5/19(土)講演会のご案内

 20185/19(土)に以下の講演会があります。直前ですがご案内いたします。

 

31444914_2114293768585089_9020977523253315107_n

テーマ「40年前の中国~国交正常後初期の思い出」

 主催は岐阜県日中友好協会さんで、講師は元外交官の市橋康吉さんです。

 

日時)20185/19(土) 14001530

場所)村上記念病院 西館1Fホール

  JR岐阜駅から西へ徒歩 数分

 

 参加費は無料ですが事前に申し込みが必要です。

 以下は岐阜県日中友好協会さんのフェイスブックページから引用したものです。

 

(以下、引用)

岐阜県日中友好協会は2018年度も公開例会「ぎふ・中国くるぶ」を開きます。

第一弾として5月19日午後2時から岐阜市橋本町の朝日大学病院(旧村上記念病院)ホールで、元外交官市橋康吉さんを講師に「40年前の中国~国交正常後初期の思い出」と題し、日中平和友好条約締結の経緯などを語っていただきます。
 市橋さんは、日本外務省で長いこと対中外交を担当。在中国日本大使館公使、在上海日本総領事館総領事などを歴任、在モンゴル日本大使を退官後、名古屋市内の徳川美術館副館長に就任。日中平和友好条約締結40周年の節目に際し、この条約に日中双方がどのような知恵を出し合い折り合ったか。当時の苦労やエピソードを交え、次の10年への助言をいただきます。

講演後、講師を囲んで意見交流会も。

参加費無料。

聴講・参加希望者は、名前、住所、連絡先(電話かメールアドレス)を添え、岐阜県日中友好協会事務局へ。

メールアドレス:mdzg4339@yahoo.co.jpFAX:058-240-0621

(引用 おわり)

書籍の紹介 謀叛の児  宮崎滔天の「世界革命」

 今回は中国語学習と少し離れて、本の紹介です。

 

20170510_112008

 
「謀叛の児 ~宮崎滔天の「世界革命」~」

 河出書房新社 2017年 3,024+

 

 皆さん、宮崎滔天(とうてん)という人物を知っていますか?中国の近代史に興味がある人であれば、孫文の支援者としてその名前ぐらいは聞いたことがあるかと思います。

 この本では、その宮崎滔天の伝記です。宮崎の人生のテーマは、世の中をよくすること=「革命」でした。明治維新後の動乱の世に生きる宮崎の目には、西欧列強がアジアを蚕食している姿がはっきりと見えたのです。そして、アジアが目覚めるためには、中国こそがその革命の震源にならなければいけない、との認識を得るに至ったのです。当時、清朝に抵抗し、辛亥革命を起こした孫文たちを積極的に応援した人物が宮崎滔天に他なりません。

 この本は350頁をこえる大著ですが、著者の加藤直樹氏は達者な文章で読ませ、ページをめくる手が止まりません。最近、老眼もあり、本を長く読むのがだんだん苦痛になってきた私ですが、二、三日で読み終えたものです。

 

 明治維新後、日本国内で世直しを希求した人びとはあまたいました。外国との連携を構想し、実践した人びとも多いのです。しかし、この本の著者・加藤氏が指摘するように、その多くは後に大陸浪人と呼ばれるように、政治ゴロのような存在に成り果てたり、日本の国威国益のために相手国(中国や朝鮮)を一方的に操作の対象にしてしまう者がほとんどでした。

 そんな中、宮崎は私財をなげうって、最後まで親身になって孫文たちを支援していったことが描かれています。中国の近代史に興味がある方、そして中国人と日本人の交流に関わろうと思う方々にぜひご一読いただきたい本です。

 

 実は・・・著者の加藤氏と私は通った大学こそ違うものの、学生時代からの知り合いです。大学時代、いろいろな社会問題について討論し、行動した仲間です。私は1995年の阪神淡路大震災をきっかけに東京での生活を切り上げ、神戸に引っ越し、それ以後、ずっと連絡していなかったのですが、昨年、20年ぶりぐらいに新宿で再会してきました。 

 

 加藤直樹氏は他にも単著デビュー作として、

「九月、東京の路上で ~1923年関東大震災 ジェノサイドの残響~」

という本もあります。こちらは関東大震災の直後、官民を挙げて朝鮮人を虐殺した記録を掘り起したものです。こちらもおすすめです!


