新設! 夜の初級クラスが二つに増えます

 皆さん、こんにちは。事務局の舟橋です。

 2018年の1月から、試験的に夜間の中国語初級講座を実施してきました。

 

 仕事帰りなど、夜の時間に中国語教室を探している方はけっこういらっしゃるようで、お陰様で人数も徐々に増えてきました。

 夜の初級1クラスでは、これまで10代から50代まで、幅広い年齢の方々と学んできましたが、新しい方が順次加入する中、人数が増えすぎたのと、習熟度に差が出てきましたので、8月下旬から、クラスを二つに分けます。

 

初級1クラス 毎週火曜日 夜

 初級2クラス 毎週木曜日 夜

 

 「初級1クラス」はいわゆる「入門クラス」と思っていただくとけっこうです。

 対象は、

○全く初めて中国語に触れる人

○少し独学したが、発音に自信が無い人

○少し習ったが、中国人が話す中国語がほとんど聞き取れない。中国語で簡単な自己紹介をしても、相手に聞き取ってもらえない。

 このような方々です。

 中国語は発音が難しい外国語です。最初に発音でつまずくと、いつまでたっても会話ができるようになりません。

 そこで、このクラスでは、徹底的に発音を指導します。正確にピンインを読み、声調変化に慣れること。簡単な文法事項を理解し、ごくごく基本的な語彙を覚えるまでが目標です。

 (中国語検定 4級合格を目指す程度。)

 

 「初級2クラス」は、上記「初級1」クラスを履修し終えた人が対象です。

 このクラスに入る条件として、

○ピンインを正確に読め、声調変化に関しても大よそ体得していること。

○中国語検定4級程度の知識を身につけていること。

○積極的に自ら中国語で質問するなど、中国語会話に前向きに取り組む気持ちをもつこと。

 以上の条件のもと、中国語検定3級合格レベルを目指します。

 

 上記の二つのクラスともメイン講師は日本人である私(舟橋)が務めますが、随時、中国人留学生などネイティヴにも来てもらいます。

 

 整理しますと、以下のようになります。

      ↓

  「この機会にゼロから中国を始めよう!」

という方は、→ 初級1クラスへ(火曜日の午後か夜間)

 

「ある程度独学で学習を進めて発音もだいたい出来るようになった。もっと本格的に学びたい!」

という方は、→ 初級2クラスへ(火曜日の午後か、木曜日の夜)

 

「簡単な会話なら中国人とできる。さらに上のレベルを目指したい」

という方は、→ 上級クラスへ(火曜日の夜。このクラスは原則、日本語を用いず、全て中国語での授業です。)

 

 

【 中国語講座のご案内 】

岐阜中国語倶楽部の中国語講座に参加しませんか?

中国人ネイティヴ講師と、経験豊富な日本人講師による楽しく学べる中国講座です。

3か月を1クールとして、継続するクラスです。どのクラスも10名以内の少人数制。老若男女問わず、みんなで和気あいあいと学んでいます。

【期間】20187月~9月(3ヶ月を1学期として、受講料を徴収します。)

    毎週火曜日(夜の初級2クラス以外)

 

【昼のクラス】 火曜日(午後130分~午後330分)

○初級1クラス 講師・日本人 

基礎の文法と会話の習得

 (対象者 まったくの初心者から、少し学んだけど発音、基礎文法の復習をしたい方)

○初級2クラス 講師・中国人

 基礎の文法と会話の習得

 (対象者 入門・基礎を終え、もう少し進んだ方。中国語検定3級前後)

 

 

【夜の初級クラス】 火曜日(午後645分~午後845分)

○初級1 クラス  講師・日本人

(ときどき中国人ゲストを招く予定) 

 入門クラス。まったく初めて中国語を学習する方むけ。

 まずは、発音を重視し、正確にピンイン通り、正しい声調で発音できることを目指します。

「独学で勉強したけれど、中国語が聞き取れない」という方、

「ピンイン、声調に自信がない」という方にお勧めです。

学習初期にこそ発音は徹底的に身につけなければいけません!

