2007年07月27日

50歳以上限定ライブで魅せた、森山良子オトナ健康美

Tシャツ(半袖)Motel(モーテル)Takashi Ohno × Motel グラフィック S/S "ブッシュ"
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070726-00000005-ykf-ent
 木の香ただよう高原のクラシック専用ホールとして知られる長野・軽井沢大賀ホールで、歌手の森山良子(59)が25日、サマーJAZZコンサートを開いた。

 いつもと少し様子が違う客席で、ゆったりとした600席を埋めたのは、ミドルエージばかり。なんともうらやましいこのコンサートは、JR東日本の「大人の休日倶楽部」の協賛で実現した。同クラブはだれでも入れるが、「満50歳以上」の年齢制限がある。

 森山は、白のパンツスーツから真っ赤なドレスへ衣装替え。どちらも背中が大胆に開いたデザインだったが間近で見ても、来年1月に還暦を迎えるとは思えない肌の艶。「歌を歌うことで腹筋と背筋が鍛えられているので、その影響かもしれません」と話す。

 「マイ・ファニー・バレンタイン」、「ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア」といったスタンダードから、「さとうきび畑」まで18曲をしっとり披露。代表作の一つ「涙そうそう」を歌ったときは、「映画もでき、主演の妻夫木(聡)さんとも親しくお話しでき幸せでした」と少女っぽい恥じらいも見せた。

 「小さいころからジャズが好きで、好きで…。アットホームな感じで歌えました」

 よく響く大賀ホールは初体験だったが、実は現在の自宅が、長野県北佐久郡御代田町近く。軽井沢はご近所感覚だったのかも。



MOVIE REALIZATION エヴァンゲリオン初号機《予約商品12月発売》


<% amazon %>

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gunsou1377_01/50679827