        20180507_205835

 

【 中国語講座のご案内 】

岐阜中国語倶楽部の中国語講座に参加しませんか?

中国人ネイティヴ講師と、経験豊富な日本人講師による楽しく学べる中国講座です。

3か月を1クールとして、継続するクラスです。どのクラスも10名以内の少人数制。老若男女問わず、みんなで和気あいあいと学んでいます。

【期間】20184月~6月(3ヶ月を1学期として、その後も継続します。)

    毎週火曜日(夜の初級クラス以外)

【昼のクラス】(午後130分~午後330分)

○初級1クラス 講師・日本人 

基礎の文法と会話の習得

 (対象者 まったくの初心者から、少し学んだけど発音、基礎文法の復習をしたい方)

○初級2クラス 講師・中国人

 基礎の文法と会話の習得

 (対象者 入門・基礎を終え、もう少し進んだ方。中国語検定3級前後)

 

【夜のクラス】(午後645分~午後845分)

○上級クラス  講師・中国人 

中国語らしい表現を身につける

 (対象者 中国語検定2級前後の方。)

【会場】

岐阜市中央青少年会館内の会議室(旧明徳小学校 南校舎)

岐阜市明徳町11   電話 058-266-5134

(駐車場あります。ただし満車の場合はお近くの有料駐車場をご利用下さい)

【費用】

1 受講料  3か月 14,000円 (3か月に10回前後の授業)

2 テキスト代  実費 2,500円前後 クラスによります。

 

【夜の初級クラス】 木曜日(午後7時~午後9時)

○初級1 クラス  講師・日本人

(ときどき中国人ゲストを招く予定) 

 いわゆる入門クラス。まったく初めて中国語を学習する方むけ。

 まずは、発音を重視し、正確にピンイン通り発音できることを目指します。半年ほどで中国語検定準4級に合格できるよう、適宜、中国語検定の内容にそった学習も実施します。

 注! この夜の初級クラスのみ会場が違いますので、詳しくはお問合せ下さい。

 

【申し込み方法】

まずは、下記事務局までご連絡下さい。レベルに合わせたクラスをご案内いたします。

見学も相談に応じます。

(学期の途中からの参加の場合、受講料の減免もあります)

☆ご興味のある方はお気軽に下記までご連絡下さい!

岐阜中国語倶楽部 事務局 舟橋寛延(ふなはし ひろのぶ)

電話 058-267-4489(サンリ治療院)

メール guputa@fine.ocn.ne.jp

精聴と流聴

 中国語のリスニング方法として、二つの方法を取り上げます。精聴と流聴。これは私(舟橋)の造語です。

「精聴」は、精読から取りました。

「流聴」は、流し読みから考えました。

 

 読んで字のごとしで、意味はもうお分かりでしょうが、少々解説します。

 精聴は、細かく、一字一句のがさず聞き取るという方法で、聞き取ったものを紙に書くといいでしょう。英語学習でいうディクティエーションですね。もちろんその時点の自分の能力で聞き取れない部分があってもかまいません。そこは空欄にしておきます。

 人間が話すスピードは書くスピードよりはるかに速いですから、1回や2回聞いただけではダメです。一定の長さの文章を少なくとも10回は繰り返し聞き、書き取ります。CDに吹き込んでいる話者の息遣いまで覚えるぐらい聞く必要があります。

 こうして10回以上、聞きいて実際に紙に文字として落としてみると、自分が聞き取れない部分が明確になります。日本語にない中国語の特徴的な音が、自分の耳にどのように感じられるか?それはピンイン表記ではどう表されるか?