 

【夜の初級クラス】 木曜日(午後7時~午後9時)

○初級2 クラス  講師・日本人

(ときどき中国人ゲストを招く予定) 

 半年~1年ほど教師について学んだ人向け。

 ピンイン、声調をマスターしていることが、このクラスで学ぶ条件です。

 中国語検定4級程度の文法、語彙を理解し、3級に挑戦できる程度の実力を養います。

 注! この夜の初級クラスのみ会場が違いますので、詳しくはお問い合せ下さい。

 

【夜のクラス】(午後645分~午後845分)

○上級クラス  講師・中国人 

中国語らしい表現を身につける

 (対象者 中国語検定2級前後の方。)

【会場】

岐阜市中央青少年会館内の会議室(旧明徳小学校 南校舎)

岐阜市明徳町11   電話 058-266-5134

(駐車場あります。ただし満車の場合はお近くの有料駐車場をご利用下さい)

【費用】

1 受講料  3か月 14,000円 (3か月に10回前後の授業)

2 テキスト代  実費 2,500円前後 クラスによります。

 

【申し込み方法】

まずは、下記事務局までご連絡下さい。レベルに合わせたクラスをご案内いたします。

見学も相談に応じます。

(学期の途中からの参加の場合、受講料の減免もあります)

☆ご興味のある方はお気軽に下記までご連絡下さい!

岐阜中国語倶楽部 事務局 舟橋寛延(ふなはし ひろのぶ)

電話 058-267-4489(サンリ治療院)

メール guputa@fine.ocn.ne.jp

映像作家、王兵を知っていますか?

20180611_114021
 
 本当に酷暑続きの2018年夏です。皆さん、お変わりありませんか?

 さて、今回のブログの内容は中国語学習と直接は結びつきませんが、中国の映画監督に関する記事です。


20180611_114009

 写真にあるのは、岩波書店の雑誌「世界」20186月号です。映画・比較文学研究科である四方田犬彦(よもた いぬひこ)氏による中国の映画監督・王兵(wang2 bing1)の紹介記事です。

 まず、私(舟橋)は、四方田さんが大好きで、世界中の映画を見るとき、四方田さんの指し示す評価軸はいつも参考にしてきました。現在、雑誌「世界」では四方田さんによる連載「映像世界の冒険者たち」が投稿されていますので、毎月購入する日がとても楽しみです。

 

「今月は世界中からどんな映像作家、映画監督が紹介されるだろう?自分の知っている人だろうか、それとも聞いたこともない人だろうか?」 

 すでに知っている人であれば、コンパクトにして当を得た作家・作品紹介を楽しみ、初めて知る作家であれば胸を躍らせ、いつかきっと見て見ようと思うのです。

 

 そして、王兵です。

数年前に岐阜で開催されたアジア映画祭で見た王兵監督の『三姉妹 ~雲南の子~』(2012年作)には度肝を抜かれました。王兵は基本的にドキュメンタリー映像作家ですので、この作品もそうです。雲南省は山岳地帯で、経済発展著しい中国沿岸部と比較して貧困層が多いことで有名です。この映画で取り上げられる三姉妹はいずれも幼く、長女もまだ小学生です。父は出稼ぎのため不在、母は出奔していません。まだ幼児の妹たちの面倒をみながら毎日の糧を得るためせわしく働く長女をカメラは淡々と追っかけます。大して愛想もない長女たちの姿をカメラは演出もなく映し出します。3時間ほどの長大な上映が終わったとき、本当に違う世界を見てしまったという驚きを隠せません。
 これがNHKスペシャルなどのドキュメンタリーであれば後日談があったり、背景説明があったり、心温まるエピソードがあったりして50分ほどを「楽しめる」のですが、『三姉妹』は、そういった観客の安易な姿勢を拒んでいるかのようです。

 

前々からその名前のみ聞いていた王兵のすさまじさに感嘆した次第です。王兵は旺盛な製作欲で次々と作品を発表し続けています。

精神科病院の病棟に入院する患者たちの生活をと愛を描いた『収容所病棟』(原題『疯爱)出稼ぎ労働に従事する女工を描いた『苦い銭』(原題『苦钱』)などなど。舟橋は残念ながら未見です。岐阜では鑑賞する機会がほとんどありません。いくつかは名古屋で上映されたようです。お金を出せば、アマゾンでDVDが手に入ります。

華やかな中国と違う、忘れられた=忘れ去れつつある人びとを執拗に描く王兵監督の作品が中国の公的部門に喜ばれるわけがありません。中国国内での発表は困難ですし、おそらく多くの中国人も王兵の作品を見たがらないでしょう。


 日本で中国語を学ぶ私たちが王兵の作品を見る意義は何でしょう?単に中国社会の暗部を映し出している作品と捉えるだけでは足りない、過剰なものを彼の作品群からは感じます。その過剰さとは何でしょうか?これでもかと現実の厳しさを盛り込んだ作品から、ある種の清々しささえ伝わってきます。現実変革のために、社会変革のために映画を製作しているのではなく、映像そのものが別の世界を生み出しているようです。

通常のメディアに載らない対象を独特の映画文法で、しかも続々と作り続ける王兵からは目が離せません。ぜひ、ご注目下さい。

【 中国語講座のご案内 】

岐阜中国語倶楽部の中国語講座に参加しませんか?

