。
まぁ、いつも休み時間とか一緒にいるのはみんなしってるから、別にほっときゃいいんだけど。
でも休みの日まで一緒に出かけてて、しかも一緒にタオルに包まれてるなんて・・・
アリかナシかで言えば、限りなくナシだろ。
いつもは妹と一緒に登校しているんだけど、今日ばかりは黙って先に出た。

とりあえずかったるい始業式が終わるまでは普通に過ごせた。
でも、体育館から帰ってきたあと、俺が男友達と教室でしゃべっていると、
奴が来た。数人の取り巻き連れて。
「みずしぃ〜、こないだはど〜もぉ〜」
うっ、なんて、まぶしい笑顔だ。 俺は激しく目がくらんだ。
「みずしってさぁ〜、ほんっっっと〜〜〜に、あやちゃんと仲がいいねぇ〜」
俺の首絞めながら奴はいう。
「何?何?真鍋、どうしたの?」俺の友達が奴に聞く。
「聞いてよ〜、こないだみずしと、市民プールで会ったんだけどさぁ」
「アーーああーーああーーあーあーあーー」
俺は大声を上げて、奴の言葉を封じた。が、次の瞬間、奴の取り巻き達に羽交い絞めにされて
首を上に曲げられ気道を塞がれた。 ダチョウ倶楽部の上島のギャグが頭をよぎった。
「なんか、あやちゃんと一緒だったんだよね〜」
「ふ〜ん、プールまで一緒に行ってる仲なんだ。このやろ。」
「でも、みずしっていつも弁当とか妹と一緒に食ってるんだから。別にそんくれーアリじゃねーの?」
「それが! なんかビニールシート引いて〜、タオルケットかけて〜、一緒に抱き合ってたんだよ〜!」
「何っ?マジか、みずし!」
「お前、、、とうとう犯罪者に、、、」
「あ〜あ、なんかがっかりッスヨ〜、水島サ〜ン、、、」
意識がうすれていくなか、友達らの言葉が俺の体をズブズブ突き刺していった。
死に至る前になんとか、取り巻きの腕を振り解いた。
「真鍋っ、お前うっせーよ、いちいち報告すんなボケッ!」俺は顔を真っ赤にさせて奴に叫んだ。
「みずしぃ〜、もうあやちゃんとヤっちゃったの?」
「なっ、なっ、、、んなわけねーっ、だろっ!
 アイツ、友達いねーんだよ。だから、かわいそうだからプール連れてってやったんだよっ。
 第一、抱き合ってなんかねーし。そんなん、タダの兄妹の、スキンシップだろ?普通だよな?な?」
俺は顔をますます真っ赤にさせて弁解した。
「みずし。みずし。お前、顔真っ赤だから無理。」
友達の指摘に、一同爆笑。 ジャムおじさんに新しい顔を焼いてもらいたいくらいだ。
ああ、なんか、無理やりカップル成立させられた小学生みたい。
次あたりは黒板に相合傘とかかかれちゃうのかしら。キャハッ。はぁ〜

昼前になって、下校の時間になった。
相変わらずあやは、俺の教室へ迎えに来た。「帰るよ・・・」って。
今はマズいからぁ〜〜今日はこないで〜〜〜、という俺の心の叫びは、あっさりと打ち砕かれた。
俺はダッシュで妹の所へ駆け寄り、「今日はひとりで帰ってくれ」とこっそり言った。
背後で、クスクス言われてるのが痛いほどよくわかる。
「なんで〜、今日だって何も言わずに先に行ったくせに〜〜」
「いや、だから、マジで今日は帰れって。俺用事があるから。」
俺と妹がもめていると、奴が来た。 ダースベーダのテーマとともに。
やっぱり俺の首しめて言う。「おやおや〜、痴話系っすか〜?」
「あっち行ってろっ」と俺は奴の腕を振り解いた。
「あやちゃん、こないだはども!」と奴は、妹にニッコリと話しかけた。
「・・・こんにちわ。・・・・?え〜〜っと、、、」
さすが我が妹、人の顔を覚えることができないようだ。スバラシイ。友達も出来ないわけだ。
「ほらぁ、こないだ市民プールで会ったじゃん。私。」
「あ〜、あなただったんですか。」
「ふふ、あやちゃんってお兄ちゃんと、本当仲良しだね。」
「えっ、あの、、はい。」
「お兄ちゃんのことが大好きなんだ?」
「えっ、、、、、その、、、、、」
「もうやめろって、あっち行け、バカが。」と、俺は奴の背中に膝蹴りして追い払らおうとした。
が、そのやり取りを聞いていた、友達らが群がってきた。 どんどん人が増えてくる。ああ〜。
「帰ってやれよ〜、おにいさまぁ〜」
「おい、みずし、とりあえずアゴを中心に5〜6発殴らせてくれ。」
「あ、俺も。」
俺は、わーーわーーわめき散らしてごまかした。ごまかせてないけど。
んで、妹を置いて、俺だけさっさと教室を後にした。
それにしてもあいつら、マジで小学生のノリだな。やっぱりウンコ〜とか連呼すると喜ぶのだろうか?

家に帰ってきて、そのままベットに倒れこんだ。僕はもう疲れたよ、パトラッシュ。
ああ、こんなんじゃ、絶対学校で彼女できない。 
失敗だったなぁ〜〜、今思うと、妹と風呂まで一緒に入ったものなぁ〜、やばいよなぁ〜。
そりゃ、妹に対して、ヤりたいと思わないなんてことはないよ。
だって、風呂入ったジャクソンだって激しく反抗期になってたし。
一緒に寝てるときだって、かわいい、って素直に思った。でも、ああいう風に回りに冷やかされると
なんだかなぁ〜〜、、、おぢさん、ちょっと妹をうっとおしく感じてきちゃったよ〜。

ちょっとしたら、妹も帰ってきた。
帰ってくるなり俺の部屋に来て、「お兄ちゃん、なんで先に帰っちゃうの。」とのこと。
俺はとっさに寝たフリをした。
「・・・・、寝たふりでしょ?」・・・なんでコイツ、余計なところは察しがいいんだ?
それでも俺はかたくなに、寝たふりを続けた。 なんか口利くのがすっごく疲れると思ったから。
「・・・本当に寝てるの・・・?」俺のところに来て、俺の顔をじっと見つめてくる。
薄目を開けたらバレるかな・・・。そう思いつつも、ちょっとだけ開けてみようとした。
その時、妹は俺と一緒に、横になりだした。 で、俺にぴったりくっついて、、、、そのまま寝息を立ててしまった。
ハァ? よくわからん衝撃が体をよぎった。 俊介が代表もれしたくらいわけわからん衝撃だった。
俺は薄目を開けてみた。妹の顔が間近にあった。 うん、これは確かに妹の顔だ。
確認したあと、俺は動くに動けなくなって、結局そのまま30分くらいじっとしてた。
で、いつの間にか、眠っていた。



続き↓
俺も妹とやっちゃったよ。2