 この練習を積めば、中国人の先生が授業で話される発音から、辞書が引けるようになります。

 

一方、流聴は、それほど集中せず、中国語のCD、ラジオ、テレビなどを流します。当然知らない単語、表現は山のようありますが、いちいち気にせず、

「大よそ、なんの話をしているか?」

にしぼって、流すように聞きます。流し読みのリスニング版ですね。

私は自動車を運転するとき、だいたい中国語のCDをかけます。もう廃刊になったアルクの「中国語ジャーナル」や、月刊「聴く中国語」附属CDなどがおススメです。特にインタヴュー記事がいいですね。なぜかというと、原稿を読むのとは違い、言いよどみも含めて自然な中国語がどのように話されているかが分かるからです。

最初はほとんど分からなくてもいいのです。中国語のリズムやイントネーションに慣れることが肝要です。ずっと同じCDを聞いていると、徐々に分かる部分が増えてくるはずです。つい先週、授業で習った表現をいつも聞いているCDの中で「発見」することも珍しくありません。

 こうして精聴と流聴を交互に繰り返していくと、中国語のリスニング能力は間違いなくアップします!

 

【 中国語講座のご案内 】

岐阜中国語倶楽部の中国語講座に参加しませんか?

中国人ネイティヴ講師と、経験豊富な日本人講師による楽しく学べる中国講座です。

3か月を1クールとして、継続するクラスです。どのクラスも10名以内の少人数制。老若男女問わず、みんなで和気あいあいと学んでいます。

【期間】20184月~6月(3ヶ月を1学期として、その後も継続します。)

    毎週火曜日(夜の初級クラス以外)

【昼のクラス】(午後130分~午後330分)

○初級1クラス 講師・日本人 

基礎の文法と会話の習得

 (対象者 まったくの初心者から、少し学んだけど発音、基礎文法の復習をしたい方)

○初級2クラス 講師・中国人

 基礎の文法と会話の習得

 (対象者 入門・基礎を終え、もう少し進んだ方。中国語検定3級前後)

 

【夜のクラス】(午後645分~午後845分)

○上級クラス  講師・中国人 

中国語らしい表現を身につける

 (対象者 中国語検定2級前後の方。)

【会場】

岐阜市中央青少年会館内の会議室(旧明徳小学校 南校舎)

岐阜市明徳町11   電話 058-266-5134

(駐車場あります。ただし満車の場合はお近くの有料駐車場をご利用下さい)

【費用】

1 受講料  3か月 14,000円 (3か月に10回前後の授業)

2 テキスト代  実費 2,500円前後 クラスによります。

 

【夜の初級クラス】 木曜日(午後7時~午後9時)

○初級1 クラス  講師・日本人

(ときどき中国人ゲストを招く予定) 

 いわゆる入門クラス。まったく初めて中国語を学習する方むけ。

 まずは、発音を重視し、正確にピンイン通り発音できることを目指します。半年ほどで中国語検定準4級に合格できるよう、適宜、中国語検定の内容にそった学習も実施します。

 注! この夜の初級クラスのみ会場が違いますので、詳しくはお問合せ下さい。

 

【申し込み方法】

まずは、下記事務局までご連絡下さい。レベルに合わせたクラスをご案内いたします。

見学も相談に応じます。

(学期の途中からの参加の場合、受講料の減免もあります)

☆ご興味のある方はお気軽に下記までご連絡下さい!

岐阜中国語倶楽部 事務局 舟橋寛延(ふなはし ひろのぶ)

電話 058-267-4489(サンリ治療院)

メール guputa@fine.ocn.ne.jp

リスニングは話の内容を予想しながら

 こんにちは!事務局の舟橋です。先日、中国人の若者二人を車に乗せ、二人を送って行くとき、運転しながらふと気づくとその二人が話しているナチュラルスピードの中国語がかなり聞き取れている自分に気づきました。

 内心、

「うんうん、自分の中国語学習もここまで来たか」

と嬉しい気持ちですが、実は聞き取れたのには理由があります。

 

 二人のうち、一人は大学生、もう一人は大学院生。この日が初対面でした。一方、私は二人とそれぞれ以前から会っていて、この日、私が仲介して二人を引き合わせたような形です。私は二人がそれぞれ何を専門に勉強しているか、普段、どんな生活を送っているかなどに関してある程度知っています。

 そして、常識から推し測って、初対面の若い人同士(それも異国の日本で暮らす中国人同士)が、交わす質問や答えもだいたい予想できます。

 つまり二人の会話の背景を知っているということです。

 もし、これが私自身まったく初対面の中国人同士の会話で、しかも一般的な生活の話ではなく、仕事上のことなど専門的な話だと半分以上聞き取れないでしょう。

 