中国人ネイティヴ講師と、経験豊富な日本人講師による楽しく学べる中国講座です。

3か月を1クールとして、継続するクラスです。どのクラスも10名以内の少人数制。老若男女問わず、みんなで和気あいあいと学んでいます。

【期間】20187月~9月(3ヶ月を1学期として、受講料を徴収します。)

    毎週火曜日(夜の初級クラス以外)

【昼のクラス】(午後130分~午後330分)

○初級1クラス 講師・日本人 

基礎の文法と会話の習得

 (対象者 まったくの初心者から、少し学んだけど発音、基礎文法の復習をしたい方)

○初級2クラス 講師・中国人

 基礎の文法と会話の習得

 (対象者 入門・基礎を終え、もう少し進んだ方。中国語検定3級前後)

 

【夜のクラス】(午後645分~午後845分)

○上級クラス  講師・中国人 

中国語らしい表現を身につける

 (対象者 中国語検定2級前後の方。)

【会場】

岐阜市中央青少年会館内の会議室(旧明徳小学校 南校舎)

岐阜市明徳町11   電話 058-266-5134

(駐車場あります。ただし満車の場合はお近くの有料駐車場をご利用下さい)

【費用】

1 受講料  3か月 14,000円 (3か月に10回前後の授業)

2 テキスト代  実費 2,500円前後 クラスによります。

 

【夜の初級クラス】 木曜日(午後7時~午後9時)

○初級1 クラス  講師・日本人

(ときどき中国人ゲストを招く予定) 

 いわゆる入門クラス。まったく初めて中国語を学習する方むけ。

 まずは、発音を重視し、正確にピンイン通り発音できることを目指します。半年ほどで中国語検定準4級に合格できるよう、適宜、中国語検定の内容にそった学習も実施します。

 注! この夜の初級クラスのみ会場が違いますので、詳しくはお問合せ下さい。

 

【申し込み方法】

まずは、下記事務局までご連絡下さい。レベルに合わせたクラスをご案内いたします。

見学も相談に応じます。

(学期の途中からの参加の場合、受講料の減免もあります)

☆ご興味のある方はお気軽に下記までご連絡下さい!

岐阜中国語倶楽部 事務局 舟橋寛延(ふなはし ひろのぶ)

電話 058-267-4489(サンリ治療院)

メール guputa@fine.ocn.ne.jp


積極的に発表を

mmexport1530705367292
 
 皆さん、こんにちは!本当に暑い日々が続く2018年の夏です。

 さて、写真はわたし(舟橋)が、先日、ある勉強会において中国語で発表した様子です。

 

 岐阜県国際交流センターが主催する全6回の中国語講座に参加したおり、任意で発表することになり、先生の勧めに従って発表したという顛末です。

 発表=プレゼンは、人によってパワーポイントを使ったり本格的なものでしたが、私は紙芝居形式で行ないました。

 簡単に自己紹介をした後、自分が興味を持っていることについて5分ほどにまとめました。

私は現在、中国の高齢者福祉に興味を持っているので、データを紹介し、言いたいことの中国語表現を普段の上級クラスの先生にチェックして頂いた上で臨みました。

 

 こういう発表は一般に緊張するものです。でも機会を捉えて回数をこなすと慣れるものです。自分の能力以上のことをしようと欲をかくと、かえって不安に襲われます。つまり、現在の自分の能力の範囲内で精いっぱい話せば良いのです。そのように考えると安心立命するものです。

 

 また人前で失敗するのはとても良い経験です。今回、準備をけっこうしたつもりですが、ある単語を間違えて発音し、先生や生徒さんにつっこまれました。もちろん恥ずかしいのですが、そのおかげでこの単語は今後間違えることはないでしょう。深く印象に刻まれましたから。

 

 色々な集まりで中国人と接すると、彼らは人前で話すことに慣れていて堂々としているなあ、と感心させられます。スピーチ文化が日本より盛んなのかも知れません。日本人だと自分の話が面白いかどうか、気にし過ぎたり、照れのせいか半笑いになったり、締まりが無いですが、手慣れた中国人のプレゼンは聞いていて気持ちの良いものです。是非見習いたいと思います。

 せっかく中国語を学んでいるのですから、あらゆる機会を捉えて使っていきたいものです。


【 中国語講座のご案内 】

岐阜中国語倶楽部の中国語講座に参加しませんか?