 つまり、リスニングにとって大事なのは、「予想力」だということです。

 ある文脈、場面において、人がどのように感じて、どう質問するか、どんな回答を求めているか、そういったことを注意し話の先を予想することがリスニングの力を上げます。

 

 逆に中国人から質問され、答えるときも、相手の知りたいことを的確に理解していないと、いくら一生懸命中国語を繰り出しても、いぶかしげな表情で見られてしまいます。

 実は会話においては、文法的に多少くずれていても、また発音が多少おかしくても、話の流れさえ通っていて、なおかつその内容が面白ければ、相手は熱心に聞いてくれるものです。

 そして中国人は一般に日本人よりも会話そのものを楽しんでいるように思います。日本人だと、こんなことを聞いたらまずいかな?みたいなこともバンバン質問しますし、割合抵抗なく答えています。

(そういえば上記の二人の会話の中にも、「バイトの時給いくら?」「いくらいくら」「なら悪くないね」というやりとりがありましたっけ。日本人だと初対面ではあまり訊かないような気がします。)

 
 中国語を学ぶとは、中国人のように発話するということだと私は思います。そして、それは中国人の思考や行動方式を受け止め、なじんでいくということです。こういった点に留意すると中国語の力はどんどん上がって来ると思います!

 

【 中国語講座のご案内 】

岐阜中国語倶楽部の中国語講座に参加しませんか?

中国人ネイティヴ講師と、経験豊富な日本人講師による楽しく学べる中国講座です。

3か月を1クールとして、継続するクラスです。どのクラスも10名以内の少人数制。老若男女問わず、みんなで和気あいあいと学んでいます。

【期間】20184月~6月(3ヶ月を1学期として、その後も継続します。)

    毎週火曜日(夜の初級クラス以外)

【昼のクラス】(午後130分~午後330分)

○初級1クラス 講師・日本人 

基礎の文法と会話の習得

 (対象者 まったくの初心者から、少し学んだけど発音、基礎文法の復習をしたい方)

○初級2クラス 講師・中国人

 基礎の文法と会話の習得

 (対象者 入門・基礎を終え、もう少し進んだ方。中国語検定3級前後)

 

【夜のクラス】(午後645分~午後845分)

○上級クラス  講師・中国人 

中国語らしい表現を身につける

 (対象者 中国語検定2級前後の方。)

【会場】

岐阜市中央青少年会館内の会議室(旧明徳小学校 南校舎)

岐阜市明徳町11   電話 058-266-5134

(駐車場あります。ただし満車の場合はお近くの有料駐車場をご利用下さい)

【費用】

1 受講料  3か月 14,000円 (3か月に10回前後の授業)

2 テキスト代  実費 2,500円前後 クラスによります。

 

【夜の初級クラス】 木曜日(午後7時~午後9時)

○初級1 クラス  講師・日本人

(ときどき中国人ゲストを招く予定) 

 いわゆる入門クラス。まったく初めて中国語を学習する方むけ。

 まずは、発音を重視し、正確にピンイン通り発音できることを目指します。半年ほどで中国語検定準4級に合格できるよう、適宜、中国語検定の内容にそった学習も実施します。

 注! この夜の初級クラスのみ会場が違いますので、詳しくはお問合せ下さい。

 

【申し込み方法】

まずは、下記事務局までご連絡下さい。レベルに合わせたクラスをご案内いたします。

見学も相談に応じます。

(学期の途中からの参加の場合、受講料の減免もあります)

☆ご興味のある方はお気軽に下記までご連絡下さい!

岐阜中国語倶楽部 事務局 舟橋寛延(ふなはし ひろのぶ)

電話 058-267-4489(サンリ治療院)

メール guputa@fine.ocn.ne.jp

実地で学ぶ大切さ

20180324_181902
 岐阜在住の中国人に誘われて、子どもと親のための美術教室に通っています。月に2回ほどの集まりですが、先生も中国人、連れてくるママ、パパも基本的には中国人。純粋に日本人家庭は我が家だけです。

 先生はまず中国語で説明し、ときどき私の子どものために日本語でも補足説明して下さいます。私も昔、絵を習っていたので美術は好きですが、それよりも生きた中国語に触れられることが嬉しくてなりません。


 先生がその場で与えた課題を描き終えたとき、中国人家庭の子どもたちは元気よく、
 

老师! 画好了!