中国人ネイティヴ講師と、経験豊富な日本人講師による楽しく学べる中国講座です。

3か月を1クールとして、継続するクラスです。どのクラスも10名以内の少人数制。老若男女問わず、みんなで和気あいあいと学んでいます。

【期間】20187月~9月(3ヶ月を1学期として、受講料を徴収します。)

    毎週火曜日(夜の初級クラス以外)

【昼のクラス】(午後130分~午後330分)

○初級1クラス 講師・日本人 

基礎の文法と会話の習得

 (対象者 まったくの初心者から、少し学んだけど発音、基礎文法の復習をしたい方)

○初級2クラス 講師・中国人

 基礎の文法と会話の習得

 (対象者 入門・基礎を終え、もう少し進んだ方。中国語検定3級前後)

 

【夜のクラス】(午後645分~午後845分)

○上級クラス  講師・中国人 

中国語らしい表現を身につける

 (対象者 中国語検定2級前後の方。)

【会場】

岐阜市中央青少年会館内の会議室(旧明徳小学校 南校舎)

岐阜市明徳町11   電話 058-266-5134

(駐車場あります。ただし満車の場合はお近くの有料駐車場をご利用下さい)

【費用】

1 受講料  3か月 14,000円 (3か月に10回前後の授業)

2 テキスト代  実費 2,500円前後 クラスによります。

 

【夜の初級クラス】 木曜日(午後7時~午後9時)

○初級1 クラス  講師・日本人

(ときどき中国人ゲストを招く予定) 

 いわゆる入門クラス。まったく初めて中国語を学習する方むけ。

 まずは、発音を重視し、正確にピンイン通り発音できることを目指します。半年ほどで中国語検定準4級に合格できるよう、適宜、中国語検定の内容にそった学習も実施します。

 注! この夜の初級クラスのみ会場が違いますので、詳しくはお問合せ下さい。

 

【申し込み方法】

まずは、下記事務局までご連絡下さい。レベルに合わせたクラスをご案内いたします。

見学も相談に応じます。

(学期の途中からの参加の場合、受講料の減免もあります)

☆ご興味のある方はお気軽に下記までご連絡下さい!

岐阜中国語倶楽部 事務局 舟橋寛延(ふなはし ひろのぶ)

電話 058-267-4489(サンリ治療院)

メール guputa@fine.ocn.ne.jp

中国語単語を覚えるとは?

20180718_170214

 中国語の単語って、どうやって覚えていますか?記憶する方法はいろいろありますよね。

何度も紙に書く、ブツブツと発音してみる、単語カードを作り折に触れめくる、などなど。

 

 では、中国語の単語を覚えるって、どういうことなんでしょうか?

1)まず漢字表記を正確に覚える。これは意外に難しい。簡体字の字体、描き順を正確に覚えるのはけっこう大変です。まして、今はスマホで入力することが多く、手書きの練習をついついさぼってしまいすが、おざなりにしてはいけません。

 

2)ピンインと声調を覚える。

 ここも大変重要です。正しく発音できなければ覚えたことになりません。うろ覚えの単語は自分が発音できないだけではなく、相手の発話を聞き取れません。

 

3)意味をしっかり理解する。

 名詞だとわりあい意味範囲がしっかりしていて理解しやすいのですが、動詞や形容詞ですと、機械的に日本語に訳すと奇妙な時があります。単純に日本語に置き換えるのではなく、本来その単語はどういう意味を有しているかを把握しましょう。

 

4)用法、コロケーションなど、

 学習者が案外、見過ごすのがここです。ある単語の意味を理解したとしても、どんな時に使えるか?逆にどんな時には使えないか?これが用法です。とても大事です。自然な中国語になるように、単語を一つだけ切り出して覚えるのではなく、例文と共に覚えることを強くお勧めします。