と呼びかけます。

「先生、描けました!」

という日本語訳になろうかと思いますが、聞いている私は、

「おお、補語表現だ!」

と感動します。

(動詞の「の後ろに「」が接続している。この「」は「~しおえる」という意味をもつ結果補語。)

 

 われわれ日本人の学習者は、ついつい、

画了!」と言ってしまいそうです。しかし、実際の中国語の運用においては、このように使うのが自然だということが分かります。

 実は中国語の動詞は、ある動作が達成したかをあまり問うていなく、このように補語をつけることで、その動作の達成・完了を表すと指摘されています。

 こういったことは、文法書で学べるのですが、実際の表現は生活の中で中国人が使っているものを一つ一つ真似ていく必要があります。


          20180304_120553


老师! 画好了!

子どもたちの元気な声と共に私の記憶にこの表現は刻印されました。やはり外国語の学習は実地に学ぶことが大切だと痛感する次第です。

 

 【 中国語講座のご案内 】

岐阜中国語倶楽部の中国語講座に参加しませんか?

中国人ネイティヴ講師と、経験豊富な日本人講師による楽しく学べる中国講座です。

3か月を1クールとして、継続するクラスです。どのクラスも10名以内の少人数制。老若男女問わず、みんなで和気あいあいと学んでいます。

【期間】20184月~6月(3ヶ月を1学期として、その後も継続します。)

    毎週火曜日(夜の初級クラス以外)

【昼のクラス】(午後130分~午後330分)

○初級1クラス 講師・日本人 

基礎の文法と会話の習得

 (対象者 まったくの初心者から、少し学んだけど発音、基礎文法の復習をしたい方)

○初級2クラス 講師・中国人

 基礎の文法と会話の習得

 (対象者 入門・基礎を終え、もう少し進んだ方。中国語検定3級前後)

 

【夜のクラス】(午後645分~午後845分)

○上級クラス  講師・中国人 

中国語らしい表現を身につける

 (対象者 中国語検定2級前後の方。)

【会場】

岐阜市中央青少年会館内の会議室(旧明徳小学校 南校舎)

岐阜市明徳町11   電話 058-266-5134

(駐車場あります。ただし満車の場合はお近くの有料駐車場をご利用下さい)

【費用】

1 受講料  3か月 14,000円 (3か月に10回前後の授業)

2 テキスト代  実費 2,500円前後 クラスによります。

 

【夜の初級クラス】 木曜日(午後7時~午後9時)

○初級1 クラス  講師・日本人

(ときどき中国人ゲストを招く予定) 

 いわゆる入門クラス。まったく初めて中国語を学習する方むけ。

 まずは、発音を重視し、正確にピンイン通り発音できることを目指します。半年ほどで中国語検定準4級に合格できるよう、適宜、中国語検定の内容にそった学習も実施します。

 注! この夜の初級クラスのみ会場が違いますので、詳しくはお問合せ下さい。

 

【申し込み方法】

まずは、下記事務局までご連絡下さい。レベルに合わせたクラスをご案内いたします。

見学も相談に応じます。

(学期の途中からの参加の場合、受講料の減免もあります)

☆ご興味のある方はお気軽に下記までご連絡下さい!

岐阜中国語倶楽部 事務局 舟橋寛延(ふなはし ひろのぶ)

電話 058-267-4489(サンリ治療院)

メール guputa@fine.ocn.ne.jp

ギャラリー
  • 5/19(土)講演会のご案内
  • 書籍の紹介 謀叛の児  宮崎滔天の「世界革命」
  • 書籍の紹介 謀叛の児  宮崎滔天の「世界革命」
  • 実地で学ぶ大切さ
  • 実地で学ぶ大切さ
  • 名古屋の中華料理「延辺館」
  • 名古屋の中華料理「延辺館」
  • 名古屋の中華料理「延辺館」
  • 2018年の学習目標 中間報告1