 コロケーション(co-location)とは、ある単語が他のどの単語とよく使われるかです。共同で場所を占める、ということですね。

 この概念が入っている人と入っていない人とでは、学習の伸びが明らかに違います。全ての単語は中国語という宇宙のなかに生成する星のようなものです。どの太陽系に属するか、月のような衛星を伴うか、どの単語と相性が良く、どの単語とは悪いか、こういった点に気を配ると個々の単語が立体的に見えてきますし、覚えやすいはずです。

 

 以上、1)~4)の一つ一つのステップを踏みながら、頭に染み込ませていきましょう。常に気にしていると、以前習った単語や表現を、ボーっと見ていた中国ドラマで再発見して嬉しいものですよ!

 

【 中国語講座のご案内 】

岐阜中国語倶楽部の中国語講座に参加しませんか?

中国人ネイティヴ講師と、経験豊富な日本人講師による楽しく学べる中国講座です。

3か月を1クールとして、継続するクラスです。どのクラスも10名以内の少人数制。老若男女問わず、みんなで和気あいあいと学んでいます。

【期間】20187月~9月(3ヶ月を1学期として、受講料を徴収します。)

    毎週火曜日(夜の初級クラス以外)

【昼のクラス】(午後130分~午後330分)

○初級1クラス 講師・日本人 

基礎の文法と会話の習得

 (対象者 まったくの初心者から、少し学んだけど発音、基礎文法の復習をしたい方)

○初級2クラス 講師・中国人

 基礎の文法と会話の習得

 (対象者 入門・基礎を終え、もう少し進んだ方。中国語検定3級前後)

 

【夜のクラス】(午後645分~午後845分)

○上級クラス  講師・中国人 

中国語らしい表現を身につける

 (対象者 中国語検定2級前後の方。)

【会場】

岐阜市中央青少年会館内の会議室(旧明徳小学校 南校舎)

岐阜市明徳町11   電話 058-266-5134

(駐車場あります。ただし満車の場合はお近くの有料駐車場をご利用下さい)

【費用】

1 受講料  3か月 14,000円 (3か月に10回前後の授業)

2 テキスト代  実費 2,500円前後 クラスによります。

 

【夜の初級クラス】 木曜日(午後7時~午後9時)

○初級1 クラス  講師・日本人

(ときどき中国人ゲストを招く予定) 

 いわゆる入門クラス。まったく初めて中国語を学習する方むけ。

 まずは、発音を重視し、正確にピンイン通り発音できることを目指します。半年ほどで中国語検定準4級に合格できるよう、適宜、中国語検定の内容にそった学習も実施します。

 注! この夜の初級クラスのみ会場が違いますので、詳しくはお問合せ下さい。

 

【申し込み方法】

まずは、下記事務局までご連絡下さい。レベルに合わせたクラスをご案内いたします。

見学も相談に応じます。

(学期の途中からの参加の場合、受講料の減免もあります)

☆ご興味のある方はお気軽に下記までご連絡下さい!

岐阜中国語倶楽部 事務局 舟橋寛延(ふなはし ひろのぶ)

電話 058-267-4489(サンリ治療院)

メール guputa@fine.ocn.ne.jp

中国帰国者の存在

20180624_153715

 最近、私(舟橋)が興味を持っているのは「中国帰国者」の存在です。「中国残留孤児」という言葉の方が分かりやすいかと思います。ただ、実際には中国に残ったのは、孤児だけではなく、「残留婦人」もいらっしゃり、更には「残留孤児」の配偶者やその子孫も来日していますので、全体を含めて「中国帰国者」という表現が公式には使われているようです。

 岐阜で開催される中国人のイベントに顔を出すと、時々こうした方々にお目にかかります。血統的には日本人でも日本語が得意ではない方もいますし、その配偶者ですと、血筋も文化もまさに中国人です。

 当然のことながら、日本が「建国」した満州地方の方が多く、つまり東北三省から来日されています。

 帰国者が親族探訪のために来日し始めたのは主に1980年代初頭からです。当時、私は中学生ぐらいでしたが、残留孤児の方々が親と再会して泣いている姿が印象に残っています。

 あの頃、帰国した残留孤児の皆さんも大体70歳台になりました。(残留婦人の場合、敗戦時点で20才以上ですからすでに90歳前後になられています。)

 

 先日、「東海・北陸中国帰国者支援・交流センター」が主催する岐阜の集まりにお邪魔しました。10組ぐらいの帰国者の方々が集まり、一緒に切り絵をしたり、歌を歌ったり楽しいひと時を過ごしました。言葉の問題があり、帰国者の方々は普段、あまり地域の付き合いが多くはないかも知れません。


 私たち普通に日本に暮らしている隣人である帰国者のことをもっともっと知りたいと思っています。せっかく中国語を学んでいるのですから、その中国を使って、普通の日本人がなかなか知りえない世界に入らせてもらいたいと思います。


 写真に示した本は、

「中国残留孤児問題の今を考える」(木下貴雄・著 2003年 鳥影社)

 実はある集まりで偶然、著者である木下さんと知り合いました。木下さん自身も残留孤児の二世です。10代の後半に来日したこともあり、中国語と日本語のバイリンガルであり、なおかつ当事者として「帰国者」の問題に熱心に取り組んでおられます。

 こうした当事者との出会いは私たちの世界観を揺さぶります。県立図書館で「中国残留孤児」に関する資料を検索していて、木下さんのご著書を発見、一気呵成に読んだのです。

 今から15年前のものですから、状況は変わった部分もありますが、日本社会が知らない、しかし知るべきことがたくさん書かれています。


 私たちは1931年の満州事変から始まる十五年戦争とその事後処理について、学校教育ではほとんど習いません。大きな歴史の流れの中で、個々の人生があったことを噛みしめながら、中国語学習、そして中国人や「帰国者」との交流を続けていきたいと思っています。


【 中国語講座のご案内 】

岐阜中国語倶楽部の中国語講座に参加しませんか?

中国人ネイティヴ講師と、経験豊富な日本人講師による楽しく学べる中国講座です。

3か月を1クールとして、継続するクラスです。どのクラスも10名以内の少人数制。老若男女問わず、みんなで和気あいあいと学んでいます。

【期間】20187月~9月(3ヶ月を1学期として、受講料を徴収します。)

    毎週火曜日(夜の初級クラス以外)

【昼のクラス】(午後130分~午後330分)

○初級1クラス 講師・日本人 

基礎の文法と会話の習得

 (対象者 まったくの初心者から、少し学んだけど発音、基礎文法の復習をしたい方)

○初級2クラス 講師・中国人

 基礎の文法と会話の習得

 (対象者 入門・基礎を終え、もう少し進んだ方。中国語検定3級前後)

 

【夜のクラス】(午後645分~午後845分)

○上級クラス  講師・中国人 

中国語らしい表現を身につける

 (対象者 中国語検定2級前後の方。)

【会場】

岐阜市中央青少年会館内の会議室(旧明徳小学校 南校舎)

岐阜市明徳町11   電話 058-266-5134

(駐車場あります。ただし満車の場合はお近くの有料駐車場をご利用下さい)

【費用】

1 受講料  3か月 14,000円 (3か月に10回前後の授業)

2 テキスト代  実費 2,500円前後 クラスによります。

 

【夜の初級クラス】 木曜日(午後7時~午後9時)

○初級1 クラス  講師・日本人

(ときどき中国人ゲストを招く予定) 

 いわゆる入門クラス。まったく初めて中国語を学習する方むけ。

 まずは、発音を重視し、正確にピンイン通り発音できることを目指します。半年ほどで中国語検定準4級に合格できるよう、適宜、中国語検定の内容にそった学習も実施します。

 注! この夜の初級クラスのみ会場が違いますので、詳しくはお問合せ下さい。

 

【申し込み方法】

まずは、下記事務局までご連絡下さい。レベルに合わせたクラスをご案内いたします。

見学も相談に応じます。

(学期の途中からの参加の場合、受講料の減免もあります)

☆ご興味のある方はお気軽に下記までご連絡下さい!

岐阜中国語倶楽部 事務局 舟橋寛延(ふなはし ひろのぶ)

電話 058-267-4489(サンリ治療院)

メール guputa@fine.ocn.ne.jp

ギャラリー
  • 映像作家、王兵を知っていますか?
  • 映像作家、王兵を知っていますか?
  • 積極的に発表を
  • 中国語単語を覚えるとは?
  • 中国帰国者の存在
  • 中国の企業とワールドカップ
  • 中国の企業とワールドカップ
  • サッカー用語の中国語
  • ワールドカップ ロシア大会